【和歌山・紀北】美しすぎる!世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』のスポットまとめ

画像出典:神戸ストリーム

日本では4件の自然遺産と14件の文化遺産の合計18件の世界遺産があり、和歌山も『紀伊山地の霊場と参詣道』が登録されています。今回は、紀北の世界遺産スポットをご紹介いたします。

神仏融合はじまりの社

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

今から約1700年前、「天野」の地に創建されたと伝えられる丹生都比売神社。弘法大師空海が高野山を開くとき、この神に仏法の守護を願い、神々の山「高野」を借り受けたとされている。ゆえに、古来から高野山の鎮守社として知られ、空海を高野山へと導いた狩場明神(高野御子大神)が祀られ、高野山と密接な関係を保ってきた。紀伊国一之宮であり、日本全国の丹生都比売神を祀る神社の総本社。
(出典:Walkerplus)

丹生都比売神社

丹生都比売神社 輪橋(太鼓橋)と鏡池(出典:いっこうの気ままなフォトブログ2)

神社の由緒には輪橋【りんきょう】とあった。「太鼓橋」「反り橋」の方が馴染み深い。
淀君の寄進からこのかたちになったそうだ。
美しい橋だ。丹生都比売神社といえば、私の中では、まずこの橋が思い浮かぶ。
<中略>
鏡池
八百比丘尼が年老わないことを嘆き、池に鏡を投げ入れたと伝わる。
(出典:uziの神社参拝記)

丹生都比売神社

平成16年7月7日、世界遺産として登録された丹生都比売神社は、高野山の地主神とし…

住所:
和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野 230

国宝、重要文化財がある寺院

慈尊院 弥勒堂

慈尊院弥勒堂

慈尊院弥勒堂(出典:観仏日々帖)

弥勒堂は方三間(6.39m)、宝形造、桧皮葺の低い建物で非常に安定感があって、平安時代末期頃の輪郭を残しているといわれています。
内部の中央には、一間四方の内陣を構え、この部分は肘木 (ひじき)、高欄など鎌倉時代中期頃の形式を残し、小組入格天井を張り、正面は扉装置になっている。背面は来迎壁(らいごうへき)になり、須弥壇(しゅみだん)の格狭間も残されています。
(出典:慈尊院)

慈尊院

慈尊院・弥勒仏坐像(出典:観仏日々帖)

1963年(昭和38年)、国宝(美術工芸品)に指定。
如来形の弥勒仏の像で、像高は91cm。右手を挙げ(施無畏印)、左手を膝上に置く(与願印)如来像通有の印を結ぶ。下ぶくれの頭部、重々しい面相、量感のある体躯表現、大ぶりに刻まれた翻波式衣文などに平安時代初期彫刻の特色が現れている。
(出典:ノンさんのテラビスト)

慈尊院(女人高野・結縁寺)

世界遺産である慈尊院は、弘法大師(空海)が高野山開創の際に、年貢の徴収などの庶務…

住所:
和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休

弘法大師創建の社

丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)

丹生官省符神社

丹生官省符神社 本殿(出典:神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識)

丹生官省符神社は和歌山県伊都郡九度山町にある神社。九度山町慈尊院集落の南部に位置する。 本殿は国の重要文化財、境内は国の史跡「高野山町石」の一部。本殿はユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産の一部。
(出典:Google)

本殿は3棟からなり、国の重要文化財に指定されています。いずれも一間社春日造、檜皮葺、極彩色北面の美しい社殿です。文化財として鼎、獅子頭等、また、真田幸村が奉納したと伝えられる太刀を所蔵しています。慈尊院とともに世界遺産に指定されています。
(出典:いこーよ)

丹生官省符神社

弘法大師が慈尊院を開創した弘仁7年(816年)、その守り神として地元にゆかりのあ…

住所:
和歌山県伊都郡九度山町慈尊院八三五番地

境内総坪数48,295坪

高野山 金剛峯寺

高野山 金剛峯寺

金剛峯寺 主殿

高野山 金剛峯寺

根本大塔(こんぽんだいとう)

「金剛峯寺」は真言宗高野山の中心的な寺院。金剛峯寺とはもともと、高野山の山全体を指す言葉で、真言宗の総本山としての高野山と同義であったのだが、明治になって、豊臣秀吉が母親の菩提のため応其上人に命じて建立した寺「青巖寺」と「興山寺」等を合併し、寺院の名として「金剛峯寺」と呼ぶようになったもの。現在も、弘法大師信仰の中心地として、真言密教の聖地として、一般人はもとより、政財界、スポーツ、芸能界等々、各界の様々な人々の崇敬を受け、多くの参詣者を集めている。
(出典:JAPAN WEB MAGAZINE)

untitled

蟠龍庭(ばんりゅうてい)(出典:神戸ストリーム)

新別殿と同じく、弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会の際に造園されました。2,340平方メートルの石庭は、国内で最大級を誇っています。
この石庭では、雲海の中で向かって左に雄、向かって右に雌の一対の龍が向かい合い、奥殿を守っているように表現されています。
龍を表す石は、お大師さまご誕生の地である四国の花崗岩が、雲海を表す白川砂は京都のものが使われています。
(出典:高野山真言宗 総本山金剛峯寺)

高野山真言宗 総本山金剛峯寺

「金剛峯寺」という名称は、お大師さまが『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経(こんごうぶろう…

住所:
和歌山県伊都郡高野町高野山132

静かな環境にある宿坊寺院

金剛三昧院

金剛三昧院は、尼将軍 北条政子が、夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立しました。高野山のメインストリート「小田原通り」から、ひと筋奥まった、静かな環境にある宿坊寺院です。本尊の愛染明王(あいぜんみょうおう)は、恋愛成就の仏様として、様々な縁を結んでくれるといわれています。
(出典:世界遺産高野山 金剛三昧院)

金剛三昧院

金剛三昧院 多宝塔(出典:wikipedia)

国宝 明治三十三年四月指定
貞応二年(一、二二三)源頼朝 実朝両公菩提の為、頼朝の妻である北条政子が建立。
開眼法要には栄西禅師が禅師を勤める。
明治四十年解体修理、その後、昭和二十四年、五十三年に屋根葺替、大津石山寺多宝塔に次いで日本で二番目に古い多宝塔である。
(出典:癒しの和歌山)

金剛三昧院

宿坊(出典:高野山の魅力)

金剛三昧院

精進料理

まず精進料理なので魚、肉の動物性淡白はありません。
量はすこしですが品数が多い
ゴマ豆腐は有名店のものを出しているそうだ
おひつに入っているご飯はたくさんありすぎて2杯食べて限界でした
たぶん5杯近く入っているのでは
(出典:食べログ)

金剛三昧院

金剛三昧院は、尼将軍 北条政子が、夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立し…

住所:
和歌山県伊都郡高野山425番地

和歌山在住の方も身近な世界遺産を観に行かれてはいかかでしょうか。

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

【和歌山市】これは見ておきたい!産業遺産スポットまとめ

画像出典:Anthology -まちの記憶-和歌山市の昔の日本を思わせる…