【和歌山・紀南】美しすぎる!世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』のスポットまとめ

画像出典:那智勝浦観光ガイド

和歌山で世界遺産に登録されている『紀伊山地の霊場と参詣道』。今回は紀南の登録施設をご紹介します。

熊野と各地を結ぶ熊野詣の道

熊野古道

熊野古道

熊野古道 大門坂

日本三大古道の一つ、熊野古道を通る大門坂は、熊野詣で栄えた当時の面影を特に美しく残しており、聖地「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

熊野古道

馬越峠

海山区には世界遺産「熊野古道」の伊勢路(いせじ)の峠道、「馬越(まごせ)峠」と「始神(はじかみ)峠」があります。
馬越峠はキャンプinn海山からも近く、熊野古道の中でも石畳の峠道は昔ながらの風情を残し、古道風景写真などでよく使われる代表的な場所です。
(出典:キャンプinn海山)

熊野本宮観光協会

住所:
和歌山県田辺市本宮町本宮100-1

熊野三山

熊野三山(くまのさんざん)は、熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社の3つの神社の総称。
(出典:wikipedia)

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社

三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。
熊野参詣道のなかでも、多くの人々がたどった「中辺路」を歩くと、難行苦行の道のりを終え最初にたどり着くのが熊野本宮大社です。
(出典:熊野本宮観光協会)

熊野本宮大社

八咫烏の幟と大鳥居(出典:Donpancho)

八咫烏(ヤタガラス) 熊野本宮大社の 神の鳥。
<中略>
その昔、神武天皇が 東征の折、熊野で道に迷い、八咫烏が道を、導いて、お助けしたそうで・・・
(出典:花を訪ねる山旅)

熊野本宮大社

熊野本宮大社は熊野三山(本宮・速玉・那智各大社)の中心、全国に3000社以上ある…

住所:
和歌山県田辺市本宮町本宮

 

熊野速玉大社

熊野速玉大社

熊野速玉大社(出典:TIC WAKAYAMA)

熊野速玉大社は、室町時代に足利義満公が奉納したと伝えられる調度品を中心に、約千二百点にのぼる古神宝類を所蔵しており、いずれも国宝に指定されています。
(出典:熊野速玉大社)

境内にそびえる樹齢千年のナギの大樹は熊野権現の象徴として信奉篤く、古来から道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとされています。熊野牛王とナギの葉をいただくことが、難行熊野詣を無事果たす大きな支えとなりました。
(出典:熊野速玉大社)

熊野速玉大社

新宮市に位置し、本宮・新宮・那智の熊野三山の社務を統括する熊野別当の本拠がおかれ…

住所:
和歌山県新宮市上本町1-1
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休

熊野那智大社

熊野那智大社

熊野那智大社(出典:しょういちくんの写真日記)

熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、古来より多くの人々の信仰を集めました。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿は、標高約500mに位置し、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神としてそれぞれに神様をお祀りしています。
伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも言われる夫須美神は、万物の生成・育成を司るとされ、農林・水産・漁業の守護神、縁結びの神様また、諸願成就の神としても崇められています。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

熊野那智大社

熊野本宮大社、熊野速玉大社とともに熊野三山の一つです。(画像出典:那智勝…

住所:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

天台宗の寺院

青岸渡寺(せいがんとじ)

青岸渡寺

青岸渡寺 本堂(出典:南紀勝浦温泉旅館組合)

那智山には、この青岸渡寺の本堂と熊野那智大社の本殿が軒を連ねるかのように仲良く並んで建っていて、修験道と仏教と神道が混ざり合ったこの地の信仰の歴史の特殊さを物語ります。
(出典:住太陽)

青岸渡寺

青岸渡寺(如意輪堂)の三重塔と那智滝(出典:花ごころ)

本堂後方には、那智の滝との調和が美しい朱色の三重の塔がそびえ立っており、必見のフォトスポットとなっています。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

青岸渡寺

那智山青岸渡寺は、一千日(3年間)の滝篭りをされた花山法皇が、永延2年(988)…

住所:
和歌山県東牟婁郡 那智勝浦町大字那智山8

国の天然記念物に指定されている

那智原始林

那智原始林

那智原始林(出典:和歌山県)

那智原始林(なちげんしりん)は、那智大滝(なちのおおたき)の東側に広がる原始林で面積は33.5ha程の森林ですが、昔から熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の禁伐林として保護されてきましたので、原生林が残っており、構成種も極めて多く豊富な植物がみられ、自然林の特徴をよく保っています。また、国の天然記念物にも指定されています。
(出典:日本の遺産)

和歌山県世界遺産協議会

住所:
和歌山県田辺市本宮町本宮100番地の1

日本三名瀑の一つ

那智の滝

那智の滝

那智の滝(出典:イチローの全国滝紀行)

落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑で、熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻で、大晦日にはライトアップも行われます。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

那智勝浦町観光協会

住所:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6丁目1番地1

補陀洛渡海の出発地

補陀落山寺(ふだらくさんじ)

補陀落山寺

補陀落山寺(出典:Donpancho)

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある、天台宗の寺院。補陀落とは古代サンスクリット語の観音浄土を意味する「ポータラカ」の音訳である。
(出典:wikipedia)

補陀洛渡海とは、平安時代から江戸時代にかけて、小さな船に閉じこもり30日分の脂と食糧をたずさえて、生きながらにして南海の彼方にあると信じられていた観音浄土を目指すというもので、補陀洛山寺は補陀洛渡海の出発点として知られる寺です。
(出典:那智勝浦観光ガイド)

補陀落山寺

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある、天台宗の寺院。

住所:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜ノ宮348

 

和歌山に来られた際は是非一つでも見に行かれてはいかがでしょう。

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

【和歌山・紀北】美しすぎる!世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』のスポットまとめ

日本では4件の自然遺産と14件の文化遺産の合計18件の世界遺産があり、和歌山も『…