合格祈願をするならココ!受験生に教えたい和歌山の神社仏閣

画像出典:紀州東照宮公式サイト

受験シーズンいよいよ大詰め。合格祈願をするのに訪れたい和歌山の神社仏閣をまとめました。

学問の神様といえば菅原道真公

和歌浦天満宮

和歌浦湾を見守る学問の神様
学問の神様である菅原道真が祀られ、大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本の三菅廟といわれています。建築にあたったのは紀州根来出身の平内吉政・政信親子。後に政信は江戸幕府の作事方大棟梁になった当代屈指の工匠です。楼門は一間楼門として最大規模。本殿は国重要文化財で、内外部ともに美しい極彩
(出典:和歌祭公式サイト

受験シーズンには多くの受験生が訪れ合格祈願や、学問向上などを祈願するため絵馬が境内に所せましと連なっています。

わかやま歩歩歩

(出典:わかやま歩歩歩

「学問の神様」として知られる菅原道真をまつる和歌浦天満宮(和歌山市和歌浦西2丁目)で3日、志望校合格を祈り、受験生らが祈禱(きとう)を受ける「特別合格祈願祭」があった。本殿の前には長蛇の列ができ、訪れた人たちはさい銭を入れ、じっと手を合わせていた。
(出典:朝日新聞デジタル

長女、おまいりして、絵馬も書いて神頼み。
長女のおみくじは、なんとか大吉でした。
良かった~。
(出典:ちっちの3姉妹+4女黒柴ワンコ日記

四季の彩り

(出典:四季の彩り)

菅原道真公をまつる天満宮といえば“梅の花”ですよね。受験生にも笑顔の花が咲きますように。

和歌浦天満宮

学問の神様、菅原道真を祀り、大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本の三官廟といわれ…

住所:
和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1番24号
営業時間:
拝観時間:9:00~17:00

 

こちらも菅原道真公をまつる橋本市の天満宮

学文路天満宮

学文路駅から国道370号線の平坦な道を紀伊清水駅方面へ歩き、大きな案内板を目印に柿畑 の間を通って山手へ。山あいの静けさの中にたたずむ天満宮は、学力向上のほか、病気よけや厄除・良縁を さずける神としても知られ、受験生でなくても訪れたい場所。
(出典:学文路天満宮ホームページ

本殿の横には受験・病気平癒に霊験ありとされる撫で牛があり、合格祈願には頭を、病気には体の悪い部分を撫でるとよいと言われています。
(出典:橋本市公式ホームページ

最寄駅の南海高野線「学文路駅」の入場券は、受験のお守りに!

入学試験シーズンに毎年人気の「学文路駅入場券」。
学文路駅入場券は「学問(文)の路に入る」という読み方ができることから、受験生の縁起かつぎに人気があり、毎年期間限定で発売しています。学文路天満宮で祈祷された入場券には、急勾配の線路で車輪がすべらないように撒く「すべらない砂」が付いています。

南海高野線 天空

(出典:南海高野線 天空

5枚セットで「ご入学」!縁起をかついだ五角形、学文路天満宮でお祓いも受けています

鉄道コム

(出典:鉄道コム)

■特別販売会のお知らせ
限定2日間、学文路駅にて特別販売会を開催します。
ご購入いただいた方には南海電鉄オリジナルノベルティグッズをプレゼント!(数に限りがございます)
※学文路駅は係員無配置駅のため、通常は商品を販売しておりませんが、下記2日に限り学文路駅入場券を販売します。
場所:学文路駅
日時:2015年12月29日(火) 10:00~14:00、2016年1月15日(金) 10:00~14:00
(出典:南海電鉄

ネットでもオーダーできますよ。

学文路天満宮

学問の神様・菅原道真公を祀る「学文路天満宮」は、受験シーズンになると合格祈願にた…

住所:
和歌山県橋本市南馬場821−1

 

勝ち神様に“必勝”を願って

矢宮神社

御祭神賀茂建津之身命は、またの御名を八咫烏命と申し上げる大神にましまして、神武天皇御東征の砌、紀伊国熊野邑から大和に向かわれたが、山中嶮絶して進退きわまられた時に天照大神の御神勅を奉じ、大鳥の飛翔するが如く皇軍を導かれ、また時には勅命を奉じて賊将の陣営に到り降伏を諭し勧めるなど、我が肇国の大業に勲功赫々たる大神にまします。
よって勝運、開運、情報、交通安全、方徐の神として崇められている。
(出典:和歌山県神社庁

矢宮神社は「勝ち神様」。入試、就職、スポーツ等、あらゆる場面で勝利へと導いてくれるのがこちらの「勝守」です。
白地に黄金の弓矢が貼りつけられ、塩ビのケースで保護されていて、ゴージャスな感じのする御守です。

夢結びの杜

(出典:夢結びの杜

知ってる人は知ってると思うけど
勝負の神様? 勝神様? らしい。。。。
合格祈願のお守りもあるんやけど
勝負事全般に勝てますようにっていう
おまもりがあるのさ ほほ笑む
その名も  「 勝守 」
(出典:長男・潤平の観察日記)

矢宮神社

住所:
和歌山市関戸1丁目2番地

 

落ちない葉の木がある

紀州東照宮

江戸幕府初代将軍・徳川家康公と、紀州藩初代藩主・頼宣公をまつる神社

【神社の境内にある‘落ちない木’ 楓(ふう)の木】
左の写真は枯れているのではなく、新しい葉が出るまで古い葉が残っているのです。
春になれば、右の写真のように青々とした新しい葉に覆われます。 新しい葉が出るまで、古い葉が落ちないことから、
受験を控えた方がよく訪れます。
(出典:紀州東照宮公式サイト

こちらの神社にも「勝守」があります。

神社バカの残念な神社巡礼の道 神社バカの残念な神社巡礼の道

(出典:神社バカの残念な神社巡礼の道)

さすがに葵のご紋が迫力あります~!

紀州東照宮で、「勝守」を買いました。
えっちゃんには、今年、2個プレゼントしましたら、
財団全国大会、愛連指導者級決勝進出という
すばらしい成績を収めたため、、、
このお守りは色違いで持ちます!

ゲームにも、人生にも勝ちたい(笑)
(出典:—sachiyo—詩吟復帰しました☆

紀州東照宮

「和歌の浦には名所がござる、一に権現」とうたわれたのが、この東照宮。古くより…

住所:
和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1番20号
営業時間:
【受付時間9:00~17:00】

 

頭の神様に願いを託して

宇賀部(おこべ)神社

頭の宮宇賀部神社 頭の宮宇賀部神社

元来、頭病平癒の神として尊崇されてきたが、現在では学業成就や入試合格等を祈願する若人の数が増え、四季を通じて祈願者の後は絶えない。
(出典:頭の宮宇賀部神社

現在の和歌山市と海南市の一部はかつて名草邑(ナグサムラ)と呼ばれ豪族の名草戸畔(ナグサトベ)によって統治されていた。
九州を勢力下に収め、各地を平定していった東征軍に
名草戸畔は随順せず、東征軍との死闘の末、討伐された。
名草戸畔はその後頭、胴体、脚部を分断されそれぞれ、宇賀部神社、杉尾神社、千種神社にそれぞれ埋葬されたといわれている。
宇賀部神社は名草戸畔の首級を当社で祀っていると言われ、古くから頭の守護神として、「おこべさん」の愛称で広く親しまれている。
(出典:LocalWiki

そして、高校受験。親に連れられて初参り。(頭の神様です)
以来、大学受験も。
そして、甥っ子姪っ子が受験の時もお参りです。
今年は、姪っ子が受験生です。頑張ってね!!
(出典:アーキ・ファイター ~Architect Fighter~

宇賀部神社

古記録は戦国時代の兵火で焼失して、由緒を尋ねる確たる典拠がない。しかし鎌倉期…

住所:
和歌山県海南市小野田917

 

こちらは首大仏様(おぼとけさま)として知られる

無量光寺

和歌山市の無量光寺にある頭部のみの大仏(盧舎那仏の銅像)である。
<中略>
本来、大仏は全身像(座像)が基本であるが、ここの大仏は首から上の部分しかない。首だけしかない理由は大福寺の経済力にあったとされ、御首に身体を継ぐこと幾度か検討したが巨額の費用がかかるために断念したとされる。首大仏像は3メートルあり、若し座像となれば像高約13mと推定される。
大福寺は安政元年(1854年)に発生した安政大地震で全壊し、明治41年(1908年)には廃寺となったため、首大仏は本山にあたる無量光寺に移された。現在、当大仏は「首から上の願いを叶える」と云われ、多くの受験生らが参詣する。

Wikipedia

(出典:Wikipedia

人の背の高さと比べると、大きさが分る!

至近距離から大仏様のお顔を拝見できる所ってこの寺くらいなのでは?
(出典:まめとらあんの御朱印収集

無量光寺

住所:
和歌山県和歌山市吹上5-1-35
営業時間:
拝観時間 7:00~16:30
定休日:
無休

 

出世頭の吉宗にあやかって!

刺田比古神社(岡の宮神社)

吉宗公が厄年で誕生され、岡の宮の神官に拾われたことで厄をはらい、運を得て異例の出世をされたことから、出世・開運・厄除けの神社とされています。
(出典:結-musubi-

和歌山城岡口門から岡公園の横を通って行くとある神社さんで、
和歌山城の守り神でもある神社さんです。
こちらは吉宗の出世にあやかって
「開運の神様」としても信仰されている場所で、
境内はこじんまりしていますが、本殿には
開運を願う学生たちの大きな絵馬が掲げられています。
静かで良い雰囲気です。
(出典:フォートラベル

刺田比古神社(岡の宮神社)

刺田比古神社は延喜式内社、和歌山城の氏神、吉宗公拾い親の神社である。岡(現在…

住所:
和歌山県和歌山市片岡町2丁目9

勉強ばかりだと息も詰まります。少しだけ息抜きも兼ねて、合格祈願に出かけてみては。努力が実りますように、しっかり願をかけてくださいね。

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

足の神様や、雨の神様も!? ちょこっとディープな和歌山の神社7選

「八百万(やおろず)の神」と『古事記』に記されているほど、信仰の対象が数多い神道…