絶景やグルメも楽しめる那智勝浦の観光スポット【和歌山】

画像出典:【OZmallイイトコドリップコラボプラン】和歌山 神々トリップ

那智勝浦と言えばマグロ。はもちろんだけれど、他にも観光スポットやオシャレカフェが目白押し。海・山のキレイな自然を満喫し、足湯やカフェで癒される楽しい旅にオススメです。「ナチカツ」に行くならこちらも是非巡ってみて♪

まずはド定番の必須観光スポット

那智の滝

落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑で、熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻で、大晦日にはライトアップも行われます。
(出典:那智勝浦町観光協会

2時間位散策しましたが、疲れも吹き飛ぶくらい、那智の滝は圧巻でした。その音、水の量、落差、少々恐怖を感じた位でした。 お土産物屋さんもあり、紀伊半島を巡られた時は外せませんよ。
(出典:じゃらん

念願の…念願の… 那智の滝

無心になってしまった。
圧倒される…のとはちょっと違う感覚…ただただ、涙が自然とこみ上げて来ちゃうような。
(出典:まき子の純米酒を想う日々

那智の滝に行ったら一緒に訪れたい、お寺「青岸渡寺(せいがんとじ)」もぜひ!

青岸渡寺

那智山青岸渡寺は、一千日(3年間)の滝篭りをされた花山法皇が、永延2年(988)…

住所:
和歌山県東牟婁郡 那智勝浦町大字那智山8

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

やっぱり歩きたい「熊野古道」

大門坂(だいもんざか)

日本三大古道の一つ、熊野古道を通る大門坂は、熊野詣で栄えた当時の面影を特に美しく残しており、聖地「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。
(出典:那智勝浦観光協会

世界遺産・熊野古道、那智熊野大社へ向かう途中/出典:

世界遺産・熊野古道、那智熊野大社へ向かう途中/出典:ZK PROJECT 絶景に行こう!!

石畳が美しい「大門坂」を上り、熊野那智大社、那智の滝への、那智大社周辺の「おいしいとこ取り」のコース。
大門坂入口から熊野那智大社へは石段の上りとなりますが、約1.3km・約40分と距離も短く、杉木立に囲まれた苔むした石段は、熊野古道の雰囲気も満点。
勝浦温泉街から近く、バスのアクセスも良く歩きやすいコースになっています。
(出典:わかやま観光情報

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

船から見る海の絶景に、目が離せない

紀の松島めぐり

世界遺産の熊野古道・那智大社!!
それだけではありません!!南国の海では「紀の松島めぐり」クルーズがお勧めです!!
紀の松島は周囲17㎞の区間に大自然が創造した和歌山随一の海岸美です。紺碧の海に浮かぶ絶景を是非お楽しみください。
(出典:紀の松島観光株式会社

紺碧の海に浮かぶ大小の島々の中にはラクダ岩、ライオン島、洞窟の鶴島と、その昔屋島の戦いに敗れた中将平維盛が入水したと伝えられる島の一つ山成島などがあり、南紀随一の景勝地であります。その紀の松島を遊覧船に乗ってお楽しみ下さい。

(出典:那智勝浦観光協会

 

Aコース
運航期間 通年
勝浦観光桟橋(島めぐり)

太地くじら浜公園

勝浦観光桟橋 所要時間: 55分
時刻表はこちらから
くじら浜公園で下船・見学ののち次の船で観光桟橋まで戻れます
見学時間: 約1時間~1時間30分
※くじら浜公園入館料は運賃に含まれておりません

Cコース
勝浦観光桟橋(島めぐり)

勝浦観光桟橋
所要時間: 40分

お問い合せ
紀の松島観光株式会社
〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦442-20
TEL: 0735-52-8188
FAX: 0735-52-8234
e-mail: k.m.kanko@ivy.ocn.ne.jp
HP: http://kinomatsushima.com/
営業時間:8:00~17:00
休日:年中無休 (但し、荒天時及び閑散期、臨時休業有り

(出典:南紀勝浦温泉旅館組合

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

温泉より、もっと気軽に巡れる

3つの足湯

<鮪乃湯>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
向かい合せに座ることができ、地元の方々の憩いの場となっています。もちろん観光の方もご利用ください。
泉源に近いので3つの足湯のなかでは一番温くなっています。

利用時間   午前6時~午後10時
料金     無料
問い合わせ  那智勝浦町観光産業課
電話     0735-52-0555
場所     紀伊勝浦駅より駅前本通りを徒歩3分、勝浦漁港前にぎわい広場駐車場内

<滝の湯>

滝乃湯1
紀伊勝浦駅前の足湯「滝乃湯(たきのゆ)」です。駅前に設置されている足湯です。バス・電車等の待ち時間にぜひご利用ください。

利用時間   午前6時~午後10時
料金     無料 
問い合わせ  那智勝浦町観光産業課
電話     0735-52-0555
場所     紀伊勝浦駅前

<海乃湯>

海の湯1

海の湯2

紀州材をふんだんに使用した施設の総面積は100㎡。
施設内には3つの浴槽(うち1カ所は手湯もあり)があり25人程度が一度に利用することができ、勝浦漁港を眺めながらゆったりと温泉を楽しんでいただけます。

利用時間    午前6時~午後10時
料金      無料
問い合わせ   那智勝浦町観光産業課
電話      0735-52-0555
場所      紀伊勝浦駅より駅前本通りを徒歩3分、勝浦漁港前

出典:那智勝浦町ホームページ

 

「海乃湯」
勝浦漁協横にございます
遠くのまぐろ船や、観光船、小型船舶など色んなお船を見ながら楽しめます
そして足元にはまぐろ!!
とっても可愛いですね
IMG_2222a.jpgIMG_2220a.jpg

(出典:南紀勝浦温泉旅館組合ブログ

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

最後は、おしゃれなカフェでのんびりしたい

雨間(アマアイ)

意外に意外に意外にお店にはお客さんがいっぱい、ほぼ満席!!!
お客さんが帰ってもまたお客さんが入ってきてw

それも納得の居心地の良いカフェ 雨間です。
雨間01

紀南地方の隠れ家ですね♪
近づかないとカフェだと気付かないと思います!!
ネット情報によりますと、店主のお祖父さんのお店を改装されたカフェとのこと。
(出典:Cafeめぐりの記録@wakayama

【OZmallイイトコドリップコラボプラン】和歌山 神々トリップ

(出典:JTB

祖父の店を改装してオープンしたカフェ。気分が晴れない雨の合間に楽しめる遊び場になってほしいという意味を店名に込めたそう。
(出典:【OZmallイイトコドリップコラボプラン】和歌山 神々トリップ

アマアイ(雨間)

東京のカフェで働いていたオーナーがオープンしたスタイリッシュなカフェ。夜はバー使…

住所:
東牟婁郡那智勝浦町築地5-2-10
営業時間:
11:30~23:30:30(ラストオーダー)
定休日:
水曜、第一木曜メインの不定休

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご連絡ください。


 

マグロをたっぷり堪能した後は、遊びに行くところもたくさん。
しっかりスケジューリングして、那智勝浦を楽しみましょう。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

マグロ料理を食べるならココは外せない!那智勝浦の名店4選【和歌山】

和歌山県の那智勝浦に旅行するなら、ランチで絶対に食べてほしいのが、マグロ。中でも…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用