湯どころいっぱい!和歌山市内天然温泉スポット

画像出典:紀州黒潮温泉公式ホームページ

温泉大国の和歌山。県庁所在地である“まちなか”の和歌山市にも天然温泉スポットがいっぱい! 交通の便がいい中心地にも、そして市街地からほど近い場所にも名物湯が湧いています。そんな温泉スポットを5カ所選んでお届けします。

商業施設の地下で楽しむ“スパリゾート”

ふくろうの湯

ふくろうの湯

ここ最近流行りの「炭酸泉」と同じイメージでいくとちょっと違いますが、ここの天然の炭酸泉は、鉄分や塩分がよく溶け出しているようで、鉄の香りとかなりのしょっぱさがあります。
(出典:スーパー銭湯&温泉マニア)

高級感漂うエントランス、驚きの茶褐色の温泉に大満足♪
次回は岩盤浴も体験したいです。
(出典:じゃらんnet

源泉掛け流し風呂から溢れる天然温泉を加温・加水(循環ろ過)しているそうですが、広々した浴槽です。
(出典:癒しの和歌山)

ふくろうの湯

住所:
和歌山市本町2丁目1番地 フォルテワジマ地下1階
営業時間:
日~木:朝10時~夜11時、金・土・祝前日:朝10時~深夜0時
定休日:
毎月第三火曜日(祝祭日の場合は翌日)

 

人工島にも天然温泉が湧く

紀州黒潮温泉

浸透圧が高い高張性温泉は、温泉の成分が体内に入り込みやすく、体内に温泉成分が入り込むと、体内ミネラルなどの成分が濃縮されるとともに、体内から汗などの水分と一緒に老廃物や毒素なども排出され、自然のデトックス効果が期待されます。
(出典:天然紀州黒潮温泉)

こちらは海底1,500m、一億年前の地層から湧き出た太古の源泉を元に作られた日帰り温泉。
和歌浦を眺めつつ、のんびりできるって幸せ(^^♪
(出典:浪速OLくいだおれ日記

紀州黒潮温泉

住所:
和歌山市毛見1525 和歌山マリーナシティ内
営業時間:
10:00~24:00(最終受付23:00) 岩盤浴 11:00~22:00(最終受付21:00)
定休日:
不定休

 

市街地にある湯治場

花山温泉・薬師の湯

一度入ると忘れられない!茶褐色のおいこみ湯の 炭酸温泉です
湯船の縁には、温泉の成分が結晶となって堆積しています!
<中略>
効能は神経痛、慢性消化器病、不眠症、高血圧症、動脈硬化症など20種類以上に及ぶ、多効能な温泉なのです。
(出典:花山温泉公式ホームページ

ぎょ!
凄すぎます!この堆積物!!!
溶存物質量(ガス性のものを除く)が「16,443mg/kg」なのもうなずけるといいますか、こんなことになっちゃうんですね(^^;
(出典:源泉かけ流しどっとねっと

肌は、サラサラカサカサで清涼感の中に、しっかり芯から
温まる感じで、なかなかの湯上がり感だった。
大人気の施設のようで入泉客が多く、今回は★4つ。
(出典:温泉おやじの湯巡り日記

花山温泉 薬師の湯

住所:
和歌山県和歌山市鳴神574
営業時間:
8:00~23:00
定休日:
毎週木曜日(祝日の場合は営業)

 

とれたての海の幸とともに楽しむ湯

加太淡嶋温泉

加太の温泉は重曹泉が多く、しっとりしたお湯でお肌を柔らかくスベスベにする効果があり
女性に人気の温泉です。
また加太からは友ヶ島や淡路島、遠くは四国まで見渡せ、特に夕日が美しい景勝地で、海
の香りと波の音、行き交う船など漁師町ならではの素朴な風情に心癒されます。
(出典:和歌山市加太観光協会ホームページ

温泉もつるつるトロトロで短時間で芯から温まりとてもいいお湯でした。夕陽が見られなかったのが少し残念。
こんな近くの穴場を見つけてとても得した気分です。またぜひ伺います!
(出典:じゃらん)

和歌山市加太観光協会

加太は和歌山市郊外にあり、万葉の時代から、潟見の浦と詠まれていた景勝地で、紀淡海…

住所:
和歌山県和歌山市加太1067

 

あったかほっこり和歌山市のまちなか温泉巡りを楽しんでくださいね。

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

露天風呂も最高♪和歌山県のおすすめ温泉スポット

寒くて体が冷える!そんな時はあったか温泉で身体の芯から温めましょう!和歌山県のお…

【NEWS】わかやまのニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用