美味しく食べよう!和歌山の海の幸「ウツボ」

画像出典:「うまい!田辺」グルメガイド

「写真、こわっ! これ、食べられるの!?」と思うかもしれませんが、ウツボは紀南地方では郷土料理として昔から親しまれています。見た目はグロくても味は淡白で栄養豊富。一度食べたらハマりますよ!

 

旬:冬(12~2月)
漁法:ウツボカゴ
主漁場:日高町~熊野灘海域等
食べ方:刺身、タタキ、干物、佃煮
特徴:海のギャングとも言われるが、身肉は、姿から想像できないような白さで、クセがない。冬場多く漁獲され、干物にするため三角に開かれた状態のウツボが寒風に揺れている様子は紀南地方の風物詩。干したものを揚げ煮にした佃煮は紀南地方の名産品。
出典:和歌山県ホームページ

脂ののりがよく、厚い皮にはゼラチン質を多く含み旨味があり、コラーゲンも豊富だとか。

出典:わかやま観光情報

 「うつぼ」は、グロテスクな顔形と小骨が多いため、一般的にはなじみが薄い魚です。

ウツボ3

しかしその美しい白身は癖がなく淡白で、表皮にはゼラチン質やコラーゲンが多く、料理して良べると「これがうつぼか!」と皆が疑うほどの美味であります。
うす造り、タタキ、しゃぶしゃぶ鍋、すき焼き、唐揚げ、照焼き等と料理方法も豊富。

出典:食と健康の南紀白浜温泉へ!

kanteki.jpg
出典:「うまい!田辺」グルメガイド

白浜町にある居酒屋「長久酒場」ではウツボ料理が楽しめます。

名物 ウツボを食します。 唐揚げを食べた事はありますが、焼くのは初めてです。網の上で皮が踊ります。
砂糖醤油でいただきますが、脂のってるウツボにアクセントがついて美味しいですね。

出典:食べログ

今回のメインでもあるウツボの網焼き。
表面の皮がどうしてもグロテスクです。
ウツボ4

これをガスコンロの網で焼くのですが、よく焼いてから食べるようにとご主人。
裏、表、皮がカリっとするまで良く焼いて、お口に投入!

パリッと、むっちり。
予想より好みの食感でした。
臭みがなく淡白な身なので、食べやすい。
これを砂糖醤油でいただくのもあってか、お上品な一品ですね。
穴子や鰻に近いような感じです。

出典:食べ歩きグルメin奈良・大阪「ミシュランごっこ。」

その他にも田辺市などでは和洋中とジャンルを問わず、ウツボを楽しめるレストランがあります。
南紀田辺のうつぼづくし

こんな加工品もあります。紀州みやげにいかが?

ウツボ5
ウツボの身を味わい深いルーに入れ、煮込みました。ウツボの旨味が程よく溶けだした、珍しい海の幸のカレーをぜひご賞味下さい。
出典:オカザキ紀芳庵

ウツボ6

ウツボをスライス後、骨までカリカリに揚げて砂糖しょうゆで味付けしたのが、「カリカリウツボ・かりん糖風」です。子供のおやつやお茶請け、酒の共におすすめです。

出典:プレミア和歌山

良質のコラーゲンとタンパク質が含まれているウツボを食べて、美肌を目指して!

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック↓↓↓

やっぱり海鮮が食べたい!白浜魚介グルメ5選

白浜で食事をするならもちろん、鮮度抜群の海鮮料理でしょ! お造り、すし、鍋、天ぷ…