観光帰りに立ち寄りたい♡ 串本町の絶品グルメ厳選5選

和歌山県の「串本町」と言えば、ダイビングスポットとしても有名な観光地。トルコのエルトゥールル号遭難事件をきっかけに、日本とトルコの友好関係を象徴する街にもなっています。そんな串本町で観光帰りに立ち寄りたい、絶品グルメがあるんです!

串本で食べられるおすすめグルメをご紹介します。

ランチが食べられるパン屋さん

パンとカフェ nagi

nagi

翌日の朝ご飯でいただきましたが、やっぱりnagiのベーグル美味しい!!!
あとはメロンパンとマルゲリータ♡ こちらも美味しかった~♪
(出典:Cafeめぐりの記録@wakayama)

ここのピザは、注文されてから生地ののばしから作ってくれるのだ!
その生地の もちもち感といったら!!!
噛めば噛むほど生地特有の甘味が広がり、香ばしさと合間って
その上にのっかちゃった具材と、何とも言えない絶妙な旨さバランスを作り出しているのである!
(出典:食べログ)

パンとカフェ nagi

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町大島1158
営業時間:
[パンOpen] 9:00 – 18:00 [カフェOpen] 10:00 – 18:00 (L.O 17:30)
定休日:
毎週月・火曜日(祝日は営業します)

 

マグロ料理が食べられる♪

潮岬観光タワー

名物のまぐろバーガー、300円♪サックサク&ボリューミー♡

マグロバーガー

マグロバーガー(出典:熊野交通)

サックサクの衣icon06
カレー風味?です。 マグロは生で食べるのが好きですが、おやつにいいかも~です。
おいしいface05
(出典:和歌山うまいとこ鳥Blog)

マグロ丼

マグロ丼

まぐろの他には大葉と刻み海苔がたっぷり載っていて、
上から山葵醤油をかけてネギ、錦糸卵、白胡麻をお好みで添えていただくようになっています。
<中略>
脂ののった完全養殖まぐろ、筋もなく柔らかくてとろけるようでした♪
(出典:食べログ)

潮岬観光タワー

本州最南端、海に突き出た潮岬にある展望タワー。本州最南端の地を訪れた証明書がもら…

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706-26
営業時間:
8:00~16:30 (12月~2月 8:30~16:00)

 

手打ちうどんがおいしい!!!

はし杭

うどんは自家製麺、手打ちうどんです。
お出汁も天然素材の出汁だそうですよ。
出汁は濃いという味でもなかったけれど美味しいです。(‐^▽^‐)

天ぷらうどん

天ぷらうどん

(出典:癒しの和歌山)

めはりずし

めはりずし

めはりすし(1ヶ150円)
もちろん“めはりすし”もいただきました。
先ずは“まるかじり”!!!
最高の触感に驚きです。
そして中は、、、
GOOD!GOOD!GOOD!
(出典:食べログ)

 

はし杭

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町橋杭
営業時間:
AM10:30~PM8:00迄
定休日:
申し訳ありませんが不定休とさせていただいております。

 

かつおを丼とお茶漬けが楽しめる

萬口

名物のカツオ茶漬けは必須(食?)


カツオが新鮮なのか、タレが美味しいのか、いや両方の効果かな、予想以上に美味しい。
ご飯との相性が抜群にいいのだ。これはハマるわ。
それに、茶漬けにしたときの全体の一体感が見事。
出典:食べログ

 

ここの看板料理『カツオ茶漬け』は、秘伝のゴマだれにつけた刺身をご飯に乗せ、上から熱々の玄米茶をかけるもの。1杯目はカツオ丼、2杯目はお茶漬けと、2度楽しむ事ができる。
(出典:じゃらん)

かつお茶漬け

かつお茶漬け(出典:The Sam’s Room)

丼もお茶漬けもゴマの風味豊かでおいしゅうございました。
あの漬けタレだけでご飯がいくらでもはいるかも
(出典:ぐうたらのんすけのひとりごと)

料理 萬口

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町串本42-17
営業時間:
11:30~21:30
定休日:
第2第4水曜日(祝日の場合は翌日)

 

紀州備長で焼くウナギ

東うなぎ 串本支店

注文後、炭火で焼いているので、香ばしく、肉厚が凄い!!!
肝吸いも付いていて、このお値段はお値打ちです。
(出典:食べログ)

東うなぎ

特上のうなぎ丼、1,350円

大きく切ったうなぎが5切れ。外はカリッと中はふんわりと焼けていて歯応えもよい。タレも美味しくて、ガツガツと食べてしまった。
(出典:起承転・・・てん?)

東うなぎ 串本支店

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町串本10-12

串本にお出かけの際は寄ってみてくださいね!

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

映画「海難1890」の舞台ともなった串本町。大自然を体感しませんか?

2015年9月南紀白浜IC~すさみ南ICが開通し、紀南へのアクセスも便利になりま…