自分らしいスタイルで地域に貢献。先輩に聞く、これからの薬剤師という働き方 【和歌山】|PR|

薬機法改定(医薬品、医療機器等の品質・有効性及び安全性の確保等に関する法律)、医療推進による調剤業務の変遷、高齢化社会に伴う保険料問題など、時代の変動により、薬剤師さんの存在が今まで以上にクローズアップされています。

和歌山市で管理薬剤師として活躍する大桑邦稔さんに「これからの薬剤師像」についてお話を伺おうと、勤務先の薬局におじゃますると、笑顔で会話を楽しむ大桑さんと患者さんの姿が。なんだかほのぼのとした雰囲気が漂っていますが!?

IMG_5167_R
プロフィール
大桑邦稔さん(36)。管理薬剤師。スポーツファーマシスト。
和歌山県那智勝浦町出身。大学卒業後、和歌山県内のホームセンターやスーパーマーケット内の薬局勤務を経て、現在、和歌山市内の薬局に勤務。薬の記録から体の不調まで幅広い相談を受け、“町の薬屋さん”として多くの患者の信頼を得ている。

 求められるのは、地域住民の方に信頼される“町の薬屋さん”

―今日はよろしくお願いします。ところで、患者の皆さん、大桑さんから薬を受け取るだけじゃなくて、いろいろな相談をしながら楽しそうに会話をされていましたね!

薬剤師というと、医師からの処方箋を基に薬を調剤するだけと思う方が少なくないと思います。でも、私たちの役割はそれだけにとどまらず、薬の記録や薬の飲み合わせ、体調などをお聞きして、適正な調剤を行っているんですよ。それで、先程みたいに会話が弾んでしまうことがあるんですけどね(笑)。

IMG_5141_R

 

―薬剤師さんと気軽に話すことってあまりなかったので、「こんなふうに接することができるんだ!」という驚きがありました。

これからの薬剤師に必要なものの一つに、患者さんが安心して相談できる存在感があると思います。イメージとしては、地域住民の方に信頼される“町の薬屋さん”。かかりつけ医を持つように、かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師を持つことで、個々の薬の記録やライフスタイルに応じた調剤を受けられたり、より適切な健康相談に応じたりしていただくことができます。「病院に行くほどではないけれど、体調が優れない…」「飲み残しの薬、どうしよう」など、“医療のファーストアクセスの場”として、薬局に気軽に立ち寄って相談していただけるよう、薬剤師は社会のさまざまな要請に応えていく姿勢が今後さらに求められると思います。

 フレキシブルに働き方を選べ、ワークライフバランスが整う

―大桑さんは地元和歌山で薬剤師として活躍されていますが、どのような働き方が望めますか。

薬剤師の就職先は調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などさまざまで、働き方が多様化しているのはここ和歌山でも変わりありません。むしろ和歌山はワークライフバランスがより整っている環境にあり、働き方の幅が広がりますよ。

例えば、薬剤師は女性の比率が高く、看護師さん同様に結婚や出産、育児、介護などで離職してしまう方が多いんです。でも、町の薬局なら大手企業に比べて残業も少なく、短時間勤務やパートタイムなど多様な働き方が可能。転勤の心配もありません。

配偶者の転勤、大手企業をリタイアして念願の田舎暮らしを実現、親御さんの介護など、さまざまな事情で和歌山に移られた方も、自分らしいスタイルで地域で働くことの可能性に目を向けていただければと思います。

また、私が所属している和歌山県薬剤師会では、ドーピングなどスポーツに関わる薬剤の知識の普及や啓発活動にも力を入れています。昨年行われた和歌山国体では、出場した競技団体すべてに専属スポーツファーマシストを配置しました。これは全国でも初の試みで、スポーツファーマシストになることを希望する大学生などからも問い合わせを受けています。

IMG_5226_R

 

「薬剤師人材バンク」や研修を利用して、自信を持って現場に復帰

―性別や年齢に問わず、さまざまな働き方がかないそうですね。ところで、和歌山で就職先を見つけるにはどうすればいいですか。

和歌山県薬剤師会では、事業計画の中に「女性薬剤師支援事業」「薬剤師就業促進事業」があり、さまざまな形でサポートしています。また、「薬剤師人材バンク」のページでは求人情報を公開していて、登録料も斡旋(あっせん)料もかかりません。ぜひ一度和歌山県薬剤師会のホームページ(https://www.wpa.or.jp/)をのぞいてみてください。

―大桑さんも所属されている和歌山県薬剤師会ですが、入会するメリットはありますか。

僕が入会したのは薬剤師として駆け出しのときで、当時はホームセンター内の薬局に勤務していたんです。人事異動の多い職場で、ベテランの先輩が抜けたとき、「これはまずいぞ」と(笑)。薬剤師会に入会したことで、さまざまな職場で働く薬剤師の先輩や仲間ができ、日進月歩する薬事情報に関する最新の知識を得て、それをまたみんなで共有することで互いに高め合えました。同じベクトルで地域社会に溶け込んで連携し、地域の方々に愛される薬剤師になるために仲間と助け合えることは、非常に心強いですよ。

 

IMG_5197_R
和歌山県薬剤師会公式HP https://www.wpa.or.jp/

 

一般社団法人 和歌山県薬剤師会

 私たち薬剤師を取り巻く環境はここ数年、6年制薬剤師の誕生、在宅医療を始めとする…

住所:
和歌山県和歌山市雑賀屋町19