和歌山出身のプロ野球選手2016【大活躍5選手】

画像出典:DREAM STADIUM

熱戦が続く2016年のプロ野球。ひいきのチームの勝敗に一喜一憂していることでしょう。野球王国和歌山は、たくさんのプロ野球選手を生み出しています。その中から、今シーズンも一軍でバリバリ活躍している選手を紹介しましょう。

ハマと侍ジャパンの主砲

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

出典:Sportiva

出典:Sportiva

和歌山県橋本市出身。10歳上の兄と、双子の姉を持つ3人兄弟の末っ子として生を受けた。(中略)本格的に野球を始めたのは、小学校2年生のころ。地元の硬式野球クラブ、和歌山ニューメッツに入団した。甲子園常連校に通う兄の影響もあり、自然と野球を始めていた。
出典:DREAM STADIUM

「ハマの大砲」ことDeNA筒香嘉智外野手が今季1号2ランを放った。1点リードの6回1死一塁。広島の先発福井の甘く入ったシュートを逃さず、右中間スタンドに運んだ。 「パララカエ!(para la calle)うれしいです!」とコメントした。
出典:日刊スポーツ

 

2015年のセリーグ首位打者

川端慎吾(東京ヤクルトスワローズ)

出典:Sportiva

出典:Sportiva

実は川端は、小・中学校の頃はピッチャーとしても活躍し、本人はピッチャーでプロ入りを望んでいた。それを内野手1本に絞らせたのが、市立和歌山商業高校(現市立和歌山高校)時代の監督、真鍋忠嗣氏だった。
出典:週刊ベースボールON LINE

鋭い打球を広角に打ち分けるツバメの安打製造機。10年目の昨季は開幕からコンスタントにヒットを積み重ね、最多安打と首位打者に輝いた。今季も優れたバットコントロールで、チームのリーグ連覇に貢献する。
出典:Sportsnavi

 

球界随一のスピードスター

西川遥輝(北海道日本ハムファイターズ)

出典:プリ画像

出典:プリ画像

躍動感あふれるプレーでファンを魅了する若きスピードスター。昨季は持ち味の選球眼を生かし、高い出塁率をマーク。2年連続の30盗塁も達成した。今季はかねて熱望していた背番号7を背負い、新たな気持ちでスタートを切る。
出典:Sportsnavi

日本ハム・西川遥輝内野手(智弁和歌山出身)が15日のロッテ戦(札幌ドーム)で女性ファンを泣かせる一発を放った。(中略)前夜に今季初めてスタメン落ち。イケメンの復活を予感させる一発に、スタンドの女性ファンが泣き出す一幕もあった。
出典:ポリー速報

 

巨人キラーのイケメン左腕

岡田俊哉(中日ドラゴンズ)

智弁和歌山高校時代は「絶対的エース」「夏の申し子」「岩瀬仁紀2世」などと呼ばれる活躍で、ドラフト1位で中日に入団。4年目の2013年に一軍初登板し、66試合に登板する。2014年は先発に挑戦するが、好不調の波があり、リリーフ中心の登板となる。
出典:選手査定ノート

細身の体からキレのあるストレートを投げ込む救援左腕。昨季は50試合に登板し、防御率1.57を記録。シーズンを通して抜群の安定感を誇った。今季もリリーフ陣の要として、チームを5年ぶりの優勝に導く。
出典:Sportsnavi

 

中継ぎでフル回転

益田直也(千葉ロッテマリーンズ)

出典:Sportivia

出典:Sportivia

市立和歌山商業高校時代は内野手、主に遊撃手の控えとしてプレー。内野手をやっていたのは、高校1年の健康診断で心臓に穴が空いていることが発覚し、当時の監督が出来るだけ身体に負担がかからないようにするに転向させたためで、益田本人は投手志望だったという。
出典:weblio

昨季は4月に不振で二軍落ちを味わったものの、後半戦は復調。チーム3位の51試合に登板し、前年を上回る防御率3.91記録した。落差の大きなシンカーを武器に、今季はシーズンを通して勝ち試合のマウンドに上がりたい。
出典:Sportsnavi

ひいきのチームだけでなく、彼らの個人的な活躍にも注目ですよ。がんばれ、和歌山人!

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます

関連記事もCHECK!

↓↓↓

豪華メンバー勢揃い! 和歌山出身プロ野球選手ベスト11

野球王国ここにあり!プロ野球選手にも多くの和歌山県出身の方がいるのをご存知でした…

わかやまのニュースはこちら↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね