和歌山の魅力たっぷり♪一度は乗ってみたい電車5選

出典:photoAC

全国的にも人気のたま駅長をモチーフにした、たま電車だけでなく和歌山にはまだまだ可愛い電車がたくさんがあります。今回は乗るとウキウキ♪子供から大人まで楽しめる和歌山の電車をご紹介。外装や内装までも和歌山の魅力がいっぱい詰まった電車は旅の思い出にもピッタリです!

どっちも乗ってみたい!
ピンクと青の可愛いめでたい電車が泳ぎだす

南海電鉄 加太さかな線 “めでたいでんしゃ”【運行区間:和歌山市駅-加太駅間】

紀ノ川駅~加太駅を結ぶ南海電鉄 加太線の愛称が、「加太さかな線」です。今回、加太さかな線観光列車として、「めでたいでんしゃ」をご紹介。加太を代表する海の幸「鯛」の形をしたピンクの電車「さち」と青の電車「かい」のカワイイ列車がレールを泳ぐ電車になっています。こだわりがいっぱいつまっためでたい空間になっており、ここにしかない「めでたい」を乗せて走ります。

  ◇外装は「加太の鯛」をイメージしたうろこ柄をシンプルに表現。

◇内装も「加太の鯛」が車内を泳ぐイメージを表現した木の素材でできた温もりを感じる形のつり革、中にはハート型もあるらしく、みつかればラッキー♡その他、「さち」と「かい」それぞれ違う柄のシートなので乗るだけでおめでたい気分になれる鯛の可愛さ満載です。

 

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

 アドベンチャーワールドで活躍する
パンダや可愛い動物たちのラッピングが可愛い♪

“パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』”
【運行区間:京都駅駅-新宮駅間】

2017年8月5日から運行を開始した「パンダくろしお」 白浜町のテーマパーク、アドベンチャーワールドとJR西日本がコラボレーションした車両です。 車両前頭部には人気のパンダのイラストを描き、ボディーにはパークで活躍する、様々な動物たちの写真がラッピングされ、子供から大人まで楽しめる電車です。

◇車内の扉にも可愛い動物たちの写真があり、パンダの座席ヘッドカバーも可愛い♪

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

紀州・和歌山を代表する特産品で南高梅をモチーフに

貴志川線 ”うめ星電車” 【運行区間:和歌山駅-貴志駅間】

貴志川で人気のたま電車やその他いちご電車・おもちゃ電車など、可愛いく乗る人を楽しませてくれる貴志川線の電車ですが、今回は、県特産の南高梅をモチーフにした「うめ星電車」をご紹介!!梅の花のデザインを随所にあしらった和のテイストあふれる電車です。

◆紫蘇で漬けた梅干をイメージした色の外観で、デザインを担当したのはJR九州 豪華寝台特急「ななつ星」を手がけた水戸岡鋭治さん。その人気にあやかろうと「梅干し」ならぬ「うめ星」に。

◆内装は和風で、天井や床に木をふんだんに使い、窓と障子と組子をとりつけた高級感がある雰囲気。

  ※デビューの日はすまたんでも放送されたみたいです
↓↓↓

◆朝日ワイドす・またんに出演されている、電車大好きの斉藤雪乃さんが、「うめ星電車」をtwitterにのせてくれていました。

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

標高867mをめざしながら見る最高の景色
高野山を旅する特別列車

南海電鉄高野線 ”天空” 【運行区間:橋本-高野山】

天空は橋本駅から極楽橋駅までの19.8km、標高差443m間を運行し特に高野下駅から極楽橋駅の区間は、急勾配とトンネル、急カーブが連続し、山岳鉄道らしさを実感していただける観光列車です。
(出典:天空)

 

#天空 #南海鉄道 #和歌山 #高野山

 

@ tamama33がシェアした投稿 –

◇山岳区間の風景を大切にし、森林イメージした深いグリーンと高野山にある根元大塔をイメージした朱色のライン。

天空 ◇座席は、全て指定席で、ワイドな眺めが楽しめる大型窓から、紀ノ川、不動谷川や険しい山間の風景を一望でき、4人掛けの座席は大型の窓の下に着席したまま谷間が見下ろせる腰窓も設けられ語り合いながら旅をするのに最適。
(出典:天空)

 

#天空 #高野山#観光列車 天空に乗って高野山に行ってきました! Eiji Tajimaさん(@merlin_kaguyahime)がシェアした投稿 –

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

JR御坊駅と寺内町を結ぶ日本一最短のローカル線

紀州鉄道 新車両「KR301」 【運行区間:御坊市-西御坊市】

紀州鉄道の前身である御坊臨港鉄道が、街の有志たちの手によって設立されたのが昭和3年。 平成30年、私どもは90周年を迎えました。 以来、街と港をむすぶ「動脈」として、JR線と御坊市中心部とをむすぶ「庶民の足」として、市民の皆さまに親しまれてまいりました。 また営業キロ2.7kmという日本最短のローカル線として、鉄道ファンからも根強い支持をいただいております。今日も紀州鉄道は、ノスタルジックでどこかユーモラスな車体を軋ませながら、時速30キロのマイペースで1日20往復を運行しています。
(出典:紀州鉄道)

紀州鉄道
◆毎日、平均時速20数キロのマイペース運行でレトロでモダンな車両が家の軒先をかすめながら2.7キロメートルを1日22往復運行。

※実際に訪問される際は必ず事前にご連絡ください。


※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

電車の旅を楽しむ♪和歌山のおすすめ駅弁4選

旅の旅情を誘う「駅弁」。海岸線に沿って走るJRきのくに線の主要駅では、土地の名物…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね