世界遺産のおくりもの、和歌山の旨い魚をいただく |PR|

西は紀伊水道、南には太平洋と、異なるふたつ海に囲まれた和歌山。陸地には世界遺産に認定された「紀伊山地の霊場と参詣道」が古より人々の暮らしを見つめてきました。豊かな森は豊富なミネラルを生み、やがてそれは川や海へと注がれ、棲む生き物たちを育てます。そんな和歌山で獲れる魚はどれも一級品、ここではそんな旨い魚を紹介します。

10月12日(水)発売決定! あがらのビール、「一番搾り 和歌山づくり」を徹底解剖|PR|

“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、全国47都道府県の味の違いや個…

日本一の生マグロの漁港が生んだ傑作
「添加物不使用」が生み出す、本来の旨み。

カジキの生ハム

肉を長時間塩漬けにしたのち、加熱せず低温で燻製する生ハム。
バルなどのひと皿に欠かせない人気の食材のひとつですね。ところが、生ハムは生ハムでも、海の生ハムがあるのを知っていますか。

まぐろ生ハム

思わず見とれてしまうほどの美しさ。食べるのが惜しくなる、、

梶木

一般的に「カジキマグロ」と言われていますが、マグロはサバ科、カジキはスズキ目カジキ亜目と本来は異なる種類の魚。わかりやすいように呼び名を付けているようです。

日本でも有数のマグロの漁港として知られる勝浦漁港。世界遺産のお膝元にあるここは、‘生の状態’つまり生鮮マグロの水揚げ量で日本一を誇ります。そんな勝浦漁港で揚がった天然カジキをつかった生ハムなんです。

化学調味料や添加物を一切使用せず、「塩と昆布」のみをつかって長期熟成。だから魚本来のうまみがきちんと伝わってくる。これも鮮度の高い素材だからできること。

まぐろ生ハム

世界三大珍味と一緒に食べても引けを取らない生ハムですが、ブラックペッパーや塩をパラパラと一振りしてオリーブオイルをサッとかけるだけで、ヘルシーでお洒落な一品に仕上がります。(出典:ヤマサ脇口水産HP

取材協力:ヤマサ脇口水産

寿司や刺身とはまた一味違う、新しい楽しみ方ですね。生ハムと言えばワインもいいけど、ビールもおすすめ!是非お試しを。

 

舌を躍らせる純白の身
関西に夏を知らせる風物詩

ハモ、とは「咬む(はむ)」が語源と言われています。料理された際の上品な見た目とは違い、海の中では長い胴体の先にある鋭利な「歯」を使って海老やイカ、タコなどを捕食する、とても獰猛な魚です。

2J9A8345_small

水槽から揚げて、かなりの時間が経っても暴れまわっていた鱧。生命力の強さを垣間見た気がします。

鱧といえば大阪の天神祭が有名ですが、京都の祇園祭にも鱧が欠かせません。その理由には諸説ありますが、昔は交通の便が悪く、夏の暑い頃に鮮度の良い魚を京都まで運ぶことは至難の業でした、そんな中、唯一鱧だけが日持ちも長く、京都の台所に届けられたことが始まりとも言われます。ひょっとすると、「生命力の強さ=精がつく」という解釈もあるのかも…

20160417-7_2

定番の湯引き。まるで華のような美しさですね。

夏のイメージが強い鱧。実は脂が乗っているのは秋頃というのをご存じでしょうか。湯引きや天ぷらも定番で美味しいのですが、鍋にすると鱧のうまみが出汁に出てこれまた美味。意外と一年を通して楽しめる魚なんです。

20160417-8_2

鱧の天ぷらはサクッとした食感で身がほっこり。ビールが進みます。

取材協力:銀平本店

サックサクの鱧の天ぷらに合う一杯といえば、一番搾りでキマリ☆

10月12日(水)発売決定! あがらのビール、「一番搾り 和歌山づくり」を徹底解剖|PR|

“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、全国47都道府県の味の違いや個…

言わずと知れた清流の女王
養殖ものと侮るなかれ

紀州仕立て鮎

紀州仕立て鮎は、和歌山県の豊かな自然を利用して大切に育てられた鮎です。従来の養殖鮎と言えば、黒っぽい上に天然ものには見られる「追い星」もない魚体でした。しかし、豊富な天然地下水を使用した育て方や、改良に改良を重ねて作られたエサなど、品質管理にとことんこだわった養殖方法により、ほぼ天然ものと遜色ない、というよりむしろ、より美味しく育った鮎。それが「紀州仕立て鮎」なのです。

_23A1067_2

美しい魚体は釣り人も料理人も魅了する。

■「鮎 うまみ焼き」

ayuayu

「あゆうまみ焼」最高の状態で焼き上げたものをそのままパックしてあるから、温めるだけで美味しい。

そんな「紀州仕立て鮎」のなかでもおすすめなのが「鮎 うまみ焼き」これは ‘ほねうま’ つまり、骨まで美味しいんです!これには驚き。

その理由は独自の焼き方にあります。じっくりと燻すように焼きあげられた鮎はとても香ばしく、中までしっかり火が通っています。なので、ふっくらしてとても美味なのです。

あゆ吉(はらだ) (2)

ふっくらとした身。川魚特有の青臭さはほとんどない。

焼き上げた鮎を熱々のままパックし、最新の冷凍機で急速冷凍しているから軽く温めるだけですぐに美味しく食べられる。それが嬉しいですね。

取材協力:あゆ吉

鮎の塩焼をこんなに手軽に楽しめるなら、キャンプやBBQにもぴったりですね。美しい自然の中、一番搾りでカンパーイ♪

 

日本一の漁獲量を誇る太刀魚
有田の街にある昔ながらの味

たっちょ ほねく(太刀魚の天ぷら)

たっちょ、とは太刀魚の事です。
箕島の人たちは太刀魚のことを愛着をもってそう呼ぶそうです。
有田市は太刀魚の漁獲高が全国一。年間を通じて箕島漁港、いわゆる‘辰ヶ浜’の底引き網船が紀伊水道の沖合まで出船して獲ってきます。

_S9A9794-2

旨い魚の条件ひとつに挙げられる「鮮度」。その点ではここの太刀魚は抜群です。

そんな地元の特産を加工して作られたのが「ほねく」。
名前の由来は「骨をくる天ぷら」。「くる」とは混ぜるの意味で、つまり太刀魚のすり身の天ぷらです。頭と内臓を取った太刀魚をそのまますり身にして揚げただけの、添加物もない素朴で奥深い味わいの一品です。

_S9A0072

原料のうち、80%以上が太刀魚、残りは水や調味料などで、保存料などは無添加。

ひと口食べると、濃厚な魚の風味が口の中いっぱいに広がります。あと、食感。これが大事な部分なのですが、骨ごとすり身にしているため、程よくざらつく感触と歯ごたえがあります。これが美味しさの秘密なんです。

取材協力:紀州有田蒲鉾

これはもう、ビールのアテに最高っ!醤油やマヨネーズの前に、まずはそのままで…軽く炙ってからいただくのがおすすめです。

 

見た目からは想像のつかない旨さ
コラーゲンたっぷりで女性におすすめ。

うつぼ

_S9A0130-2.small

ジロリとこちらをうかがうウツボ。「咬まれると大変ですから気をつけて」といわれながら撮った一枚。


そもそも、ウツボって食べられるんですか?と思う人も多いのではないでしょうか。逆になぜ、あまり食べられていないのか。その理由のひとつに「小骨が多い」ことが挙げられます。小骨が多いと調理に手間がかかり、料理店では敬遠されてしまいます。

ところが近年の健康ブームや美容ブームの中、ウツボの持つ知られざるポテンシャルが注目されています。

_S9A0097_small

お店の人が「これが一番人気なんです」とすすめてくれたのが、唐揚げ。パリッとした皮とほっこりして脂のノッた身の絶妙なハーモニーが超絶旨いです。

そのポテンシャルとは?
紀南地域では昔からウツボには滋養強壮に良いとされ、産後の滋養のためによく食べられたそうです。
また、ウツボの皮には一般的に希少な「フィッシュコラーゲン」がたっぷりを含まれており、美容効果への期待も多くあるとのこと。

そんなうんちくはさておき、ウツボの唐揚げはパリッとした皮とほっこりして脂のノッた身でとても美味。
これだけで幸せな気持ちになれますよ。

地元の旨い魚には地元の旨いビールが合う!
今年10月「一番搾り 和歌山づくり」がいよいよ発売。

 

10月12日(水)発売決定! あがらのビール、「一番搾り 和歌山づくり」を徹底解剖|PR|

“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、全国47都道府県の味の違いや個…

もはや芸術品、食材を際立てる食卓の名脇役たち。【和歌山】|PR|

醤油や味噌、香辛料といえば、食材に添えたり付けたりするものですね。ここ和歌山県に…

伝統への回帰、いまふたたび注目を集める紀州の匠の技術。【和歌山県】|PR|

紀州徳川の城下町として、また高野山や熊野三山などの文化がいまなお色濃く反映される…