現場でしか得られないスキルがある。和歌山のヘアサロンがこだわる「モデル撮影会」とは?|PR|

近畿各地のほか、和歌山県で10店舗を展開する美容室WITH HAIR(ウィズヘアー)。各エリアにおいて多くの人を魅了し続けるこのヘアサロンですが、その理由のひとつとしてあげられるのが確かな「技術力」。訊くところによれば、このサロンでは技術力の向上のために取り組んでいる「PHOTO shooting」(モデル撮影会)があるといいます。撮影した写真はinstagrmで公開し、一般ユーザーから一定の評価を受ける。ルーティンのサロンワークに留まらず、ユーザー、つまり顧客に常にひたむきに接するその姿勢の原動力となるのはいったい何なのでしょうか。実際に撮影会にお邪魔して、そのあたりを聞いてきました。

和歌山でも屈指の人気美容室
WITH HAIRとは


和歌山県内では10店舗を展開し、ほかに近畿圏でも約20店舗を展開しています。独自の技術検定をパスしたスタイリストの技術力と、そのコストパフォーマンスの高さで圧倒的人気を誇るヘアサロンです。

若松様集合写真1-①
お店が大切にしていることのひとつがスタッフの主体性や自主性。企業として店舗を運営するなかで、見失いがちな個人個人の感覚や意見を、サービスというカタチでお店全体を通じてお客さまに還元したい、そんなお店づくりが理想なんだとか。

 

すべては技術力の向上のために
`PHOTO shooting’で磨かれるスキルとセンス

「自分たちでブランディングしたい!」そんなスタッフの声から始まった活動とのこと。ヘア、メイクともスタッフ自らが行い、作品としてカタチにしていく。サロンワークだけでは得られないトレンドの変化に対しての感覚。会を重ねるごとにそれらのスキルとセンスを磨いてきました。

L1050834①

 

 

PHOTO shootingはグループ合同の規模の大きなものから、エリアごとのものまで定期的に数多く実施されています。回を重ねるごとに、それぞれのスタッフのスキルが明らかに向上していく様子がわかるそうです。キャリアではなく、想いで掴み、育てていくチャンス。そんな風土がここにはあると感じました。

WH7848①

自分たちが持っているスキルを極限まで引き出してくれるのが撮影の現場。サロンワークだけ、セミナーだけでは得られない実践的な要素を加味した成長がそこにはあります。

 

エリアマネージャーに聞く
これからのお店にとって必要なもの

2J9A1409_small

~profile~ 森口 敦司 [WITH HAIR エリアマネージャー] エリアマネージャーとして、サロンワークにデスクワークもこなす忙しい日々。最近の趣味は仕事にも通じる「一眼レフで写真を撮ること」。双子の息子さんをこよなく愛するイケメンのイクメン。

ーPHOTO shooting はどのようなきっかけで始まりましたか?
クリエイティブ活動が始まったキッカケ、それは、実は私たちの声なんです。これだけSNSが影響力を持つ時代に自分たちの技術を積極的に発信し続けなければ技術力の向上どころか、維持すらままならない。という想いがあったのですが、そんな焦りにも似た想いを会社に認めてもらい、一緒になって形にしました。

最初はサロンワークと撮影の技術の違いに戸惑いましたが、スタッフみんなで粘り強く取り組むことを続け、成長できています。スタジオ・洋服・カメラマン等、素晴らしい環境で作品創りをさせて頂いていることに感謝しています。これは個人のサロンではなかなかできない事ですからね。

ーこれからお店にどう活かせればと考えていますか?
まずはエリアマネージャーとして、各店舗にこれらの活動で得た技術を落としこんでいく。いきなりすべては難しいかもしれませんが、目の前にある課題をひとつひとつクリアにして、全体の向上につなげたいですね。また、これまで以上に現場スタッフの意見がさかんに飛び交う雰囲気ができれば最高ですね。

2J9A1487①

現場ではさかんに意見が飛び交います。その場には先輩も後輩もなく、ひとりの表現者してお互いを尊重する空気が漂っています。

 

facebook、Instagramで発信
全国レベルで通用する技術力を

そんな日々の活動を公開しているのがfacebookとInstagram。facebookでは主に研修やイベントの様子を、Instagramではモデル撮影の写真を公開しています。

 

facebookでは日々の活動を

WITHHAIR④

ダウンロード

Instagramではモデル写真を公開中♪

WITHHAIR②
図2

自分のスキルを上げてみたい
チャレンジする気持ちが、とても大切

2J9A1483①

このように、WITH HAIRでは向上心に溢れるスタッフを募集しています。
こんなサロンで働いてみたい。と、少しでも思った人は少しココを覗いてみませんか。
↓↓↓
採用情報

いかがでしたでしょうか、ひとりひとりの技術をとても大切にしているWITH HAIR。
一度、お店に足を運んでみてね。
http://www.withhair.jp/