和歌山らしさ満載!紀北の雰囲気あふれるマンホール

出典:Pinterest

普段あまりマンホールの絵柄を気にしてみない方が多いと思いますが、マンホールはその町によって違ったデザインにがあり「市の花・木・鳥」をイメージしたものや、ご当地キャラクターなどのデザインを使って地面から町のPRしています。今回は、特にデザインが素敵な紀北地方のマンホールをご紹介します!!

【和歌山市】

和歌山城

和歌山城内にあるマンホールは「伝統工芸紀州手毬」をモチーフに大小大きさの違う手毬を描いたデザイン。お城の中でお姫様の遊び道具として始まったようです。

和歌山マリーナシティ

和歌浦湾で大きな入道雲の上をカモメが飛び、下には伝統工芸紀州手毬、その周りには、荒波がデザインにされていて、可愛い絵柄。和歌山マリーナシティ周辺でみれるそうです。

【岩出市】

真ん中に岩出市の市章、2羽は市の鳥「うぐいす」中央の木は市の木「うばめがし」その周りに市の花「 桜」をデザイン。岩出市では、桜の名所としても有名で毎年多くの方が満開の桜を観て楽しまれています。

◇岩出市のイメージキャラクター「そうへぃちゃん」デザイン。消化栓と空気弁。

岩出 岩出
◇岩出市の根来寺で有名な「僧兵」をモチーフに作られたご当地キャラクター。
(出典:兵庫在住の感覚主義。)

【海南市】

海南市(旧海南市)

2005に海南市・下津町が合併し改めて「海南市」となりました。
今回のマンホールは旧海南市のもので周囲には海南市の花「さつき」が描かれ、中央に市の鳥「ほおじろ」と市の木「ヤマモモ」をデザインしています。
新 海南市では、初夏には白い花が咲き全国的にも栽培が盛んな「みかん」が市の花になり、市内全域に多くの品種が植栽されている「サクラ」が市の木になっています。

海南市

カラータイプ (出典:flickr)

◇カラーマンホールは、海南市高速道路のインター付近の歩道上にあるみたいです。

【紀ノ川市】

右下には紀の川市、市の木「きんもくせい」その上は市の花「もも」と市の鳥「うぐいす」そして、右下には名前の由来ともなった「紀ノ川」が描かれており風景画のようなデザイン。紀の川市内には桃の栽培が盛んで、春に紀ノ川沿いに咲く桃の花は「桃源郷一目十万本の桃の花」として環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。

◇2005年に那賀町・粉河町・打田町・貴志川町・桃山町が合併に伴い「紀の川市」となりました。

紀の川市(旧桃山町)

旧桃山町の特産物の「桃」にちなんだキャラクター「桃ちゃん・ピーチ君」その周りにはモモの花とモモの実がデザインされたマンホールです。

紀の川市(旧貴志川町)

ホタルの生息地で有名な旧貴志川町のキャラクター「ほた郎君」が特産品「いちご」を持ったデザイン周りには、町の花「スイセン」が描かれており可愛いデザインです。

【橋本市】

◇2006年に橋本市・高野口町が合併し改めて「橋本市」となりました。

橋本市(旧高野口町)

真ん中には橋本市の市章が描かれ、下には「紀ノ川を泳ぐ鮎」、上には「緑豊かな山」その周りには「太陽の炎」と橋本市の街のテーマ「水・緑・太陽」をイメージしたデザイン。

橋本市(旧高野口町)

周りには町の木「サクラ」が描かれ、中央には「紀の川の清流を泳ぐ鮎」をイメージしたデザイン

【九度山町】

中央には九度山町の市章が描かれ、その周りには町の木である「柿」をデザイン。この柿は町の特産品「日本一の富有柿」だそうです。

【かつらぎ町】

中央には、かつらぎ町の市章が描かれ、その周りには町の花「アジサイ」と町の木「キンモクセイ」がデザインされています。

ちょっとわかりにくいですが・・・。
カラーだと色合いが綺麗。

紀美野町

2006年に野上町と美里町が合併して紀美野町が誕生しました。

紀美野町(旧美里町)

星空のキレイな町として知られる、紀美野町にある世界屈指の口径を誇るカセグレン式反射望遠鏡を備えた施設「みさと天文台」と星のデザイン。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

スマイルブラザーズって!?紀中のこだわりが詰まったマンホール【和歌山】

普段あまりマンホールの絵柄を気にしてみない方が多いと思いますが、マンホールはその…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用