肉はパワーの源! 食べよう和歌山のブランド肉

野村商店

肉好きのじいちゃん、ばあちゃんは長生きするともいわれているほど、肉は元気の源。暑い夏を乗り切るには肉パワーが必要です。手塩にかけて育てられている和歌山のブランド肉をちょっとぜいたくにいただきませんか?

画像出典:野村商店

Beef・牛肉/熊野牛

松阪牛や神戸牛なに引けを取らない高級牛

熊野牛の定義としては、品種が黒毛和種であること、和歌山県内に在住の肉牛生産者によって14ヶ月以上肥育されていること、出荷までの月例が26ヶ月以上であること、雄牛もしくは出産を経験していない雌牛であること、その枝肉の格付けがA3ランク以上もしくはB3ランク以上であるものとされています。

出典:熊野牛どっとこむ

霜降りが十分あり、肉質はきめ細やかです。

肉の繊維そのものが細いので柔らかいのが特徴です。

上質な熊野牛は脂が溶け出す温度が低めでしつこい感じにならず肉のうまみが楽しめます。

また、焼いたときの香ばしい香りも人気です。

出典:美味しい食材発見!

近年、健康志向や嗜好(しこう)の変化で、牛肉市場は赤身がブーム。「どうなるかわかりませんが、“赤身がうまい熊野牛”の育て方を実験中」と飼育農家の一つ「中北畜産」(和歌山市金谷)の中北郁久さん。

出典:LIVING和歌山

おいしいのは確かだけど、スーパーで売っている牛肉に比べて、やっぱりお高め。カレーならお手ごろにいただけるかも…。

熊野牛のみをたっぷり使った、贅沢なこのカレー。 ぶんだら屋のボス、ふみこさんも絶賛するお味です。

出典:楽天和歌山食べ物天

 

Pork・豚/熊野ポーク

和歌山県と近畿大学が技術開発した霜降り豚

和歌山県畜産試験場と近畿大学が「しもふり豚肉」の生産に成功し、「和歌山ポーク肉質研究会」を発足。和歌山産霜降り豚肉のブランド化を目指す中、昨年から「熊野ポーク」の供給を開始。

出典:LIVING和歌山

霜降り豚肉は筋肉内脂肪が通常より多く、柔らかさやジューシーさ、風味が増す利点がある。しかし、これまでの霜降り豚肉の生産技術では、肉量が十分取れない、肉汁が流出しやすいなどの課題があった。

<中略>

県内の豚の飼育頭数は全国一少ないが、きらっと光る魅力的な豚肉を生産し、和歌山ブランドの構築につなげたい

出典:紀伊民報

まだまだ、新しいブランドで流通量は少なめ。加工品なら入手しやすいので、まずはこちら↓でお味見を

noielの製造・販売元である
株式会社神戸屋は和歌山で創業し
約60年にわたり精肉の卸を行ってきました。

出典:meat with smile noiel

 

noielのベーコンは熊野ポークを使用し、
昔ながらの乾塩法で、じっくり2週間長期熟成していきます。
その後さくらのチップでしっかりスモークし、香り高いベーコンになります。
その脂は溶けやすく、口どけの良さが評判になっています。

出典:meat with smile noiel

熊野ポークのロースハム、熊野ポークのチーズ入りウインナーなども販売中。

 

猪豚/イブの恵み

パパはイノシシ、ママはブタ、すさみ町生まれのこだわり一代雑種

安全安心の自社飼育&自社加工

イブファームでは熊野の大自然の中でエサや飼育法にこだわり大事に育てています。

出典:イブファーム

イブの恵み(イノブタ肉)は、猪肉の風味をもちながら、柔らかくクセのない美味なお肉です。
水煮などの鍋料理から、焼肉、炒め物、ステーキと、すさみだけの本場の味をぜひ一度ご賞味下さい。

出典:ホテル ベルヴェデーレ

こちらも加工品が大人気。お試しあれ!

すさみ名産のイブの恵みを使用、この道30年の熟練職人が作るハム・ウインナーです。

出典:和歌山県

 

Chicken・チキン/紀州うめどり

梅酢エキスを混ぜたえさを食べて育ったにわとりさん

昔から和歌山のとある地方では、夏場に弱った鶏に、梅干を作った時にできる梅酢を飲ませる風習があったのです。
それから、紀州の梅酢エキス「紀州梅そだち(梅BX70)」を混ぜたえさで鶏を育てたところ、おいしい紀州うめどりができました。

出典:紀州うめどり・うめたまご

約10年で品質が安定、ブランドとしても確立され、和歌山市内の飲食店やスーパーで扱われています。

出典:LIVING和歌山

にわとりさんのブランドということは、もちろん卵も!

梅酢をまぜたえさで育てたらとっても健康になったうめどりがぴちぴちたまごを産みました

なんですってよおくさん。(産みたい)

「生卵ご飯にオススメ!醤油がなくても美味しいよ!」というポップに惹かれてお試しに買った物。

甘味があって美味しかったです。

出典:妊活ブログ

みなさんは和歌山のブランド肉、いくつ知っていましたか?

熊野ポーク、イブの恵みはまだまだ流通量が少なく、“生肉”の販売はごくわずかですが、伊勢屋フーズ(和歌山市鳴神)、ホテルベルヴェデーレ(西牟婁郡すさみ町)で購入可能。さあ、今宵の夕食は焼き肉? 唐揚げ? しょうが焼き?

 

関連記事もチェック

↓↓↓

和歌山の焼肉人気No.1、高級和牛「熊野牛」が食べられる焼肉店5選

和歌山でお肉と言えば、何と言っても高級和牛「熊野牛」。平安時代から和歌山で育てら…

 

和歌山ニュースはこちら

↓↓↓

ニュース用