いろんなオムレツが目白押し!みんなで「はしもとオムレツ」を食べに行こう!【橋本市】|PR|

画像出典:はしもとオムレツ公式ホームページ

和歌山県橋本市。今こちらで地域特産品を使った「はしもとオムレツ」があるのをご存じですか?みなさんが馴染みのあるプレーンオムレツからキッシュオムレツ・フルーツオムレツまでその形は様々。今回はなぜ橋本市がオムレツなのかを中心にご紹介します!

橋本市がオムレツの街ってご存知でしたか?

橋本市_風景

出典:食べログ

橋本市には、鶏卵、巨峰、富有柿、はたごんぼ、恋野マッシュールームなど美味しい地域産品がたくさんあり、オムレツはこうした多くの農産物を活用できるということに加え、全国にはオムレツに特化した町おこしがないということを理由に「オムレツの街」として橋本市を全国に発信していきます。(出典:橋本市観光情報)

橋本市のマスコット「はしぼう」が解説!なぜ橋本市がオムレツの街なのか・・・?

画像出典:はしもとオムレツ公式ページ

画像出典:はしもとオムレツ公式ページ

和歌山県の北東部に位置する橋本市。自然豊かな街並みもさることながら、伝統工芸品や特産物に恵まれた橋本市がなぜ「オムレツ」にこだわるのか・・・。その謎を橋本市のマスコットキャラクター「はしぼう」が解説してくれます!

●橋本市のマスコットキャラクター「はしぼう」

hashibou-WKA_020

橋本市の特産品である柿をモチーフにした髪型に、伝統工芸品の紀州へら竿を背負っている「はしぼう」は、平成26年1月に全国公募作品の中から誕生した紀の川に暮らす妖精です。趣味はヘラブナ釣りで、橋本市の特産品を好物に多くのイベントに登場しています。
出典:ゆるキャラ

「はしぼう」に聞く!和歌山県橋本市ってどんなところ?

和歌山県橋本市マスコットキャラクターのはしぼうだぼう。これからよろしくだぼう。私の住む橋本市は、伝統的工芸品の紀州へら竿やパイル織物の産地で、古くからの歴史や文化を大切にしてきた自然豊かな街なんだぼう。

紀伊半島のほぼ中央にあって、たまご、ぶどう、かき、はたごんぼ、恋野マッシュルームなど美味しい地域産品がいっぱいな素敵な街なんだぼう!そんな橋本市を今、街の人達みんなが力をあわせて、もっと元気にしようと頑張っているぼう。橋本市が大好きで食いしん坊な私の願いを聞いてくれたのが、「はしもとオムレツ」。洋食、和食、中華などそれぞれのお店ならではのオムレツが、盛りだくさんなんだぼう。ぜひ、いっぱい食べに来てほしいぼう!
出典:はしもとオムレツ公式ホームページ

「はしぼう」に聞く!はしもとオムレツって何?

はしもとオムレツは、地域産品を使ったオムレツなんだぼう。
農家の方が心を込めてつくってくれた卵や野菜、フルーツをすてきなスタッフが、やさしく料理してくれるぼう。半熟ふわトロ、キッシュオムレツ、フルーツオムレツなどお店ごとに違う、見た目や味付け、焼き加減等々を楽しんでほしいぼう。

はしもとオムレツ

今後は、調理スタッフはもちろん、地域産品の生産者の方もオムレツに使うたまごや野菜、フルーツなどをもっともっと美味しくすることを約束してくれましたんだぼう。うんと楽しみだぼう!
出典:はしもとオムレツ公式ホームページ

なるほど!はしもとオムレツは橋本市の地域産品を使った料理なんですね!では続いて、その橋本市の特産品についてご紹介!

はしもとオムレツで使われる橋本市の産品をご紹介!

県農林水産総務課によると、平成25年の県内における採卵鶏数は橋本市が約22万5千羽で、2位の和歌山市の約4万7千羽に比べても断トツの1位。

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130300/10/tokusan.html

橋本市の鶏卵生産量は県内一。橋本市養鶏農業共同組合は、橋本卵のブランド化事業として、洋菓子等の加工商品の開発・製造販売に取り組んでいます。
出典:和歌山県公式ホームページ

恋野マッシュルーム

和歌山県橋本市恋野にある「恋野マッシュルーム」は地元の農家の方が設立した和歌山県内初のマッシュルーム栽培施設なんです。

西日本で2番目に大きい7千平方メートルの敷地内には10棟の栽培棟に2棟の作業施設があり、歯応え・香りが最高のマッシュルームをまごころ込めて作っています。

復活した幻のごぼう “はたごんぼ”

橋本市で江戸時代から栽培されており一度、生産がなくなったのですが、70年ぶり(2016年)に復活!!

橋本市南部にある国城山(くにぎやま)。その中腹の赤土でそだつゴボウは太くて長い「幻のごぼう」と呼ばれ、柔らかさや香りも良いその味は甘味があり一度食べると忘れられない味なんだとか。

橋本市の特産品を使ったオムレツが 続々登場!

はしもとオムレツは、地域産品を使って和風・洋風・中華風などは問わず、各店舗が工夫をこらしメニュー化したオムレツのことで自然豊な橋本で育った農作物を卵でフワッと包み、お店ごとに違う、見た目や味付け焼き加減などを橋本市を訪れた方に楽しんでもらう新たな「おもてなし」の形なんですね!

mv_01_sp

出典:はしもとオムレツ公式ページ

いかがでしたか?今回ははしもとオムレツについてご紹介しました!スタンダードなプレーンオムレツからキッシュオムレツ、その他フルーツオムレツなどアイデア尽きず新しい「オムレツ」が続々登場!みなさんぜひ和歌山県橋本市に足を運んで、ご当地オムレツを1度食べてみてくださいね~。

【はしもとオムレツが食べられるお店はこちら】
↓↓↓

外はふんわり、中はとろ~り。はしもとオムレツが食べられるお店 6選|PR|

はしもとオムレツは、地域産品を使ったオムレツ。農家の方が心を込めてつくってくれた…

【はしもとオムレツ公式ホームページはこちら】
↓↓↓

www.city.hashimoto.lg.jp/hashimototaikan/taberukau/omuretsu/index.html