リオ五輪に出場。和歌山出身の西岡詩穂選手を応援しよう!

(出典:産経WEST)

2016年8月6日に開幕した、リオデジャネイロオリンピック。今回も日本人選手のメダルが楽しみですね!フェンシング日本代表に出場している、和歌山県出身の西岡詩穂選手をご紹介。美人で強いなんて羨ましすぎです!

フェンシング日本代表(和歌山県和歌山市出身)

西岡詩穂選手

高校は、和歌山北高校出身。
小学6年生の時、父親の薦めでフェンシングを始め、中学3年生の時に、全国大会で優勝。勝つ喜びを知り、フェンシングに没頭。高校卒業後、日本女子体育大学に進学し、2007年ユニバーシアード競技大会では銅メダルを獲得。2010年アジア大会では団体戦で貢献し銀メダルを獲得。
現在、ネクサスに所属し2012年ロンドンオリンピックに団体・個人ともにフルーレに出場。今回2大会連続出場の切符を手にしリオオ五輪では、ロンドン五輪の結果を上回る活躍を期待。

西岡詩穂

2012年ロンドンオリンピック(出典:gettyimages)

【西岡詩穂選手公式Twitter】

リオオリンピック出場決定(2016年)

西岡志穂

◇写真左から青木千佳、西岡志穂、太田雄貴、徳南堅太、佐藤希望(出典:GATHER)

2016年リオデジャネイロオリンピックのフェンシング日本代表が決定。
【男子】
〈男子フルーレ〉太田雄貴(森永製菓)
〈男子サーブル〉徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)
〈男子エペ〉  見延和靖(ネクサス)
【女子】
〈女子フルーレ〉西岡詩穂(ネクサス)
〈女子サーブル〉青木千佳(ネクサス)
〈女子エペ〉  佐藤希望(大垣共立銀行)

フェンシング種目

フェンシングではフルーレ、エペ、サーブルの3種の武器があり、これらがそのまま種目名となっている。

【フルーレ】※西岡詩穂選手が出場する種目です。

フルーレ

オレンジ部分が有効面(出典:ウィキぺディア)

【攻撃】突きのみが有効
【有効面】背中を含む胴体のみ
フルーレは「攻撃権」を尊重する種目です。
向かい合った量選手のうち、先に腕を伸ばし剣先を相手に向けた方に「攻撃権」が生じます。しかし「攻撃権」を持たない相手が、その権を払う、叩くことで向けられた剣先を逸らせたり、間合いを切って逃げ切るなどの防御をする事で、その「攻撃権」は移ります。そして反撃に移ることになります。このように、攻撃-防御-反撃-再反撃といった瞬時の技と動作の応酬がめまぐるしく行われる所が、この種目の見所になっています。
(出典:学習院大学フェンシング部)

※フェンシングで有名な太田選手・男子団体チームが銀メダルを獲得したのもこの種目。

女子フルーレ日程(個人)

8月10(水)

・ベスト64 (20:30~)
・ベスト32 (21:10~)
・ベスト16 (23:00~)

8月11(木)

・準々決勝  ( 0:00~)
・準決勝   ( 5:30~)
・3位決定戦( 7:20~)
・決勝戦   ( 8:15~)

※時間は全て日本時間です
※試合時間は変更になる場合がございます。

姉妹で手にしたリオへの切符

西岡詩穂

姉、西岡詩穂さんと、妹真穂さん(出典:産経WEST)

大学生の妹の真穂さんも現在、日本女子体育大に在籍し、同じフェンシングで活躍。姉のオリンピック出場に向けて全面サポートし姉を後押し、その甲斐あってリオオリンピックへの出場切符を手にした。今後も西岡姉妹の活躍に期待したいです。

◇2012年にはフォルテワジマ3F「わかやまスポーツ伝承館」で勝運UPをした様子

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

えっ?!あの人も?和歌山にゆかりのあるオリンピック選手まとめ

2016年8月5日から始まる第31回オリンピック(inリオデジャネイロ)日本人選…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用