何お願いする?和歌山で見れるペルセウス座流星群☆2016☆

出典:下手の横好き

和歌山でペルセウス座流星群がみれるスポットをご紹介。普段見つけるとラッキーと言われている流れ星ですが、ペルセウス座流星群が見れる時は沢山の流れ星を観察することができ、夢のような時間を体験できます☆

流星群とは・・・

流星群

流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が光を放つ現象です。
彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。
(出典:国立天文台NAOJ)

2016年ペルセウス座流星群

8月12日(金)~8月13日(土)未明 見頃予定

夏の風物詩と言われることもあり夏が最も観察しやすい季節。「三大流星群」の一つで、その他「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」があり、どちらも1月・12月に出現することから、寒さに耐えながらの観察となってしまいますが、「ペルセウス座流星群」は夏の季節に観察できる流星群なので、寒さを気にせず非常に観察しやすく流星群です。

☆天文台☆

紀美野町立 みさと天文台

星空のキレイな町として知られる紀美野町にあり、月明かりの無い夜は肉眼で天の川が見えるほどの自然豊かな場所にあり、世界屈指の口径を誇るカセグレン式反射望遠鏡を備えた施設。

【ペルセウス座流星群特別観望会】
「きみのスターパーティ2016summer in サンリゾートカントリークラブ」

8月12日から13日未明にかけて、ペルセウス座流星群特別観望会を開催します。
開催に伴い、8月12日と13日は両日とも昼は休館です。夜は観望会を開催します。

真夏の風物詩「ペルセウス座流星群」を皆で見上げます。 今年のピーク予想は12日午後9時頃。上弦過ぎの月が沈んだ夜半以降は、好条件で観察できます。 会場は広大な芝の上で極上の環境を提供してくださる サンリゾートカントリークラブです。 天文台ではありません。ご注意ください。
・日付 2016年8月12日(金)
・時間 午後10時より翌朝午前4時半頃まで (午後8時から開場、プレイベント開始)
・場所 サンリゾートカントリークラブ
(〒640-1234 和歌山県海草郡紀美野町安井297 TEL:073-495-3335)
※天文台ではありません。
・参加 大人 500円、高校生以下 無料 (施設使用料としてご協力ください)
(出典:紀美野町立みさと天文台)

☆その他詳しい情報はこちらをご覧ください→紀美野町立みさと天文台

サンリゾートカントリークラブ

住所:
和歌山県海草郡紀美野町安井297
定休日:
年中無休

かわべ天文公園

広大な公園敷地内には天文台やプラネタリウム、屋外遊具やレストラン、宿泊施設など様々な設備があり、その他、無料開放の芝生もありご家族やカップルで星空を眺めるにはピッタリ。
※現在プラネタリム・観星塔は休止してます。

☆その他詳しい情報はこちらをご覧ください→日高川町観光協会

かわべ天文公園

無料開放の芝生広場と、宿泊施設があります。※現在プラネタリム・観星塔は休止してま…

住所:
和歌山県日高郡日高川町大字和佐2107-1
定休日:
月曜日

大阪近郊では、この場所が最も美しい星空スポットとして有名。

護摩壇山(ごまだんざん)・龍神スカイライン

紀州の屋根、護摩壇山を頂上とする龍神村の山並みは、いまだ雄大な原生林の大樹海をいにしえ人の逸話を数多く残している大自然と伝説の宝庫です。
その恵まれた自然の中、高野龍神国定公園の稜線を走る高野龍神スカイラインは、霊峰高野山と龍神村を結ぶ全長42.7kmの道路です。 このルートからは雲海のかなたに連なる紀州の山々を一挙に展望することができます。(出典:龍神村の観光情報)

☆その他詳しい情報はこちらをご覧ください→出典:龍神村の観光情報

龍神スカイライン

龍神スカイライン(出典:下手の横好き)

たくさんの流れ星を見てみたいですね☆

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします
おすすめ記事もCHECK!
↓↓↓

デートにおすすめ!和歌山夜景・ドライブデートスポット10選

ドライブデートに行こう!家族はもちろん、カップルや大切な人とのデートにおすすめで…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用