商売繁盛の一大行事、東の宮恵美須神社の「十日戎」へ行こう!【和歌山市】|PR|

毎年一月十日に取り行われる夷講(えびすこう)。関西では「えべっさん」と親しまれ商売繁盛の神として知られ、一年の商売繁盛を祈願する多くの人でにぎわいをみせます。恵美須祭りは一月十日の初戎を中心に、九日の前夜祭の宵戎から、十一日ののこり戎と3日間に渡るこの行事。東の宮恵美須神社へ行って、通称「熊手」と呼ばれる「さらえ」などの縁起物を手に入れれば、あなたの商売は今年も大丈夫!

東の宮恵美須神社の十日戎について

一月十日の夷講(えびすこう)。関西では「えべっさん」と親しまれ商売繁盛の神として知られています。
~日程~
一月九日   宵戎
一月十日   初戎
一月十一日  のこり戎

東の宮恵美須

七福神にも組み込まれ、いまや大黒様と並び称されるほど、日本の代表的な福の神となっており、恵美須祭りは一月十日の初戎を中心に、九日の前夜祭の宵戎から、十一日ののこり戎まで盛んなにぎわいを見せます。

また、周辺では期間中、屋台が出て、大変なにぎわいです。
12400958_472514876287041_7782513562915247107_n

見ているだけで心が洗われるようです
「巫女さんの舞い」

えびす様の総本宮である、島根県出雲の美保神社から巫女さんが来て、華麗な舞いを披露してくれます。
※巫女さんの舞いは10日です。

参拝の作法(二礼二拍手一礼)

1.まず、二礼(2回深くお辞儀)します。
2.次に、二回、拍手を打ちます。
3.最後にもう一度深くお辞儀します。

12509049_472216556316873_7466993563529870440_n

商売人には欠かせない!縁起物を手に入れよう

222323_R

縁起物を神棚や店先に飾ると、その年1年間の商売繁盛がかなうといわれています。また、前年の商売が繁盛した場合、感謝を込めてもう一回り大きな縁起物を買うのが良いとされています。

福引き

地元の人が楽しみにしているのがこれ!
旅行券や自転車、お米などうれしい景品が大盤振る舞いの福引きにもチャレンジ!

図1

 

福引きは、笹や熊手などの縁起物を授かると参加券がもらえますよ!

東の宮恵美須神社について

東の宮えびす

第二次世界大戦が終り、焦土と化した和歌山市にも漸く再建の槌音がきこえるようになった昭和二十一年の秋、はからずも戦火をまぬがれた郷内の有志が、敗戦罹災の傷心に今なほ苦しんでいる人々或はまた街の復興に汗を流し日夜頑張っている人々、このような周りの人々の心のささえ、明日えの心の糧として信仰の場をつくることを発起しました。

 御祭神としては國づくりや産業福祉にその場を拓かれ、商業にもご神徳あらたかな神様として古くから信仰されているゑびす様をお祀り申し上げることにしたのであります。
出典:東の宮恵美須神社HP

◆アクセス

東の宮えびす

◆電車でお越しになる場合

JR和歌山駅を下車、正面出口より近鉄百貨店側の歩道を約100m直進、駅前交差点の信号を渡って紀陽銀行を右折。2つ信号を越えた一つ目の角を左折し約50m進むと右に見えます。

◆お車でお越しになる場合

阪和自動車道・和歌山I.C.で降り、和歌山市内方面へ向かって約3㎞道なりに直進。田中町交差点を右折し、約400mJR和歌山駅前交差点を通過、2つ信号を越えた一つ目の角を左折し約50m進むと右に見えます。(※お車でお越しの際は周辺のパーキングをご利用下さい。)
出典:東の宮恵美須神社HP

東の宮恵美須神社

◆十日戎について一月十日の夷講。関西では「えべっさん」と親しまれ…

和歌山市吉田495番地

この記事が気に入ったら「いいね!」してね