昭和のヒーロー。仮面ライダーは那智の滝に登場していた!?【那智勝浦】

昭和を代表するヒーローとして絶大な人気を誇る仮面ライダー。ショッカーに代表される悪役たちをやっつける様は少年たちの心をわしづかみにしたものです。そんな仮面ライダーですが、全国さまざまな場所でロケが行われていました。もちろん、和歌山も例外ではなく、なかでも那智勝浦町には代表的なシーンが何度か出ているんです。当時少年だった人は懐かしく思って、そんなこと知らなかった人もぜひ知ってほしい、そんな事実を紹介します。

和歌山が舞台になった伝説の2話
ショッカーが海底基地の建造をもくろんでいた!?

那智の滝の前で変身!

仮面ライダー第72話続く73話と和歌山ロケ。当時放送も夏休み中で旅行気分です。...
仮面ライダー第72話続く73話と和歌山ロケ。当時放送も夏休み中で旅行気分です。
私も同じ所へ当時旅行に行ったので記憶によく残っています。
熊野那智大社では那智の滝をバックに一文字の変身シーンが最高にかっこよく、同じ場所で変身ポーズの真似をして記念写真を撮ってもらっている子供は多かったなあ。って私もだよ。
出典:Yahoo知恵袋

 

和歌山県が「仮面ライダー」に登場するのは第72話と73話『吸血モスキラス対二人ライダー』『ダブルライダー 倒せ!!シオマネキング』の2話に渡って登場します。地獄大使が和歌山にやってきた目的は海底基地を作るため。仮面ライダーがいなかったら、今頃はショッカーの基地だったかもしれませんね。

1459897728967

地獄大使 出典:変身速報

 

第72話の敵キャラ!吸血モスキラス

 

モスキラスとは?

地獄大使が紀伊半島の近海に海底基地を建設するためにショッカー南米支部より呼び寄せた蚊の能力を持つ13体の強化改造人間の1人で“南米の悪魔”との異名を持つ。
出典:ピクシブ百科事典

ロケ地はここ??
確かに、柱の下の部分が似ていますね。

写真: 吸血モスキラス対二人ライダー
ロケ地 那智 奥の院
現在は一般公開はしていません寺院の檀家のみとなります
出典:フォト蔵

第73話はシオマネキング!

シオマネキングとは?

その名の通り、シオマネキの能力を持つ改造人間で、余談にある通り、ライダーシリーズ初の一般公募デザイン(アイデア)から誕生した怪人。 口から発火性の溶解泡を吐き、左腕の大きな電磁ハサミを武器とし、水中での動きに優れている。鳴き声は「アビー、アビアビアビー!」
出典:ピクシブ百科事典

アビー、アビアビアビって…。ちょっと聞いてみたい。

73話のロケ地は太地町の鷲ノ巣崎遊歩道?

という記載がいろんなサイト上で散見されますね。

 

Youtube上に動画発見!しかし!有料です(泣)

紀伊半島南端での基地建設にこだわるショッカーは、怪人シオマネキングを使い、海底牧場を夢見る海洋学の坂井博士を拉致。さらに博士の協力を得るべく、博士の妻と子供をも狙う。博士が拉致されたことを知った本郷たちが家族を救出するも、執拗に襲い来るシオマネキングは誘拐を成功させてしまう。
出典:東映on demand TV

 

いかがでしょうか?
その世代の人たちにはノスタルジイを駆られる名シーンばかりでしたね。
ぜひ現地にも行ってみませんか。

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めします
おすすめ記事もCHECK!
↓↓↓

幻想の世界へ!注目の関西イルミネーションスポット6選

関西のイルミネーションスポット6選をご紹介。和歌山・奈良・大阪・京都・兵庫と各地…

 

【NEWS】わかやまのニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね