和歌山で一年の厄除け・厄払い祈願【紀北編】

出典:Facebook

和歌山で厄除け・厄払いの神社・寺をご紹介します。一般的に、お正月から節分にかけて参拝される方が良いとされているようで、男性・女性それぞれ厄年にあたる年齢は違うので間違えないように注意して参考にしてください。

厄年とは・・・

厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。科学的な根拠は不確かで、陰陽道由来とされるものの出典は曖昧である。しかし、平安時代にはすでに存在し、根強く信じられている風習である。
一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされている。
いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習がある。
(出典:Wikipedia)

☆平成29年(2017年)厄年表

厄年2017年

紀州藩主徳川頼宣公も厄除祈願に参拝したとして有名な観音寺

長田観音

長田観音は和歌山県紀の川市別所にあり、真言宗に属する如意山厄除観音寺(にょいざんやくよけかんのんじ)です。旧長田庄に在した為、通称長田観音と言われ、霊験高く一般に「厄除観音」又は「厄観音」と呼ばれております。初午・二ノ午には多くの参拝客でにぎわいます。宗旨宗派にとらわれずどなた様でもご参詣頂けるお寺ですので、初めての方もお気軽にご参拝下さい。
(出典:長田観音)

長田観音2
主に厄除の観音様だそうです。
到着するなり何かのパワーが感じられました(笑)
この長田観音和歌山県紀の川市別所にあり、真言宗に属し如意山厄除観音寺と言う。長田庄に在した為、通称『長田観音』と言う。(出典:Facebook)

長田観音

通称「長田観音」の名で親しまれる如意山厄除観音寺は、921年(延喜21)に念仏上…

住所:
和歌山県紀の川市別所58

紀の国神話の社・厄難除けの神

伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)

伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。
また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。
(出典:伊太祁曽神社)

大国主神を災難から救った神話にちなみ 厄除けの神 として毎年多くの方が御祈願に来られます。
特に1月15日の卯杖祭は厄除けの祭典でもありますので、この日は厄年の方の参拝が大変に多いです。(出典:伊太祁曽神社)

伊太祁曽(いたきそ)神社

伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命…

住所:
和歌山県和歌山市伊太祈曽558

厄除けを願いながら登る二百三十一段の石段

紀三井寺

紀三井寺と申さば我ら県民はあの長くて急な石段を思い出しまする!されどあの石段には実は誠にありがたきご利益がござりましてのうw
あの虐めとしか思えぬほどのキツイ石段の段数は、実は男女の厄歳の年数と一致しておりまする ^w^

紀三井寺
要するにこの石段を登りさえ致せば、厄除けと相成りまするwww
何ともまぁ便利でお得な石段ではござりませぬか ^w^

紀三井寺
登るだけで厄除けになると知ればやはり足も進みまするぞ ^w^
なるほど、あの長い長~い石段を登り切る事にも、ちゃーんと立派な意味がござったのじゃなぁ ^w^(出典:さすらいの武士)

紀三井寺

この寺は、宝亀元年(770)、唐の僧為光(いこう)上人によって開かれました。和歌…

住所:
和歌山県和歌山市紀三井寺1201

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

学問の神様!合格祈願に訪れたい神社5選【和歌山】

受験シーズン到来!!和歌山県の合格祈願ができる神社をご紹介します。毎年、受験シー…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用