3月3日はひな流し、グルメも楽しめる淡嶋神社へ行こう♪【和歌山市】

出典:youtube

和歌山市加太にある人形供養・ひな祭り発祥の地として有名な淡嶋神社をご紹介。全国から様々な種類の人形が奉納され、なかでも雛人形は毎年、年に一度3月3日に「雛流し」という神事が行われ全国から多くの方が集まります。その他、淡嶋神社周辺のグルメスポットもご紹介。3月3日は加太に行こう♪

人形供養・ひな祭りの発祥の地として有名な神社

淡嶋神社

淡嶋神社系統の神社は日本国内に約1000社余りあるが、当神社はその総本社であり、和歌山県内でも屈指の歴史を誇る。
神話において日本を創造したと伝えられる少彦名命(すくなひこなのみこと)と大己貴命(おほなむじのみこと)の祠が加太の沖合いの友ヶ島のうちの神島(淡島)に祀られたことが始まりとされる。(出典:Wikipedia)

縁結び・婦人病や安産祈願など“女性のための神様”

ご祭神は薬の神様とされる少彦名命(すくなひこなのみこと)で特に女性の病気回復や、安産・子授けなど”女性のための神様”として信仰を集めています。

ご祭神の少彦名命は、医薬の神様。
特に、女性の病気回復や安産・子授けなどに霊験あらたかといわれています。(出典:淡嶋神社)

淡島神は婦人病にかかったため淡島に流されたという伝承から、婦人病を始めとして安産・子授けなど女性のあらゆる下の病を快癒してくれる神社とされている。かつては祈願のため男根形や自身の髪の毛などが奉納されていたが、現在はそれらに代わって自身の履いていた下着(パンティー)を奉納する女性が多い。境内奧の末社には絵馬などと共に多数の女性用下着が奉納されている。(出典:Wikipedia)

☆可愛い子授けのお守りや安産のお守り

おねえちゃんからいただきました(⁎˃ᴗ˂⁎)♡ かわいい♪♪ #御守り#淡嶋神社

shimizu norikoさん(@pastelmary)が投稿した写真 –

3月3日は年に一度の雛流し

淡嶋神社では3月3日のひな祭りの日に、女の子の健やかな成長を願うなど、それぞれの思いや願いと共に、白木の船に雛人形を乗せて海に流す「雛流し」の神事が正午から行われ、日本全国から多くの方が集まります。

「淡島 神社 雛 流し」の画像検索結果

出典:youtube

淡嶋神社

淡嶋神社は人形供養の社として知られており、全国から様々な人が人形を奉納にしに来ま…

住所:
和歌山県和歌山市加太118
営業時間:
9時00分~17時00分

加太のグルメを堪能!

満幸商店

淡嶋神社、門前にある新鮮な海鮮料理を堪能できるお店。お店特製タレをかけて頂く山盛りのしらす丼や、一鍋に3匹以上使用し一晩煮込んだコラーゲン&カルシウムたっぷりのわさびスープは、満幸商店の名物スープ。頂く前に特製の刻みわさびを入れて召し上がるので、わさびの苦手な方やお子様でも安心して頂けます。また、最後の〆にうどんを入れて食べるのもオススメ。その他ボリューム満点のうにパスタや、鯛のお刺身など種類豊富メニューが楽しめます。

単品で頼む場合は、わさびスープ小鍋をぜひ食べてみてください。鯛のあらを数日間煮込んだスープは、えも言われぬ美味さです。しらす丼が評判でもちろん美味しいのですが、食べるべきは鯛です!!

満幸商店6

わさびスープ

そして、なによりお母さん、おばあちゃんのおもてなしが最高。田舎に帰ってきたような、ほっこりした気分になりました。女性の幸福を御守護くださるという淡島神社の神様ですが、お母さん、おばあちゃんを見ていると本当だなぁと思えます。
土日は混むようなので、コースを予約して訪問するのがベストだと思います。
また、淡島神社の雛流しは3月3日なので、2月に訪問すれば雛人形の数に圧倒されますよ。
(出典:食べログ)

満幸商店7
しらす丼ですが、醤油・山葵・梅肉をかけて頂きます。梅入りってのが和歌山っぽくていいですね。そして梅干しがしらす丼にかなりマッチしてます。
しらす自体も生臭さがなく、とても美味しかったです。 (出典:食べログ)

満幸商店

何といっても目玉は料理の量、質、そしておばちゃん。愉快なおばちゃんから出される料…

住所:
和歌山県和歌山市加太118
営業時間:
9:00~17:00 17:00~(夜は二日前までに要予約。コースのみ)
定休日:
不定休

魚本来の旨味を活かした料理

活魚料理 いなさ

季節ごとに新鮮な海の幸をふんだんに使用し、中でも加太で獲れる天然の真鯛料理が有名なお店。メニューは一品料理からコース料理まで楽しめ、食感、味わいともに、産地だからこそ味わえる、鮮度と品質の良い素材本来の旨味を引き出した味を堪能できます。

小鍋に鯛シャブ!!!巷で見かけるペランとしたのじゃ無いの!!
しっかりお造りより分厚いかな、活きが良いので、鍋に投入するとぐぐっ!皮めが見事に3分の1程に縮まって!シャブシャブは薄いの、って言うけど、決まりは無いですね外は白くなっても中は生、弾力~~!でしたよ。(出典:食べログ)

活魚料理 いなさ

住所:
和歌山県和歌山市加太海岸通り196番地
営業時間:
11:00~21:00(オーダーストップ20:00) 
定休日:
火曜日(祭祝日は営業します)

おやつやお土産にもオススメ。加太名物よもぎ餅

小嶋一商店

毎日、餅米を蒸して作る杵つき餅に加太の山林から摘んできた天然のよもぎを使用して作るよもぎ餅が人気のお店。一口食べるとよもぎの香りが広がり、良く伸びるもちもちの食感に、甘さ控えめの餡との相性抜群。地元や観光客からも人気でお買い上げの際はお早めに。


(言葉にならないウマさですw)
(中略)
よもぎの風味がしっかりしていて、餅の生地はモチモチ感を残しつつも比較的しっかりした感じ。そして餡は甘さ控えめなんだけど絶妙過ぎる塩加減で甘さを引き立てており、加点連発(←あくまで自分基準)です。賞味期限2日なので関西圏であればお土産にも使えそう。いいお店に出会えました。 (出典:食べログ)

小嶋一商店

漁港の町、加太にある土産物店で、店で手作りしているよもぎ餅が有名。鮮度の高い魚介…

住所:
和歌山市加太425
営業時間:
7:00~18:00
定休日:
不定休

ほっとする懐かしい昭和の雰囲気を満喫

オジバ商店

友ヶ島行きの船着き場近くにある、雰囲気の良い古民家をリノベーションしたシェアショップ。昭和な香りがする店内には、レトロ雑貨やアウトドア雑貨、可愛い絵本の古本屋など3店舗が出店しており、雑貨と一緒にカフェも楽しめます。

オジバ商店2

日替わりランチ(出店:Facebook)

オジバ商店

住所:
和歌山県和歌山市加太249

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

うまいもんいっぱい!加太さんぽ♪

観光地として人気のある和歌山市加太。加太といえばイメージするのが、海を望む美しい…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用