春の風物詩、個性豊かに開催される雛まつりイベント【和歌山】

3月と言えば3月3日の雛祭り。今回は和歌山各地で開かれる雛祭りのイベントをご紹介。珍しい工芸品のお雛様やたくさん集まったひな人形など、この時期だけのおすすめイベントばかり。ぜひ、可愛い雛人形の姿を見にご家族やお友達と一緒におでかけしましょう♪

粉河寺周辺で開催、歴史的建物で展示も。

粉河とんまか雛通り

西国第三番札所「粉河寺」の門前に広がる通りは「とんまか通り」と呼ばれています。
春の季節は、お雛様がいっぱい飾られる「粉河とんまか雛通り」に変身します。
自動代替テキストはありません。
出典:facebook 粉河とんまか雛通り

西国第三番札所粉河寺の門前と粉河駅を結ぶ「とんまか通り」で、「粉河とんまか雛通り」が開催されます。粉河寺、粉河産土神社、古民家・山崎邸など市内約60か所に、さまざまなお雛様が飾られ、歴史ある街が華やかな雰囲気に包まれます。期間中は、絵手紙コンクールの作品展示や「粉河とんまか雛さんぽ」なども催されます。3月3日は「姫様行列」、中津川での「雛流し」のほか、古民家・山崎邸での音楽祭やお茶会もあります。

出典:JRおでかけネット

~日時・開催~
2017年2月19日~4月9日
10:00~16:00(終了時間は会場により異なる)
和歌山県紀の川市 とんまか通り商店街周辺

粉河とんまか雛通りの期間中に実施される伝統行事

紀の川流しびな


出典:愉快を求めて日記にならない気ままなブログ

地元で、「流し雛」と呼ばれている。子供たちの健やかな成長と、市民が平和で安全・安心できる生活を祈り、身のけがれや不浄を祓う(厄除け)また郷土文化を継承し、郷土愛を育てるため実施されている。
毎年、 3月3日に、 祈願祭は粉河寺で、大行列は粉河寺本町筋を南下、粉河支所前まで、 流し雛は、粉河分庁舎前の中津川河岸(以前は、紀ノ川へ流したが、参加者の高齢化や紀ノ川の流れや環境の変化により現在は中津川に流している)で実施される。

流し雛
出典:和歌山県ふるさとアーカイブ

開催日時:2017年3月3日
※祈願祭(粉河寺)/13:30~、流し雛大行列出発/14:00~、流し雛(紀の川市役所旧粉河支所前)/15:00~
開催場所:和歌山県紀の川市 粉河寺、紀の川市役所旧粉河支所前

 町歩きをしながら人形と伝統工芸を

紀州海南ひなめぐり

「紀州雛」を題材とし、海南市の地場産業(家庭用品、漆器など)や工芸品のお雛様などの製作・展示を通じて、広く海南市を歩き回ってもらおう!というイベントです。
出典:facebook紀州海南ひなめぐり


出典:黒江ぬりもの館スタッフ日誌2


こんにちは(^^♪
かいぶつくんのお雛様完成しました~face02いよいよ明日から「第7回紀州海南ひなめぐり」
開催します~ik_20
出典:まちづくり海南

期間:2月15日(水)~3月15日(水)
開催地:JR海南駅海南駅前商店街黒江川端通り周辺

1万体以上のひな人形が集まった姿は圧巻!!

ビッグひな祭り

ひなめぐり1

ひなめぐり

2011年9月4日の台風12号による災害からの復興を願い始めたられた「南紀勝浦ひなめぐり」、千葉県勝浦市・徳島県勝浦町・和歌山県海南市よりおよそ5,000体のひな人形を里子として譲り受け開催することができました。(中略)
子供の成長・厄除け以外に、人と人のつながり(世代を超えたつながり、また家族のつながり)を取り戻す力があると言われているひな人形、ひな祭り一色の南紀勝浦にご家族や友人、大切な方とご来町されてはいかがですか、心よりお待ち致しております。
出典:南紀勝浦ひなめぐり

3月1日(土)
十二単衣の有料着付け体験

CYMERA_20140108_181206.jpg
出典:南紀勝浦ひなめぐり

期間:2月25日(土)~3月5日(日)
開催地:那智勝浦町立体育文化会館

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

おすすめ記事もチェック
↓↓↓

寒くても季節の花を楽しむ花めぐり❀【和歌山】

寒い日が続きますが、かわいい花を愛で心ほっこり。各地でキレイな花が咲き始めていま…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用