知っていますか?和歌山の「アメリカ村」ってどんなとこ?【美浜町】

出典:電話局の写真館

美浜町三尾地区は明治時代から多くの人がカナダに移住し、その影響もあって移住から戻った人たちを中心に村には洋風の家が建てられ、帰国した人たちは洋風の生活をしていたことから、三尾は「アメリカ村」と呼ばれるようになりました。そんな風情豊かな三尾の町を紹介します。

多くのカナダ移住者を輩出し、
帰国者が生活した街並み

美浜町三尾地区は明治時代から多くの人がカナダに移住しました。移民者からの送金で、村には洋風の家が建てられ、帰国した人たちは洋風の生活をしていたことから、三尾は「アメリカ村」と呼ばれるようになりました。

出典:わかやま観光情報

 貧しい漁村であった三尾村出身の工野儀兵衛氏が、1888年(明治21年)にカナダへ単身渡航。
バンクーバー郊外で盛んな鮭漁の有望さを村民に伝えたことから、同村民が次々とカナダへ
出稼ぎに出かけたそうです。
そして、帰国した方が洋風の家を建てたり生活習慣を伝えたことから、三尾は「アメリカ村」と
呼ばれるようになったとのこと。
出典:電話局の写真館

カナダ移民の父、工野儀兵衛を筆頭に
鮭に湧いた街へと続々移住

加奈陀三尾村人会(明治33年) 出典:和歌山県

工野 儀兵衛

出典:和歌山市民図書館

工野 儀兵衛(くの ぎへえ)

安政元年(1854年)~大正6年(1917年)
日高郡美浜町 生まれ

明治19年(1886年)、海外雄飛のため横浜へ向かう。海外航路の船員達からカナダのスティブストンは農業や漁業の将来性があるという話を聞き、カナダ行きを決意。
明治21年(1888年)横浜を出航して、カナダ・バンクーバーに到着した。フレザー河を上る鮭の大群に驚き、「フレザー河にサケが湧く」と三尾村に報告した。漁業の将来性を見て村人を呼び寄せ、以後三尾からの移民は毎年数十名を数える。多くの村民を移民させた儀兵衛は、カナダで食料品店兼旅館(村民の下宿所)を経営し、移民生活に貢献した。
~中略~ 儀兵衛の呼び寄せに始まるカナダ移民は、「カナダの三尾村」を作り、母村は「アメリカ村」と呼ばれるようになった。移民によって村の財政を支えるほどになり、周辺の経済や文化に大きな影響を与えた。また、カナダ太平洋岸の鮭漁業の発展に大きく貢献したのである。
出典:和歌山市民図書館

現在もカナダ、スティーブストンには
記念碑や儀兵衛の名残りが

出典:Fu.Ta.Tabi.

詳しい事は

Fu.Ta.Tabi.
http://plaza.rakuten.co.jp/2tabi/diary/200605200001/

当時の貴重な資料などが展示されている
アメリカ村カナダ資料館

日ノ岬パークにあるアメリカ村資料館には、移住者のカナダでの生活の様子がうかがえ、移住者が苦難と闘いながら、現在の生活を築いた資料や生活用具・写真などが、展示されています。
出典:和歌山どっとTV

住所:和歌山県日高郡美浜町三尾2113
時間:9:00~17:00

コーヒー&ランチ メリケンハウス

Googleマップで見つけました。
現在も営業されているのでしょうか?せっかくだから行ってみたいですね!

いかがでしたでしょうか。
昔の和歌山にはすごい人が居たんですね。先人の知恵と勇気に見習いたいものです。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、必ず事前にご確認ください。

関連記事もCHECK!
↓↓↓

ラピュタの世界へ!友ヶ島でハイキング♪【和歌山市】

今回は加太から船で20分で行ける友ヶ島のハイキングコースをご紹介。ジブリ「天空の…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用