【世界遺産】中辺路町ちかつゆ散歩

出典:instagram

世界遺産「熊野古道」が通る、田辺市中辺路町近露(ちかつゆ)の里。山々に囲まれた盆地の風景は、平安の御代とそんなに変わっていないのかもしれませんね。いにしえのロマンにも思いを馳せながら、美術館やカフェなどを巡る「ちかつゆ散歩」を楽しんでみませんか。

世界から注目されている2人の共同設計作

熊野古道なかへち美術館

熊野古道なかへち美術館は、現在国際的に活躍する建築家ユニット「妹島和世+西沢立衛/SANAA」が最初に手がけた美術館です。美術作品を新しい空間で見せ、アートを通じた交流の場を生み出す、という構想のもと設計され、1998年に旧中辺路町立美術館として開館しました。
2005年から市町村の合併により、田辺市立美術館の分館として新たなスタートをきっています。
(出典:田辺市)

なかへち美術館
日本画家・野長瀬晩花と南画家・渡瀬凌雲の作品を中心とする郷土ゆかりの日本画家作品など1000点以上収蔵し、展示している。建物は、光が放出しているガラス箱のような特徴的な外観である。館内は展示室を囲むように回廊があり、裏側に休憩コーナーがある。回廊とロビーは全面ガラス張りになっているので、そこで古道の美しい風景を眺めて過ごすこともできる。古道を歩く人々が気軽に立ち寄れるスポットである。
(出典:Wikipedia)

なかへち美術館2
この美術館は建築家
「妹島和世+西沢立衛/SANAA」の最初に手がけた美術館・・・とのこと。
交流スペースからはシロツメクサが咲いている風景が見えて”女子が好きそう~(≧▽≦)”・・・な空間でした! (出典:Facebook)

熊野古道なかへち美術館

和歌山県の熊野古道中辺路の近露近くの山々に囲まれた谷間に建つ近代的な公立美術館で…

住所:
〒646-1402 和歌山県田辺市中辺路町近露891
営業時間:
午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
定休日:
毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日・振替休日のときはその翌日)祝日の翌日(土・日曜日を除く)12月28日〜1月4日展示替期間

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

足湯でまったり身も心も癒される♡

箸折茶屋 禊の湯(みそぎのゆ)

地域の特産品の販売や地元でとれた新鮮な食材を使用してリーズナブルな価格で軽食などが楽しめるお店。また足湯が楽しめる「禊(みそぎ)の湯」も隣接しており、身も心もほっこり癒されます。

禊の湯
足湯「禊(みそぎ)の湯」も隣接しており、サイフォンで入れた本格コーヒーを飲みながらほっこりと温まることができます (出典:中辺路町商工会)

そのおススメという日替り定食。 人気商品だけに売り切れ次第終了でしたが、この日はまだありました。しばらくして運ばれてきた料理を見た途端、嫁さんとふたりビックリしてしまいました! 菜の花が添えられた焼き鮭、地元で獲れた胡瓜、レタス、プチトマトにハムが入ったサラダ、地元産のかぶらの二杯酢、そしてメインはクリームシチュー、これにも地元の野菜が入っていました。

日替り定食 500円

ご飯の米も地元産、水は野中の清水を汲んでるんだそうです。  正味の地産地消ですね! この内容の日替り定食は、大阪でもなかなか食べられませんね。 ほんまにすごいです!どれも手抜きなしで手間暇かけて作られた感がある「お母さんの味」です! (出典:食べログ)

箸折茶屋

熊野古道の九十九王子の一つ、近露王子に隣接する食事処で、多くの古道ウオーカーが立…

住所:
和歌山県田辺市中辺路町近露907-2
営業時間:
7:00~15:30
定休日:
月曜

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

カフェも楽しめる画家「野長瀬 晩花」の生家を改装した交流施設

ちかの平安の郷 かめや

日本画家の野長瀬晩花が生まれてから10代まで過ごした生家であり、かつて宿屋「かめや」として利用されていた築100年以上経つ歴史ある建物です。 ちかの地域の観光案内や歴史紹介の拠点として、また古民家ならではのどこか懐かしい感じがする空間で、ゆっくりくつろいで休憩頂けます。 (出典:ちかの平安の郷)

かめやさんの名物の鹿と猪のコロッケもオーダー。 それぞれ1つ 200円です。 かめやさんでは定期的にジビエ料理教室も行っているようですね。鹿肉をカツにした「鹿カツ黒カレー」や鹿カツに餅を入れた「鹿カツもっちカレー」もメニューにあります。 缶バッジやキーホルダーなどの小物も販売されていて、玄関横には洗剤なども売られていました。

鹿コロッケ・猪コロッケ

厚みがかなりあるコロッケには、たっぷりのジャガイモとその中にミンチ状の肉が入っています。 ほっこりとボリュームあるコロッケでした。  (出典:食べログ)

ちかの平安の郷 かめや

住所:
和歌山県田辺市中辺路町近露1129
営業時間:
10:00〜16:00

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。


高野山から中辺路・熊野本宮へは「世界遺産 高野山・熊野聖地巡礼バス」が便利!
unnamedバナー


素朴であったかい山里のカフェ

田舎ごはんとカフェ 朴(ぼく)

和歌山の山里でcafeをしています。名前の“朴 bocu”は素朴の朴から。素朴でありのままに…自然のままに… を忘れずに。玄米ランチ・天然酵母ぱん・オーガニックフード・生活雑貨…etc.
(出典:Facebook)

田舎ごはんとカフェ朴(ぼく)

築100年の小民家カフェ。オーナー手作りの天然酵母のパンも絶品…

住所:
和歌山県田辺市中辺路町近露203
営業時間:
10:00~16:00(ランチ11:00~14:00)
定休日:
日・月・火曜日

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

熊野の森の麓で 革カバンと日々のものを販売

Selection ROCA(ロカ)

手縫いの革カバンをベースに、革用ミシンでもバッグを作っています。 シンプルな中にも、エッジの効いたエッセンスの色づけを心がけています。 自分たちの眼を通し選んだ、雑貨類のコーディネートにもこだわっています。 (出典:Facebook)

Selection ROCA

住所:
和歌山県田辺市中辺路近露1300
営業時間:
10:00~16:00
定休日:
水曜日

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

150年続く老舗のお宿

旅館「月の家」

築150年、江戸時代から熊野古道を行き交う旅人を見守り続ける、近露王子に一番近い旅館です。地元の食材が中心のメニューで夜は「さんまずし」朝は「茶がゆ」をご提供しています。
ご希望の方には、翌日のお弁当(めはりずし600円)もありますよ。

月の家3
(出典:中辺路町商工会)

月の家2
ただ一人だけの客のために、手作りのホントに美味しい食事を提供してくださった月の家さんでは、夕食が多すぎてこのお寿司は食べ切れなくて行動食に持って歩いたのだが、翌日食べた時に感動。さっぱりとした酢飯、適度な脂で旨みのあるサンマの味わいが本当に美味しかった。酢で〆てあるので、行動食にぴったりなのだった。 (出典:極にゃみ的日常)

お宿 月の家

近露王子の目の前で、古道を行き交う人を見守り続けて150年のお宿。昔の熊野古道の…

住所:
和歌山県田辺市中辺路町近露905-1

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。


※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

【世界遺産 高野山から中辺路へはこちらが便利】
↓↓↓

春のおでかけは世界遺産へ。和歌山県の聖地を繋ぐ「聖地巡礼バス」で旅を満喫してみませんか? |PR|

春の陽気に囲まれ、自然豊かな和歌山県を便利に観光できるバスが「世界遺産高野山・熊…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用