サロンカーなにわがDD51に牽引されて和歌山県にやってきた!

画像出典:twitter

4月8日・9日、ディーゼル機関車DD51に牽引され、和歌山県にサロンカーなにわがやってきたことをご存じですか?当日は鉄道ファンの方々をはじめ、多くの人で盛り上がってたみたいなんで、SNSで掲載されている投稿を中心にいろいろ集めてみました!

サロンカーなにわって?

1

リニューアル後の展望車(スロフ14 704)

サロンカーなにわは、日本国有鉄道(国鉄)・西日本旅客鉄道(JR西日本)が1983年(昭和58年)9月以降に保有する鉄道車両(客車)で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。鉄道ファンからは「大サロ」、「ミハサロ」[1]という俗称もある。
出典:wikipedia

旧塗装のサロンカー

旧塗装のサロンカー

全車両がグリーン車。7両編成で内容は次のとおり。それまでに改造されたお座敷列車とは異なり、サロンエクスプレス東京と並び、初めて欧風の内外装を施しており、車内は2人+1人掛け千鳥配置のリクライニングシートとなった。シートピッチが広げられたため種車の窓配置とシートピッチが合っていない。スロフ14 703はパノラマラウンジカーとなっている。スロフ14 704の車端は展望室となっている。
出典:wikipedia

車内はこんな感じ

照明や店内の雰囲気はレトロ感満載!あ~、こんな列車に乗って旅してみたい・・・

4月8日・9日限定で和歌山県を駆け抜けました。

その様子がこちら!

この日は特別にサロンカー「くろしお」・「那智」のヘッドマークを付けて、運行されました。

JR和歌山駅を出発するサロンカー。かっこいい~!

さくらと列車もいいですね~!

  日置川に架かる日置川橋梁を通過するサロンカー

海沿いを走ってます。

夕暮れも最高。ディーゼル機関車DD51の赤色が夕日によく合います!

いかがでしたか?一度は乗ってみたいですよね!特別な列車。いつか乗ってやるぞ〜!!

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

タイにうめぼし!?展望列車まで。一度は乗ってみたい和歌山の電車

和歌山市の電車をご紹介。全国的にも人気のタマ駅長がいる貴志川線では外装だけではな…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用