1日でも温泉は楽しめる!和歌山県紀北エリア・おすすめ日帰り温泉スポット |PR|

日頃の疲れを癒すならやっぱり温泉!2017年3月に和歌山県内で京奈和自動車道が全線開通し交通アクセスが飛躍的に向上したおかげで、いろんな施設にお出かけする方も増えたんじゃないでしょうか?今回は1日でも楽しめる和歌山県紀北エリア周辺の温泉施設を厳選してご紹介しますね。

高野山の麓に佇む、癒しの温泉宿。
貴重な「化石海水」の天然温泉を愉しむ

かつらぎ温泉 八風の湯

高野山の麓に佇む温泉旅館「八風の湯」。こちらの温泉の特徴は4つの源泉を愉しむことができる他、第5源泉として貴重な「化石海水」が愉しめること。「化石海水」とは数万年前の地層に閉じ込められていた海水が天然温泉となった貴重な温泉で、ここの濃度は日本でもトップクラス。また塩分濃度が高く、保温と保湿に優れ、湯冷めしにくい特徴があります。

1

露天風呂はもちろん、大浴場の内湯、そして少し熱め湯や強天然炭酸の水風呂など、様々な泉質を楽しむことができます。

施設内にある露天風呂

施設内にある露天風呂

リラクゼーションの施設も充実。

天然鉱石を加熱して室内を暖めるモンゴル式サウナは血流を促進させ新陳代謝を活発にし、身体を芯から温め老廃物を除去します。また入館料に料金が含まれているのもうれしいポイント(※20時まで)。温泉とリラクゼーションを思いっきり満喫できます。

モンゴル式サウナ

モンゴル式サウナ

4

ぜいたく八風膳

温泉に入った後は、ゆっくりと食事を。施設内にあるお食事処「山水」では「お造り」、「天ぷら」、「焼魚」など全9品が堪能できるぜいたく八風膳(税別・2250円)のほか、国産牛のロース肉が堪能できる国産牛ロースじゅうじゅう焼膳(税別・2350円)やさんま灰干し焼膳(税別・1480円)などもいただけます。

かつらぎ温泉 八風の湯

手ぶらでほっこり日帰り温泉「八風の湯」! 高野山の麓にたたずむ癒しの空間。「八風…

住所:
和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702
営業時間:
10:00~22:00(最終受付21:00)
定休日:
年中無休(※メンテナンス休業あり)

壮大な景色は圧巻の一言。 絶景&四季折々のグルメを堪能

休暇村紀州加太

去年(2016年)7月にリニューアルされた休暇村紀州加太。注目はなんと言っても、「インフィニティ風呂」で紀淡海峡が広がる地平線と一体となったかのような露天風呂です。すばらしい眺めを見ながら、心安らぐバスタイムが楽しめると好評です。

_MG_4091_2

今話題のインフィニティ風呂「天空の湯」

昨年にリニューアルして誕生した「紀淡」と「天守」。こちらの内湯は温泉にリニューアルされ美肌の湯として女性に人気なんだとか。ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉の泉質で、神経痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性に効果があるそうで、ハーバル系やノンシリコンなどシャンプーなどのアメニティにもこだわっています。 ※天空の湯はお風呂となります。

2

紀淡海峡をイメージした内湯「紀淡」

女性限定のエステ「山野愛子どろんこ美容」もあり、旅先での最高のリラクゼーションを体験することができます。事前予約となっており、宿泊者様はもちろんランチ&エステなどのお得なコースも

3

画像はイメージとなります。

●【女性専用エステ】
「山野愛子どろんこ美容」の詳細はこちら

s-17_0414-2_2

●【日帰り昼食&温泉入浴付き】LADY KADA~ときめき熊野牛ランチ~ 1人(税込・4,980円)

現在、休暇村紀州加太では和歌山のブランド牛「熊野牛」を使用した特別日帰りプランが用意されています。熊野牛を贅沢に使ったランチで口の中でとろける赤ワイン煮込みや特製デミグラスソースとチーズが絶妙にマッチしたハンバーググラタンなどがいただけます。

休暇村紀州加太

和歌山市加太の高台に位置し、オーシャンビューを満喫できるリゾートホテル。四季折々…

住所:
和歌山県和歌山市深山483
営業時間:
午前11時半~午後2時 (オーダーストップ:13時半)※オーシャンダイニング紀伊の国
定休日:

一度入ると忘れられない、茶褐色の炭酸温泉
温泉成分の結晶には驚かされるばかり。

花山温泉 薬師の湯

知る人ぞ知る、和歌山の名湯と言えばここ。和歌山インターから車で5分ほどというアクセスの良さもあって、平日週末を問わず多くの人が県外からも訪れます。なんといっても自慢は「お湯」県内はおろか国内でも有数の濃度を誇る高濃度の炭酸鉄泉は空気に触れると茶褐色に変化し、湯船はごらんの通り。

_IGP4441

昭和40年代からほとんどその姿を変えていない施設は独特のレトロ感があり、それが更にファンを魅了するのだとか。

「温泉」の画像検索結果

うれしいのが日帰りでも個室が利用できる事(時間制、1人1時間1,250円~)。大広間でも休憩できますが、ゆったりと過ごせるのでおすすめです☆

鯛しゃぶ御膳3日帰りでおすすめなのは梅まだい御膳(2800円※温泉入浴付)
和歌山は串本は紀伊大島で育ったブランド鯛「梅まだい」。黒潮と梅のエキスで育った鯛はさっぱりとした脂、絶妙な歯ごたえ、上質な旨味がかなりの評判。そんなブランド鯛を存分に味わえる入浴付きのプランです。(※ランチメニュー、11時30分位から~14時まで、料理の提供は館内の「お食事処 なごみ」で)

花山温泉 薬師の湯

住所:
和歌山県和歌山市鳴神574
営業時間:
8:00~23:00
定休日:
毎週木曜日(祝日の場合は営業)

海が広がる絶景のロケーションで、
身も心も癒される

紀州黒潮温泉

素晴らしい景色を見ながらゆったりと楽しめる天然温泉が自慢。和歌山マリーナシティ内にあり、目の前にヨットハーバーと和歌浦の海が広がる、絶景のロケーション。

紀州黒潮温泉(露天風呂)海底1,500m、一億年前の地層から湧き出た太古の源泉はナトリウム・マグネシウム・塩化物温泉などを含み、「デトックス」「冷え症」「ダイエット」などに効果的。目の前に広がる絶景オーシャンビューを眺めならが、天然温泉を楽しめます。

大浴場リラクゼーション施設も多数完備。
鉱石から放出される遠赤外線で体を芯からあたためる「ねころびサウナ(岩盤浴)」や体に溜まった疲れを癒してくれる全身リラクゼーションや足ツボマッサージも満喫できます。

■リラクゼーション(営業時間)
11:30~22:30(最終受付22:00)

リラクゼーション

※イメージとなります。

リラクゼーション・岩盤浴などの詳細はこちら

紀州めん●紀州・和歌山名物 紀州めん 680円

「きしめん」と言えば名古屋名物の「きしめん」を思い浮かべる方が多いのでは?その由来は江戸時代、紀州藩の殿様が尾張藩の殿様に平打麺を献上し、それが「紀州めん」と呼ばれ、転じて「きしめん」になったと言われています。麺・出汁にこだわり、紀州めんにアクセントを付けてくれる南高梅はもちろん和歌山産。こちらは人気の1品で「魔法の胡麻ダレ」をかければ、また違った深い味わいが楽しめます。

■レストラン(営業時間)
11:00~23:00(オーダーストップ22:00)

紀州黒潮温泉

素晴らしい景色を見ながらゆったりと楽しめる天然温泉が自慢。和歌山マリーナシティ内…

住所:
和歌山市毛見1525 和歌山マリーナシティ内
営業時間:
10:00~24:00(最終受付23:00) 岩盤浴 11:00~22:00(最終受付21:00)
定休日:
不定休

いかがでしたか?温泉に入って、日頃の疲れた体をたっぷり癒してくださいね♪


関連記事もCHECK!
↓↓↓

紀北エリアに来たら、立ち寄りたい観光スポット6選【和歌山県】

第二阪和国道や京奈和自動車道がこの3月に開通し、和歌山への車のアクセスがよりよく…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用