ハリルジャパンの秘密兵器?!日本代表に選出された加藤恒平選手に期待!【和歌山県出身】

画像出典:instagram

いよいよアジア最終予選も佳境を迎えるサッカー日本代表。そこである1人の選手がサプライズで選出されました。それが加藤恒平選手です。実は加藤選手は和歌山県出身なんですよ!今回はそんな加藤選手の経歴などをご紹介します!

加藤 恒平選手は和歌山県新宮市出身!

* #海外組 #代表 #代表合宿 #samuraiblue #加藤恒平

@yutchy.kがシェアした投稿 –

加藤 恒平(かとう こうへい、1989年6月14日 – )は、和歌山県新宮市出身のプロサッカー選手。
(中略)
小学校1年の時に新宮サッカースポーツ少年団に入団。サッカーにのめり込み、中学進学にあわせ母方の祖母宅がある千葉県に移った。ジェフユナイテッド千葉ジュニアユース舞浜、ジェフユナイテッド千葉U-18で技術を磨いた後、立命館大学に進学した。

出典:ウィキペディア

南米のアルゼンチンや
ヨーロッパの東欧を渡り歩いてきたサッカー選手

2010年、大学3年の夏休みに、アルゼンチンのクラブ入団を目指し渡航。2か月ほど滞在したが、怪我のため入団テストを受けられず帰国。2011年7月に再び渡航。「セファール」と呼ばれる、クラブ未契約の選手が共同生活する施設で約7か月暮らし、プロ契約を目指した。アルゼンチン4部リーグのサカスチパスFCの監督から高評価を受け、契約までこぎつけるも、試合出場に必要なビザが下りず断念し、帰国。
出典:ウィキペディア

一時、現在J2の町田ゼルビアに所属していたことも

帰国後の2012年2月中旬から3週間FC町田ゼルビアに練習生として参加し、3月正式に入団した。しかしチームがJFLに降格したことに伴い、2013年1月に「上のカテゴリーでプレーしたい」という意志が強かったため、町田を退団することとなった。

出典:wikipedia

現在はブルガリア1部リーグ・PFCベロエ・スタラ・ザゴラに所属

現在はブルガリアプレミアリーグのPFCベロエ・スタラ・ザゴラに所属。

2016-17のシーズンは6月1日時点で26試合を消化して、8位(14チーム中)。

加藤選手のこれまでの経歴

2013年8月、モンテネグロ1部リーグのFKルダル・プリェヴリャへ移籍。在籍2シーズン目の2014-15シーズンにはリーグベストイレブンに選出される活躍で、チームを1部制覇に導いた。

2015年6月、ポーランド1部リーグのTSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワへ移籍。2015-16シーズン開幕戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、その後も活躍を続けたものの、チームは2部に降格。

2016年6月、ブルガリア1部リーグのPFCベロエ・スタラ・ザゴラへ移籍。

2017年5月25日、日本代表に初選出された。

出典:ウィキペディア

実際のプレー動画はこちらです!

ポジションはMFで球際の激しさが特徴的!またボールを奪った後に素早くボールを繋げるプレースタイルも評価され、今回の代表招集に至ったみたいですね。

6月7日に行われる強化試合で
代表初出場なるか?

6月7日、日本代表の強化試合としてシリアとのテストマッチが予定されています。この試合で加藤選手が出場するかどうか、注目ですね!


関連記事もチェック
↓↓↓

那智勝浦・新宮に来たら、買って帰りたいお土産【和歌山県】

熊野三山で聖地を歩いた後は、昔ながらのスイーツで疲れを癒やしてみては。那智勝浦町…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用