いよいよ夏本番!アウトドアも、グルメも、絶景風呂も! お楽しみが満載の夏旅へ【休暇村紀州加太】|PR|

海水浴に、プールに、キャンプに、と夏はアウトドアを目いっぱい満喫できる季節。海にも山にも面した自然豊かなリゾートエリア、和歌山市加太ではさまざまなアクティビティが体験でき、多くの観光客でにぎわいます。「休暇村紀州加太」は気軽に楽しめるレジャーサービスを提供中。夏のバカンスに彩りを添えてくれそうですね♪

高台に位置する絶好のロケーションが人気のオーシャンビューホテル

休暇村紀州加太

大阪中心部から車で約1時間の距離ながら、山と海の雄大な自然が広がる和歌山市加太。「休暇村紀州加太」は高台にたつ絶好のロケーションで知られるリゾートホテルです。エントランスの扉が開くと、目に飛び込んでくるのはオーシャンビュー! いきなりの絶景に思わず旅のテンションが上がります!

_S9A3472_2

プライベートにこの美景を堪能したい場合は、全室オーシャンビューのゲストルームもおすすめ♪

_S9A3436

ゲストルームから見る紀淡海峡。手前から地ノ島、友ヶ島、遠くには淡路島も望めます。

加太の自然を思う存分体感! 多彩な夏のアクティビティ

「休暇村紀州加太」では加太の自然を思いっきり満喫できる、さまざまなアクティビティメニューが用意されています。

『天空の城ラピュタ』の世界へ 友が島を散策

友が島へは和歌山県加太港から20分

●船の運航状況・詳細はこちら

http://tomogashimakisen.com/jikoku.html

DSC02713

加太漁港から約20分 和歌山市北西加太沖に浮かぶ「友ヶ島」

「『天空の城ラピュタ』の世界観にそっくり!」と話題の、加太の観光名所・友ヶ島を巡る旅もいいものですよ!

image_20160522175326_1

友ヶ島灯台

砲台跡

砲台跡

初心者も気軽に楽々アウトドア! 「手ぶらでキャンププラン」

IMG_6570

※画像はイメージとなります。

「休暇村紀州加太」にはキャンプサイトがあり、アウトドア志向のファミリーに大好評。中でも人気が高いのは「手ぶらでキャンププラン」。

設備も充実してるから、安心してアウトドアを満喫いただけます。

設備も充実してるから、安心してアウトドアを満喫できます♪

設営済みのテント、キャンプ用具一式&夕食用BBQ食材(肉orシーフード)、朝食(本館「オーシャンダイニング紀伊の国」にて)、本館温泉大浴場「天空の湯」の入浴券がセットになっているので、準備はキャンプを楽しむ気持ちだけ(笑)!

プランの詳細はこちらを
↓↓↓
手ぶらでキャンププラン

日帰りでの利用も可能な「デイキャンプ」もあります。
(11:00~16:00。1区間1000円+管理費1人510円)

DSCN0173

家族や友人と共に過ごす夏休みは、グループ旅行の機会も多いはず。中にはどうしてもアウトドアが苦手な人や、野外での宿泊をつらく感じる高齢者の方なども。「休暇村紀州加太」なら本館にレストランや入浴施設が完備されているので、「宿泊は本館とキャンプ場で別々でも、食事や入浴は一緒に!」というスタイルを選択できますよ。

プールも、磯遊びも、森林浴も。ステイをフルに楽しむ充実の設備やサービス

本館には夏季限定のプールも登場! 深さ90~110cmの大人用プールと、深さ50cm幼児用プールの2種類がそろいます。また、海や川と違って波や潮の流れがなく、監視員が常駐しているため、小さい子ども連れでも安心です。

DSC02011_2

宿泊ゲストは利用料金が通常の半額になるのもお得! ホテル敷地内にあるため、客室で着替えを済ませたり、プールの後に直接大浴場に向かって入浴できる手軽さもいいですね。

DSC01812_2

子供用プールもあるからお子様でも安心して楽しめます。

期間:平成29年7月15日(土)~17日(祝)、7月22日(土)~8月27日(木)9:00~17:00
●料金
宿泊ゲスト
大人 310円 / 小学生 210円 / 幼児 110円 / 見学 100円
ビジター
大人 620円 / 小学生 410円 / 幼児 210円 / 見学 100円

ホテル周辺には遊歩道があり、散策しながら森林浴が楽しめます。約40分のゆったりコースや、約1時間30分の標準コースが整備され、四季折々の植物や鳥、また明治時代に造られた海軍の砲台跡を見ることも。

「休暇村スタッフと行く 早朝お散歩会」は、午前7時から30分間、毎日無料で実施。休暇村のスタッフとおしゃべりしながら、緑濃い加太の森の中、爽やかな早朝散歩を旅の思い出にしませんか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早朝から海を見渡して散歩すれば、最高にリラックスできますよ。

紀淡海峡に面して美しい海岸線が広がる加太の海。加太海水浴場の2017年の海開き期間は7月1日(土)~8月31日(木)まで。海水浴はもちろん、バーベキュー施設や海の家があり、バナナボートやサップ教室などのマリンレジャーも楽しめます。

詳細はこちら
↓↓↓
加太海水浴場(加太観光協会)

子どもが大好きな磯遊びもぜひ。ホテルスタッフブログでその様子を紹介していますので、のぞいてみてください!→休暇村紀州加太スタッフブログ

和歌山の夏のグルメの主役は、やっぱりハモ!

旅の良きお供はその土地ならではの旬のグルメ。「休暇村紀州加太」一押しの食材はズバリ、関西の夏の風物詩「ハモ」です。

ハモイメージ

夏の味覚 ハモ会席

さまざまな料理法で美味を堪能できる「休暇村紀州加太」のハモ会席。毎年楽しみに訪れるリピーター客も少なくないそう。

ハモ会席 (4)

今年のハモ会席のキーワードは、スタンダードな調理法で真っ向勝負。造り、鍋物、焼物、揚物と、料理人が腕をふるい、素材のうま味を引き出した感嘆の料理がそろいます。和歌山近海の魚介類を豪勢に盛り付けたお造りも充実。宿泊でも、日帰りでもいただけますよ。

ハモ (3)

【お品書き】
先付:炙り鱧・鯛昆布締めサラダ仕立て
造り:鱧湯引き・あわび・鯛・カンパチ・まぐろ・海老
大鍋:ハモすき鍋~ハモの骨をこんがり焼いてとった出汁~
焼物:ハモ照り焼き、和歌山山椒添え
蒸物:ハモ茶碗蒸し 南高梅餡かけ
揚物:ハモ天ぷら

期間:平成29年8月31日(木)まで
料金:1泊2食19500円~、料理11000円、温泉入浴付き12000円

早くも話題! 今夏デビューの新名物「ハモバーガー」も

フロント横のスカイカフェ 「風の歌」では、早くも話題の「ハモバーガー」が今夏デビュー。

絶景を楽しみながらティータイムを満喫できる「スカイカフェ」

絶景を楽しみながらティータイムを満喫できる「スカイカフェ」

骨切りしたハモをフライにし、加太菜園で採れたトマトと、レタス、大葉とともにバンズにサンド。南高梅を使った特製梅マヨネーズの酸味が、ハモのうま味を絶妙に引き立てています。

鯛バーガー②

期間:平成29年8月31日(木)まで。毎日11:30~14:00
料金:500円 ※コーヒーor紅茶(I・H)のセットで800円

絶景のインフィニティ風呂で、旅の疲れを癒やす

大浴場の露天風呂「天空の湯」

「休暇村紀州加太」といえばインフィニティ風呂。といっても過言ではないほど、言わずと知れた大浴場の露天風呂「天空の湯」。

休暇村5

ちなみに、インフィニティ風呂とは…

絶景の風景や海が水面と一体化して見えるお風呂の事で、近年その解放感が話題になるなど、今注目のお風呂なんです。

キャンプ場の利用者は大人600円、小人300円の割引価格で入浴できますので、ぜひ絶景を堪能しながら旅の疲れを癒やしてくださいね。また毎日12:00~15:50まで日帰り入浴(大人1200円、小人600円)も行われています。


今年の夏旅は「休暇村紀州加太」で、アクティビティを満喫、グルメとお風呂で癒やされて、元気をチャージしてくださいね。

休暇村紀州加太

和歌山市加太の高台に位置し、オーシャンビューを満喫できるリゾートホテル。四季折々…

住所:
和歌山県和歌山市深山483
営業時間:
午前11時半~午後2時 (オーダーストップ:13時半)※オーシャンダイニング紀伊の国
定休日:

ロゴ2
住所:和歌山県和歌山市深山483
TEL:073-459-0321

おすすめ記事もCHECK!
↓↓↓

大人も子ども楽しめる!この夏に行きたい磯遊びスポット【和歌山県】

魚や貝や海草など海の動植物と触れ合える磯遊び。子どもはもちろん大人も童心に返って…

【NEWS】わかやまのニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用