紀州材のふるさとで感動体験。紀州国土建設の伐採ツアーに行こう♪|PR|

住まいへの天然無垢材の使用を推奨する紀州国土建設。同社が毎年秋頃に実施するのが「伐採ツアー」です。実はこのツアー、伐採現場を間近で体感し、その本当の良さを知っていもらいたい、という想いから長年にわたり実施しているのですが、純粋に家族みんなで楽しめるうえ、木材に対する価値観も高まると大変評判になっています。いったいどんなツアーなんでしょうか?気になるその中身について、昨年の実施風景を参考に紹介します。

伐採ツアーってなに??

IMG_1552
木造の家づくりにとって本当の意味で「要」となる材木。
一般的に、私たちが目にする時には既に加工された状態ですが、このツアーでは‘どんなところに植えられているのか’から始まり、実際に伐採する現場や加工を目の当たりにすることで、よりその価値を体感することができるんです。

実際の伐採地での見学は感動もの
元の姿を目にすることで、より深い想いを。

国土建設 (24)_small2

プロセッサー(造材機械) とは枝払いから均等にカットする作業、集積を一貫して行う機械のこと。

伐採に使用される専用の機械「プロセッサー」。ふだんはなかなかお目にかかれないシロモノですが、間近で見るとその迫力に圧倒されます!

動画はこちらで↓(youtube)

子どもたちにも大人気☆

IMG_1363
機械の運転席に座って、得意顔(笑)ご機嫌ですね☆

大迫力の倒木の瞬間!
実際にみると、圧倒されます。

動画はこちらで↓(youtube)

え??と思うほどの林道の急な坂道をバスで登った先が伐採現場。

見学者全員の目が一本の木に注がれ、周囲の緊張感が一気に高まるなか、樹齢50年以上の大木が倒れる様はまさに圧巻。それはまさに、木の家に対する想いが一層強まる瞬間ともいえます。
(2015年は樹齢90年のものを切りました!)

現場で作業をされる方、凛としてカッコいいです。
ちなみにこちらは樹齢90年のもの!
2F8A2388_1_small

伐採現場を見学した後は、いよいよお楽しみのランチタイム♪

お昼ごはんは手作りカレー
そして恒例の大声大会が面白い♪

スタッフ手作りカレーは大人気。なんとお代わり自由なんだとか

IMG_1416_2

大声大会は毎回笑いが絶えない催し物。
日頃のストレスをここでハッサンしちゃえ~~ww

IMG_3143_small

木材が作りだされる過程に感心の声
木を知り尽くした匠の技を目の当たりに。

2F8A3016_1_small 2F8A3042_1_small

伐採を見学した後は、製材の現場も見学します。
家づくりの最も大切な部分でもある木材を生み出す職人たちは、住む人の想いに応えるためにも一切の妥協も許されません。木に向かう表情は真剣そのもの、熟練の技はここでも光ります。

ツアーを終えてみて
参加者の感想

2F8A3098_1_small
ご家族で参加のNさん
「伐採しているところを見る機会や、どんな木が良い木なのか、学ぶ機会もなかなかないので子どもにも良い経験になりました。やっぱり、木のぬくもりの良さを実感しました。」
と、あらためて木に対する想いが強くなった感想をいただきました。

もちろん2017年度も開催します
参加のお申込み受付中。
開催日:2017年10月21日(土)

大人も子どもも伐採の光景に目がくぎ付け!
大迫力の瞬間をご家族で共有しませんか?

無題

詳しくは下記電話番号までお気軽にお問い合わせください!
073-426-5669
国土建設株式会社 まで

WEBでの伐採ツアーへの申込はこちらから直接リンクします
↓↓

申込フォームリンクバナー

紀州国土建設のfacebookページにもいいね!してね
↓↓
www.facebook.com/kisyukokudokensetsu
images

 

国土建設の施工事例集のページにアクセス!
↓↓
https://works.kokudo-kensetsu.co.jp/

国土建設の関連記事もご覧ください。
↓↓

女性設計士が女性の目線で。デザインだけではない、住み心地の良い家。【紀の川市貴志川】|PR|

いつかは建てて住みたい、マイホーム。流行りの洗練されたデザイン住宅や天然の素材を…