11月30日まで毎日運行! 秋の聖地巡りは「世界遺産『高野山・熊野』聖地巡礼バス」で【和歌山県】|PR|

和歌山が誇る世界遺産の地、高野山と熊野。旅の限られた時間内で、幾つものパワースポットをスムーズに移動したいなら、期間限定の路線バス、世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バスがおすすめ。名湯として知られる温泉郷もルート上にあり、心身ともに癒やされる世界遺産の旅を体感できます。利用者限定の特典も用意されていますよ!

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バスとは?

2つの聖地を結び、乗り換えがスムーズでアクセス至便!

約1200年前に弘法大師空海が開いた真言密教の地、高野山。神話の時代から神々が棲まう自然崇拝の地、熊野。どちらも「紀伊山地の霊場と参詣道」として2004年に世界遺産に登録されてから、国内外問わず多くの観光客が癒やしを求めて訪れています。

0001バナー広告_プレミアム

この2つの聖地を結ぶ路線バスが、世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス。南海りんかんバス株式会社、龍神自動車株式会社の2社が運行し、乗り換えがスムーズでアクセス至便。和歌山の広大な地に点在するパワースポットや観光地を効率よく周遊できると話題を呼んでいます。さらに10月1日より先着1,000名様に「紀州材製御朱印帳」がプレゼントされる特典も。(※詳細はページ下部をご覧ください)

_S9A0047

高野山・奥之院前を通過する世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス/ルートマップ&停留所

【高野山・聖地巡礼バス・ルート&停留所】

高野山駅前ー千手院橋―奥の院前―護摩壇山(乗り換え)―季楽里龍神―龍神温泉ー栗栖川(乗り換え)―湯の峰温泉―渡瀬温泉―川湯温泉―本宮大社前

_S9A9992

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス(南海りんかんバス株式会社)

聖地巡礼バス_2

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス(龍神自動車株式会社)

高野山と熊野本宮大社を結ぶ約4時間30分のバス旅(停留所:護摩壇山・栗栖川で乗り換えあり)。路線バスなので自由に途中下車が可能で、例えば高野山を散策・宿泊後に、龍神温泉に移動して宿に一泊。翌日に熊野本宮へ向けて出発、または高野山から一気に熊野本宮まで向かい、熊野本宮温泉郷で一泊など、自分らしい聖地巡礼をカスタマイズできます。

壇上伽藍

高野山・壇上伽藍

2

高野山・奥之院

3

熊野本宮大社

25

熊野本宮温泉郷(湯の峰温泉)

和歌山の豊かな自然を車窓から満喫。温泉郷を巡れるルート構成もうれしい!

移動中の車窓からは緑深い熊野の山々の絶景をゆったりと観賞できるのも、バス旅のいいところ。自然豊かな高野・熊野にはさまざまな絶景スポットがありますが、その中の一つ、バスの停留所「護摩壇山」(約20分ほど停留・乗り換え)にある「ごまさんスカイタワー」からは、思わず息を飲むほどの広大な山並みの美景を一望できます。

_S9A5390_車窓

バスの車窓から見える景色。緑に色づく広大な山並みが広がります。

14

15

ごまさんスカイタワーと、高台からの絶景。

また、古より熊野古道をたどった巡礼者たちが立ち寄ったように、聖地巡礼バスでも4カ所の温泉町にルートを設けていて、宿泊・入浴が可能です。

●日本三美人の湯で名高い

龍神温泉

19

●1800年以上前に発見され、日本最古の湯といわれる

湯の峰温泉のつぼ湯

26

●西日本最大級の大露天風呂が楽しめる

渡瀬温泉

渡瀬温泉1

出典:厳選かけ流しわかやまの湯

●川原を掘り起こせば自分だけの露天風呂が出来上がる

川湯温泉

川湯温泉1

川底から絶えず湧き出す70度以上の源泉に、熊野川の支流大塔川が混ざり合い、程良い温泉が出来上がります。旅館が用意した露天風呂もあります。

出典:熊野本宮観光協会

そのほかにも立ち寄りたいおすすめスポットがいっぱい

パワースポットが点在する高野山・熊野本宮エリアは見どころが多彩にそろいますが、ここでは特に旅行者に人気のスポットを厳選して紹介します。

●高野山

標高約850メートルの山上に開かれた真言密教の聖地で、金剛峯寺、壇上伽藍、奥之院など拝観スポットが数多くそろいます。精進料理を味わったり、修行を体験したりできる宿坊泊も人気です。

金剛峯寺_正門_2

●高野龍神スカイライン

高野山と龍神温泉を結ぶ全長42.7kmの山岳道路です。周辺の「紀州の屋根」とも呼ばれる護摩壇山を中心に、ブナなどの原生林が広がっており、10月下旬から11月上旬にかけては山全体が紅葉で色づきます。

スカイライン2

出典:わかやま観光情報

●護摩壇山(ごまさんスカイタワー)

_S9A5370

源平の合戦に敗れこの地に落ち延びた、平家の平維盛が護摩木を焚いてその命運を占ったといわれる伝説の山です。

その山頂近くには、ごまさんスカイタワーという護摩供養の護摩木を積み上げた形のユニークな塔があります。ここからは360度の大パノラマで素晴らしい山々の風景が楽しめます。

出典:龍神観光協会

●龍神温泉

龍神村の山あいにある温泉郷で、弘法大師が開湯されたと伝えらえる古湯。群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉とともに「日本三美人湯」としても有名です。

龍神温泉郷

龍神温泉郷

●熊野本宮大社 (※停留所:栗栖川より龍神自動車が運営するバスに乗り換え)

熊野速玉大社、熊野那智大社とともに熊野三山のひとつで、檜皮葺(ひわだぶき)の社殿は国の重要文化財に指定。導きの力を持った神的存在である八咫烏(やたがらす)をモチーフにした御守りや、『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な、漫画家の荒木飛呂彦がデザインした「和の守」も人気。来年は創建2050年を迎えます。

_S9A5483

熊野本宮大社

●鬪雞神社(停留所「栗栖川」で紀伊田辺駅方面に乗り換え)※別途運賃が必要

熊野三山の別宮的存在として、熊野信仰の一翼を負った鬪雞神社。熊野本宮の社頭景観を伝える社殿群であることから、2016年10月に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録されました。

田辺・闘鶏神社

田辺・鬪雞神社

_S9A5565

鬪雞神社境内に建つ湛増と弁慶の像

バス利用者に向けた特典も用意! 活用してさらに楽しいバス旅を♪

【特典】先着1000人に紀州材製御朱印帳をプレゼント(対象条件あり)

0001_イメージ

※イメージとなります。

聖地巡礼に重宝する「紀州材製御朱印帳」がもらえる特典が用意されています。先着1000人限定。開始日は平成29年10月1日(日)からで、無くなり次第終了です。対象条件や引換方法など、詳細は下記にアクセスを。

【対象条件】
● 旅行会社発行の聖地巡礼バスクーポン
をお持ちのお客様

● ネット予約又はコンビニ予約で決済のお客様
※運賃が5,000円の区間に限ります。
(高野山駅前・千手院橋・奥の院前〜渡瀬温泉・湯峰温泉・川湯温泉・本宮大社前)

詳細は公式ページをご覧ください⇒
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バスホームページ

【特典】バスチケットの提示による割引サービスやプレゼントも

また、バスのチケットを提示するだけで、施設使用料金の割り引きや、お土産をもらえる特典もあるので、ぜひ利用してくださいね。

スカイタワー14-780x520

ごまさんスカイタワー

【特典1】●ごまさんスカイタワー
(停留所「護摩壇山」下車)

・スカイタワーの入場券 300円が200円に

季楽里龍神_内湯

季楽里龍神 内湯

【特典2】●季楽里龍神
(停留所「季楽里龍神」下車)

「季楽里龍神」龍神材をふんだんに使った木の香漂う、やすらぎの宿です。
・軽食(どんぶり、うどん、そばなど)の注文で龍石鹸をプレゼント
・日帰り入浴料金が700円→550円に

旅の始まりと終わりは南海特急「こうや」・JR特急「くろしお」号で

高野山の玄関口、高野山駅へは南海電鉄高野線・特急「こうや」を利用。熊野本宮大社の参詣後は田辺市を散策、または熊野速玉大社や熊野那智大社をお参りする熊野三山をめぐる旅もいいですね。帰路はJR特急「くろしお」号を利用し、太平洋の眺望が美しい車窓を眺めながら、新大阪、京都に向かって旅を締めくくることができます。

w780_2_こうや

w780_2_

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バスの利用情報はこちら

運行スケジュール

運行日は11月30日(木)まで毎日運行
(運行休止日が発生する場合あり)。
運行便数は平日1往復(午前便)土・日曜と祝日は2往復(午前・午後便)
時刻表はこちらを参照ください。

運賃&チケット予約方法

高野山駅前~本宮大社前
大人5000円、子ども2500円
高野山駅前~龍神温泉・季楽里龍神
大人2900円、子ども1450円
龍神温泉・季楽里龍神~本宮大社前
大人2500円、子ども1250円
※すべて片道料金

ご利用の際は事前にご予約ください。

予約1予約2 予約3 予約4

・当日も聖地巡礼バスの車内でお買い求めいただけますが、席数に限りがございますので満席の場合はご利用いただけません。

・天候や道路事情により運行できない場合があります。


今回は高野山・熊野聖地巡礼バスをご紹介しました。赤や黄色に染まる秋の世界遺産の地で、自分らしい巡礼の旅を満喫してくださいね。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

【和歌山県】美しすぎる!世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』のスポットまとめ

和歌山で世界遺産に登録されている『紀伊山地の霊場と参詣道』。今回は、観光名所とし…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用