楽しく学んで備えよう。防災キャンプ参加者募集中(申込9/29まで)|PR|

テントの基地作りや焚き火挑戦など、新しい仲間と一緒に1泊2日のキャンプを楽しみながら防災について学べる体験!みんなで協力しながら、自然の中で様々なことを体験し、もしもの時に備えて、生き抜く技を身に付けましょう。

ピンチの時にきっと役に立つ!遊びの中で考え学ぶ

楽しく学ぼう防災キャンプ2017

昨年4月に発生した熊本地震では、避難所となる建物が壊れ、テントや自動車で過ごす避難生活が注目されました。自然災害の大きな力を抑えることはできないけれど、身を守り、被害を小さくするのは一人ひとりの備えと行動次第です!
自然の中で身体を使って実際やってみる「体験」は、ピンチの時にきっと役に立ちます。
好評のこの企画は、今年で第3回をかぞえます。 キャンプで楽しく学んで、正しく備えましょう!

防災キャンプ2

 

自然の中で楽しみながら学べる体験

おもなプログラム(予定)

【10/14(土)キャンプ1日目】
防災ってなに?
快適テントの基地作り
焚き火に挑戦
野外炊事体験(1)
ナイトハイク・星空観望

【10/15(日)キャンプ2日目】
野外炊事体験(2)
まとめのワーク「考えようわたしたちにできること」
テントの畳み方

防災キャンプ4
みんなで力を合わせてテント作りに挑戦!

防災キャンプ3

防災キャンプ5

ポリ袋を使って、楽しい料理体験!自然の中で食べる温かいご飯の味は格別です!

防災キャンプ
寒くても、薄くて軽いアルミブランケットを羽織れば温か~い。

防災キャンプ6
みんなで仲良く物作りも体験できちゃう!

参加方法はこちら

申込み方法【9/29(金)まで】

日 時:2017年10月14日(土)午前 9:30集合(受付9:15~)15日(日)午後16:00解散
場 所:和歌山県立紀北青少年の家(かつらぎ町中飯降)
対 象:小学3年生~中学3年生  募集人数:28名(先着順)
参加費:一人 ¥7,000 (宿泊費・食事3食分・教材費含む)

指導者:和歌山県シェアリングネイチャー協会 指導者
中谷 和紀(日本防災士会 防災士)
林 美由貴(日本キャンプ協会キャンプディレクター1級)ほか
参加者の氏名・学年・性別、保護者の氏名・日中連絡先を明記して、ファックスまたはe-mailにて下記へお送りください。
〆切 9月29日(金)必着(ただし先着順で定員になり次第締切り)
お申込みされた方には、事前説明会とキャンプの詳しいご案内をお送りいたします。

【お申込み・お問い合わせ先】
和歌山県シェアリングネイチャー協会 事務局(担当:鈴木)
和歌山県橋本市山田476
電話:090-9053-6806
FAX:0736-32-0047
E-MAIL: dutch-suzuki@mbn.nifty.com

主催:和歌山県シェアリングネイチャー協会  後援:かつらぎ町教育委員会(申請中)
この事業は、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて実施されます。


おすすめ記事もチェック
↓↓↓

今年の十五夜は10月4日! 大自然の中で楽しむムーンウオッチングスポット4選【和歌山県】

秋の代表的な行事の一つ、お月見。2017年の中秋の名月は10月4日です。すすきや…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用