紀の川の景色や限定グルメを楽しむ! かつらぎの道の駅【かつらぎ町】

和歌山県の紀北に位置し、町の中心部に紀の川が流れ、風光明媚な景色が美しいかつらぎ町。気候が年間を通して温暖なため、四季折々のフルーツが楽しめます。高野山参詣道とともに、世界遺産に登録された丹生都比売神社”丹生都比売(にうつひめ)神社もあり、見どころ満載。そんな魅力あふれる町にある、これまた魅力的な道の駅を紹介します♪

紀の川の雄大な流れを眺めながら、ホッと一息つく道の駅

紀の川万葉の里

北部の和泉山脈、南部の紀伊山地に挟まれて、悠然と流れる紀の川を眺望できる場所にある「道の駅」が、平成7年、古代の「萩原の駅跡」近くに設けられた。
施設内の軽食喫茶「まほろば」では、かつらぎ町の景勝地である、船岡山や妹背山を一望しながらしばし憩いのひとときを過ごし、「農産物直売所」で地元産の新鮮な野菜・果物など土産物が楽しめる。 また、「歴史街道 iセンター」は、来訪される方々のオアシスとして地域の歴史・文化を映像とパネルで紹介し、より楽しい旅の情報を提供している。
最近、紀の川の河川敷に「紀の川万葉の里公園」が新設され、家族連れや友達グルー
プの利用客が増えている。

出典:かつらぎ町観光協会

紀の川万葉の里
道の駅『 紀の川万葉の里』は、万葉集に15首も詠まれた地で、南山妹山・北に背山を望む景勝の地にあります。気候は四季を通し温暖で、栗、柿、桃、ぶどうなどが収穫できる果物の楽園と言えます。目の前では紀の川や美しい山並みを一望することもできます。
(出典:Facebook)

紀の川万葉の里2
和歌山県・道の駅紀の川万葉の里をピックアップ!道の駅ツアーでも人気のこちらの道の駅には「他とは違うよ!」という自慢の味がたくさん。
(出典:Facebook)

道の駅 紀の川万葉の里

西の玄関口、道の駅「紀の川万葉の里」は万葉集に15首も詠まれた地で、南山妹山・北…

伊都郡かつらぎ町窪487-2
物産品展示販売室 ・・・【11月~2月 8:30~17:00】【3月~10月 8:30~18:00】 情報提供施設 ・・・8:30~17:00
無休

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

京奈和自動車道で唯一のパーキングエリアで極上ソフトを喰らう!

かつらぎ西

果物・野菜のみならず、地元産品を使った加工品も人気です。ソフトクリーム等も販売しております。ぜひ休憩にお立ち寄り下さい。
(出典:和歌山県ホームページ)

京奈和自動車道、道の駅第一号店です。フルーツ王国かつらぎ町の果物などの農産品や地元特産品を販売。
出典:かつらぎ町観光協会

かつらぎ西
#オリジナルミルクソフトは半分こしていただきました☆
濃厚だった。。!
(出典:instagram)

道の駅 かつらぎ西

特産品販売コーナーかつらぎ町を中心とした地域の農産品や加工品、特…

伊都郡かつらぎ町笠田東1271-28
7時00分~19時00分

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご連絡ください。

焼きたてを楽しめるベーカリーショップが大人気!

道の駅 くしがきの里

2017年4月2日にオープンした和歌山県伊都郡かつらぎ町滝にある国道480号(平道路)の道の駅。
地元農産物を取り扱う直売所をはじめ、パン工房やレストランも備わっています。また、岩出市で人気のパン屋さん「小麦処 福みみ」が道の駅くしがきの里にもオープン。本店では食べれない、道の駅くしがきの里店限定のパンが並んでいるようです。

くしがきの里2

くしがきの里3

出典:くしがきの里ホームページ

週末のドライブで和歌山へ。父鬼バイパスの開通で本当にアクセスしやすくなりました。

途中、道の駅くしがきの里に立ち寄ります。
道の駅では地産の野菜や果物を求めることができます。梅や柑橘を求めるのにうってつけですね。
道の駅にはパン屋さんが併設されています。「福みみ」さん。
岩出に本店があるパン屋さんのようです。

出典:食べログ

道の駅 くしがきの里

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字滝53-1
9:00~17:00日曜営業

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご連絡ください。


歴史もグルメも楽しめるかつらぎ町に来てくださいね。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

小腹が空いたら「ちょっと寄ってく!?」。道の駅の名物うどん&そば【紀中~紀南編】

ドライブ中にお腹が空いたら気軽に立ち寄れる「道の駅」。レストランやフードコーナー…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね