【和歌山の県立自然公園】美しい景観と歴史の深み。高野山町石道玉川峡 ~前編~

出典:twitter

丹生の滝をはじめとして、多くの滝が美しい景観をおりなす玉川峡を筆頭に、高野山町石道、宝来山神社の三地域から構成される自然公園です。なかでも高野山石道は鎌倉時代からの古道で、周辺には歴史的価値の高い史跡も多く残ります。まさに、自然の風景美と歴史を楽しむことができる公園へ行ってみませんか。こちらでは、高野山町石道エリアを中心にご紹介します。

重要文化財も多く擁する
由緒正しい神社

宝来山神社

社伝によれば、宝来山神社の創建は宝亀(ほうき)年間(770~780)に和気清麻呂公(733~799)が八幡宮を勧請し、八幡山と呼ばれるようになったのが始まり、とされています。
出典:宝来山神社

kasedanosho
紀伊国桛田荘絵図は中世の村落景観を描いたものとして有名で、中学校(社会科)、高等学校(日本史)の教科書にも取り上げられています。桛田荘は紀の川の中流域、現代のかつらぎ町笠田地区にあり、西暦1183年(寿永2年)に後白河法皇が文覚上人の働きかけに応じて京都神護寺に寄進された荘園です。
出典:宝来山神社

宝来山神社

宝来山神社は和歌山県伊都郡かつらぎ町にあり、南に紀の川の清流を、西には万葉集に1…

和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原56番地

 

弥勒菩薩を本尊とする
女性が多く訪れる神社

慈尊院

慈尊院

慈尊院の本尊である弥勒菩薩は、別名「慈尊」といい、そこから慈尊院と呼ばれるようになりました。お母様の命日が2月5日であることから、毎月5日は弥勒縁日となっており、ご近所の方々がお参りになっています。ほかにも多くの仏様が祀られております。
出典:九度山町観光情報

おっぱいの形の絵馬を奉納するらしいです

弘法大師ゆかりの参詣道

高野山町石道

 

かつらぎ町 高野参詣町石道

高野七口といわれる高野山の登山道七本のうち弘法大師空海によって高野山の開創直後に設けられた参詣道です。紀ノ川流域の慈尊院(海94m)から高野山壇上伽藍(815m)を経て高野山奥の院弘法大師御廟に至る高野山への表参道です。町石道が開かれた当初、弘法大師は慈尊院から高野山までの道沿い一町約109mごとに木製の五輪卒塔婆を建立したとされます
出典:かつらぎ町観光協会

 

圧倒的な美しさを誇る、世界遺産の構成資産

丹生都比売神社

丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ/にうつひめじんじゃ、丹生都比賣神社)は、和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある神社。式内社(名神大社)、紀伊国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。別称として「天野大社」「天野四所明神」とも。全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社である。「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されている。
出典:wikipedia

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

平成16年7月7日、世界遺産として登録された丹生都比売神社は、高野山の地主神とし…

和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野 230

 

和歌山県のレッドデータブックにも載っている
貴重な植物群落

矢立の墓地林

紀北地域で唯一のまとまったタブ林を形成する植物群落。ウラジロガシ等の常緑広葉樹もみられ、環境省特定植物群落に選定されている。 図1

 

 

 

 


矢立周辺の様子
図2出典:Google

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

おすすめ記事もチェック
↓↓↓

山や海。和歌山の自然に癒される自然公園5選【紀中】

自然豊かな和歌山の「自然公園」をご紹介。今まで知らなかった和歌山の絶景が存在し一…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら

↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね