自宅で気軽にできるホワイトニングケアで、白く輝く美しい歯をキープ |PR|

清潔感にあふれ、魅力的な笑顔を演出してくれる歯のホワイトニング。ドラッグストアなどでもホワイトニング用のグッズが多数販売され、オーラルケアに対する世間の関心の高さがうかがえます。ここでは自宅でできるクリーニングケアと注意点を紹介、さらにより効果的な「ホームホワイトニング」もお伝えします。

2bc9980f3d8aeb6b339b7b79171228cd_s

歯の黄ばみの原因はさまざま

「食後にきちんと磨いているのに、歯が黄色い…」。そんな悩みを持つ人は少なくないと思いますが、歯の黄ばみの原因は大きく分けて2つあります。

1.飲食物や嗜好品による、歯の表面の着色

カレーやコーヒー、赤ワインなど色の濃い食べ物や飲み物は着色しやすく、タバコのヤニも黄ばみの原因の一つ。これらの飲食物や嗜好品による着色は歯の表面のみであることが多いため、気になる人は日常生活でも意識して避けるようにし、同時に市販のホワイトニンググッズを使えば、ある程度の着色は防げます。

また、歯石や歯垢による汚れが原因のときは、歯科医院で専用器具を使ったクリーニングも効果的です。

2.歯の内部からの黄ばみや、加齢、体質などによる色の変化など

一方で、歯の内部まで蓄積された汚れや、加齢による象牙質の層の黄ばみなどから、歯の色がくすんで見えることもあります。また、むし歯、神経がない歯、体質などさまざまな原因が考えられるケースもあり、これらの場合は歯科医院で相談・診療後、歯の内部から漂白する方法もあります。

自宅でできるホワイトニングケア

市販のホワイトニング製品で、気軽にデイリーセルフケア

「歯の表面の着色」を除去するために、歯磨き粉や歯の消しゴム、ホワイトニングペンなど、さまざまなホワイトニング製品が販売されています。多種多様にそろうため、個々のライフスタイルや希望価格に合ったものが気軽に選択できるのもいいですね。

使用する上で注意したいのは、市販の製品は着色を削って落とす研磨剤が使われているものが多く、「強い力でこすらない」「商品の説明書などに書かれた使用頻度を守る」などを心掛けて、歯や歯茎にダメージを与えないようにしましょう。

研磨剤で付いた傷に汚れが蓄積しやすくなったり、歯の表面のエナメル層が削れて内部の象牙質の黄色い色が透けることにより黄ばんで見えることもあるからです。

医師が指導し、専用薬剤で歯そのものを漂白する「ホームホワイトニング」

「表面の汚れ落としだけではいやっ!」というこだわり派は、歯そのものを白くする「ホームホワイトニング」もあります。

歯科医の指導の下に行われるホワイトニングで、歯型を取ってマウスピースを作成し、自宅でそのマウスピースに専用の薬剤を自分で注入。1日2時間、約2週間ほどの装着で、歯の内部から漂白していきます。通院回数は歯科医院により異なりますが、約1、2回程度。仕事や家事などで忙しい人にもおすすめです。

歯科医院でのホワイトニングは自費治療となり、費用は異なります。

924715ec5f7049f22b1d2dd6dc9f270a_m

歯科医院で行うホワイトニングのメリットとは

歯科医が現在の歯の状態をきちんと診察した上で、個々に合ったホワイトニング方法を的確に判断するので、初めての人でも安心して憧れの白い歯を実現できます。

医師のみが取り扱える過酸化水素または過酸化尿素の薬剤を使用。ホワイトニング効果を高めるために、歯の表面のクリーニングや施術後のアフターケアなども万全で、元の歯の色に戻りにくく、汚れも付きにくい歯をキープできるメリットがあります。

「ホームホワイトニング」以外にも、歯科医や歯科衛生士など歯のプロが施術する「オフィスホワイトニング」や、ホームとオフィス、2つの施術法を併用した究極のホワイトニングといわれる「デュアルホワイトニング」など、さまざまな施術が用意されています。気になる人は審美歯科治療を行う歯科医院を訪ねて、相談してみてはいかがでしょうか。


かわさき先生_2
監修日:2018年5月25日
監修医:医療法人 かわさきデンタルクリニック
理事長: 川崎 豪彦 先生
国際口腔インプラント学会 認定医

HP:https://www.kawasakidentalclinic.com/

※ホワイトニングは自費治療のため、医療施設により料金や施術内容が異なります。文章内の情報は取材先の「かわさきデンタルクリニック」のものです。

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

この記事が気に入ったら「いいね!」してね