【子どもの歯科矯正】早めの矯正で子どももママも笑顔に!|PR|

子供の歯の矯正を考える上で、不安を持つ親御さんも多いんではないでしょうか?「子どもの歯並びが気になるけれど、矯正っていつから始めるの?」「費用も結構かかりそう…」。実は子どもの矯正治療には「大人で始めるより治りやすく安い」や「生活習慣や健康面の向上」など、いくつかメリットも考えられます。

今回は医療法人かわさきデンタルクリニック・理事長の川崎 豪彦 先生に「子どもの矯正治療」をテーマにいくつかの質問に答えてもらいました。

s_180829-21


Q.歯並びの悪さやかみ合わせの原因はなんですか?

出典:フォトAC

出典:フォトAC

A.(川崎先生)

子供の歯並びが悪くなる原因に遺伝的な要因もありますが、基本的には生活習慣や顔の周りの筋力の低下が原因で起こっていることがほとんどです。
「指しゃぶり」「爪噛み」「お口ポカン」「舌の動かし方」などの悪習癖です。

見た目が気になるだけでなく、食べ物をよく噛めなかったり(クチャクチャ音を立てる) 舌足らずのような発音になったり、また口呼吸になりやすいため風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、眠りが浅くなりやすいなど他にも様々なことが起こり生活面に影響が出る場合があります。

Q.子どもの矯正治療は何歳ごろから始めた方がいいですか?

フォトAC

出典:フォトAC

A.(川崎先生)

年齢にかかわらず「気が付いたときが治療のスタート」です。

歯がデコボコしている、歯が内側から生えてきている、出っ歯や受け口が気になるなど歯並びが気になったり、前述のような生活習慣が生じたら、矯正歯科医や小児歯科医に一度相談してみるといいでしょう。

カウンセリングで原因をつきとめ、治療方法や費用を相談することができます。できれば小学校高学年には治療を終わらせるようにしたいですね。

そして最も大切なことは矯正治療と並行してMFT(口腔筋機能療法 )という訓練を行うことです。
簡単に言うと舌やお口まわりの筋肉を鍛えることによって正常な動かし方をマスターしよう!っていうものです。

そのトレーニングをすることにより「後戻りの防止」「矯正治療の円滑化」「悪習癖の治療」に役立ちます。

子供の顎や骨は柔らかいことからバランスを整えやすく歯が動きやすいため治療がスムーズに進みます。
小さいあごを広げ、あごの正しい成長を促すことにより永久歯がきれいに生え揃うようにスペースをつくりますので、抜歯の可能性を減らすことができます。

そしてMFTによりお口本来の機能を取り戻すことができ、健康で素敵な口元と笑顔を手に入れることができます。

Q.子どもの矯正治療のメリットは何ですか?

出典:フォトAC

出典:フォトAC

A.(川崎先生)

子どものあごや骨はやわらかいことからバランスを整えやすく、あごを広げて歯を並べる「すきま(スペース)」をつくることが簡単なため、健康な歯を抜かずに矯正を行うことができます。

治療のスタートが遅くなればなるほど、抜く永久歯が多くなるのはまぬがれません。

また治療期間が短く済み、経済的な負担も少ないなどのメリットも挙げられます。

Q.費用はどれくらいかかりますか?

出典:フォトAC

出典:フォトAC

A.(川崎先生)

矯正治療は一般的に自由診療であり、治療時期や状態、矯正装置によって費用も大幅に異なります。

「日本小児歯科学会」HPに記載されている料金は以下のようになっていますので、参考にしてみてください。

一般的には、乳歯列期( 子どもの歯だけ)の料金は30,000 ~ 200,000 円、混合歯列期( 子どもの歯と大人の歯がまざっている) の料金は、150,000 ~ 600,000 円、永久歯列期( 大人の歯に交換後) の料金は、500,000~ 1,300,000 円とかなり幅があります。

出典:日本小児歯科学会

「額変形症」など健康保険が適用されるケースもあります。

また、医院によっては矯正費用のローンや分割払いなどを用意しているところもありますので、まずはかかりつけ医に確認してみてください。

Q.かかりつけ医には「永久歯が生え変わるまで必要ない」と言われましたが…。

出典:フォトAC

出典:フォトAC

A.(川崎先生)

先生によって考え方は様々ですので、もし気になるようでしたら矯正を行なっている歯科医院でセカンドオピニオンを受けられてみてはどうでしょうか?

永久歯が生えてからの矯正治療では、歯を並べるスペースを確保するために健全な歯を抜く必要がある場合が多いです。

一方、顎を広げてから歯を抜かずに矯正できることが多く、矯正治療も比較的安くすむことが多いです。ただどちらもメリットデメリットがありますから、しっかりと歯科医院で相談されることが大切です。


いかがでしたか?

今回は「子供の歯科矯正」をテーマに、質問に答えていただきました。

小さいころから歯医者さんに通う習慣を身に付ければ、虫歯などのトラブルも早期に発見できそうですね。ママも一緒に定期検診を受けて、親子でいつまでもきれいな歯をキープしましょう!

監修日:2018年9月28日
監修医:医療法人かわさきデンタルクリニック
理事長: 川崎 豪彦 先生
国際口腔インプラント学会 認定医

先生紹介画像

HP:https://www.kawasakidentalclinic.com/

 

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用