自然に囲まれてリラックス♪廃校をリノベしたカフェや宿5選【和歌山】

出典:食べログ

使われなくなった木造校舎をリノベーションし、カフェや宿泊施設に変身。ノスタルジックな空間が逆に新しい、そんなカフェや宿泊施設を紹介します。どのお店も温もり溢れる雰囲気でどこか懐かしさも感じる素敵なお店ばかりです。

山の中の本を読めるカフェでゆったりしたときを過ごして

bookcafe kuju(新宮市)

取り壊し予定だった小学校を改装してできたカフェ。本格的なエスプレッソマシーンで入れた珈琲の他、きめ細やかな泡で作るラテアートなどが楽しめ店内は珈琲の良い香りが漂います。
校舎内には他にも、パン屋さん「むぎとし」もあり、地元の方にも人気。パンを購入した後、カフェで美味しい珈琲などと一緒に食べることも可能。

kuju
ランチ(出典:食べログ)

2011年の紀伊半島大水害で被災した廃校の旧九重小学校を改装している店舗で、パン屋の「パンむぎとし」とカフェ&本屋の「bookcafeKUJU」が入っています。
木のぬくもりを感じるステキカフェ。パン屋で買ったパンを持ち込むこともできるし、ランチプレートなどもやっています。(中略)
ここのパンは自家栽培の麦を自家製粉して自家培養の天然酵母を使って自作の石窯で焼くというこだわりのパン。きのことチーズのフォカッチャを買ってカフェでいただきます!見た目は天然酵母らしくハードながら中はふわふわ。モチモチ。これはみんな買いに来ますよ。オンラインショップでも買えるようなのでパン好きの方はぜひ。 (出典:食べログ)

book cafe kuju

2011年の紀伊半島大水害で被災した旧九重小学校を有効活用し、カフェと本屋として…

住所:
和歌山県新宮市熊野川九重315 旧九重小学校
営業時間:
金・日曜の11:00~18:00
定休日:
月~木曜、土曜

ひとつ、ひとつが手作りの
地元の食材をふんだんに使ったスローフードバイキング

秋津野ガルテン(田辺市)

田辺市上秋津にある、廃校になった木造校舎を再利用してできた施設。
校庭内にある「農家レストランみかん畑」では、地元の野菜や旬の食材を使った料理を地元のお母さん方が作るスローフードバイキングが堪能でき、その他お菓子体験工房や宿泊施設など上秋津の魅力が詰った施設となっています。また、旧校舎内中に入れば、どこか懐かしさがを感じれタイムスリップしたような気持ちで楽しめます。

スローフードバイキング 農家レストラン みかん畑
地域の新鮮な食材を活かした、郷土料理を中心に約30種類以上のヘルシーなランチバイキングを楽しんでいただけます。気候のいいときはオープンエアーの庭もご利用ください。秋津野の里を感じて、田辺を感じていただける料理でおもてなしいたします。 (出典:秋津野ガルテン)

秋津野ガルデン

都市と農村地域の交流を楽しむための体験型グリーンツーリズム施設で、旧上秋津小学校…

住所:
和歌山県田辺市上秋津4558-8
営業時間:
各施設・体験により異なる
定休日:
各施設・体験により異なる

 有機無農薬の小麦を使った体と心に優しいパン

パン工房 木造校舎(新宮市)

廃校になった小学校をリノベーションしたパン屋さん。小麦の味わいを活かすため、生地は粉と水と塩だけを使いパンに使用している全粒粉はすべて自家産。無農薬未科学肥料で、毎週使う分だけをひいてさまざまなイベントなどに参加しています。

木造校舎
出典:Facebook

ホシノ天然酵母、天然塩、水だけを使い、砂糖や乳製品、油脂などははいりません。全粒粉は、お米で言えば玄米をひいた粉。皮(ふすま)と胚芽に含まれる豊富な食物繊維・ビタミン・ミネラル類がすべて入っています。しかし、その分酸化も早く、鮮度が命。いつどのように製粉された全粒粉なのかが大切です。
「木造校舎」の全粒粉は、無農薬・有機栽培で私たち自身が栽培した小麦を、丸ごと挽く「完全粉」。これを新鮮なうちに使います。畑に小麦の種を蒔くところから、出発したパン屋です。
(出典:パン工房木造校舎)

自家産全粒粉のパンの店。パンを並べて店で売るのは第二日曜日のみ。
その他の週は、水曜日まで予約をもらった分を金曜日に製造、発送または受け渡し。
(出典:Facebook)

パン工房 木造校舎

廃校を利用し、自家産の全粒粉で作られたパンのみを販売。パンを並べて店頭で売るのは…

住所:
和歌山県新宮市熊野川町西敷屋1022
営業時間:
11:30~16:00 ※第2日曜のみ
定休日:
店は第2日曜のみオープン。基本的に発注システム

熊野古道ウオーカーの宿にぴったりのロケーション

小口自然の家(新宮市)

自然に囲まれた場所にある、かつて中学校だった校舎を再利用してできた宿泊施設。
自然を活かしたレクリェーションや教育の場としての活用のほか熊野古道を歩く方や観光客の方など幅広くご利用いただける施設です。
屋外には多目的に利用できるグランドがあり、隣にはテントを張るフリーサイトキャンプ場その他野外炊事施設ももあります。

小口自然の家
出典:twitter

小口自然の家は、旧中学校を利用した宿泊施設で、自然を生かしたレクリェーションや教育の場としての活用はもちろん、古道歩きや観光などのために幅広くご利用いただける施設です。
現在、11の客室(和室)と広間、屋外には多目的に利用できるグランド、隣にはテントを張ることのできるフリーサイトキャンプ場、さらには焼肉などが出来る野外炊事施設も整っています。
(出典:小口自然の家)

小口自然の家

旧中学校を利用した宿泊施設で、熊野古道歩きや観光などの利用者が多い。11の客室(…

住所:
和歌山県新宮市熊野川町上長井398
定休日:
第2・4日曜、12月28日~1月4日 ※変更の可能性あり

廃校舎の宿泊棟で修学旅行の再現を!(^^)!

森林公園丹生ヤマセミの郷(田辺市)

日高川の支流・丹生ノ川の上流にあるキャンプ場です。川を挟んでコテージ・テントサイトと、廃校の小学校を利用した宿泊施設・多目的集会所があります。また、平成13年にオープンした温泉館も人気です。 (出典:龍神観光協会公式サイト

丹生ヤマセミ温泉は、大自然につつまれた清流丹生ノ川沿いの「森林公園丹生ヤマセミの郷」にあり、平成10年泉源開発を利用した施設で「美人を作る美白湯」として評判を得ております。

丹生ヤマセミ温泉
ヤマセミ内風呂 お湯はアルカリ性単純温泉で美人湯として評判を得ています。

丹生ヤマセミ温泉
露天風呂からは清流丹生ノ川と熊野の山々望、四季の移り変わりが楽しめます。
(出典:丹生ヤマセミ温泉)

ちなみに、ロカル編集部員もシルバーウイーク中に行ってきました!
校舎はこじんまりとしていて、教室3つ、ホール、給食室のみ。
教室すべてが宿泊施設となっていましたが、泊まったのはうちの家族のみでかなりのんびりできました。
娘(4歳)は2段ベッド初体験だったため大興奮。
露天風呂も1日4回も入ったし、帰る際は「ここで一生暮らしたい」と泣き叫ぶほど気にいっていました(笑)

ヤマセミ全体 ヤマセミ玄関

ヤマセミ廊下 ヤマセミベッド

森林公園丹生ヤマセミの郷 

住所:
田辺市龍神村丹生ノ川275-2
定休日:
4月~10月(11月~3月 土日のみ営業) ※11月1日~3月31日は休館 火曜日 ※祝日の場合は翌日定休日

山の景色を楽しみながら、廃校リノベスポットめぐりはいかがですか。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もチェック
↓↓↓

近くて便利!JR和歌山駅周辺カフェランチ4選【和歌山市】

ビジネスや遊びの中心地である、JR和歌山駅。そこから徒歩10分以内で行ける、ラン…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用