プライバシーと自然光の両立。細やかなアイデアが随所に光る、4人家族の新しいカタチ。コージーホーム モデルハウスリポート【和歌山】|PR|

和歌山市内に、この7月完成したばかりの 「コージーホーム(城善建設)」のモデルハウス。
「一般的に、住宅展示場のモデルハウスは、大きな建物を建てる傾向がありますが、当社は、戸建て住宅の平均サイズでどれだけのことができるかを見せています。4人家族を想定した間取りで、実生活を想像しながら見学していただくことができます」
とは、今回取材を担当していただいたコージーホームのトータルハウジングアドバイザー、瀧本さんのコメント

印象的でモダンな外観はもちろん、“プラスアルファの住まい”を提案している同社のアイデアがギュッと詰まった、その全貌をレポートします!

見た目は「窓が少ない」のに明るい家。

玄関から庭へと伸びる土間

コージーホーム (5)
「コの字」で両サイドを囲む形のエントランス。
思いのほか明るく、外からの視線も気になりません。
玄関を入ると、特徴的なのが「土間」
コージーホーム (10)
シックな風合いのタイルを使用することで、屋内での用途を明確に分けながら、落ち着いた雰囲気を演出。
そのまま真っ直ぐにテラス風の庭へと伸び、その途中には客人を迎える和室が。
つまりは、来客の際に`靴のまま’和室へと案内することもできる構造なんです。

 

和室は土間で仕切られた「離れ」、客人のプライバシーを確保

和室からはエントランスの中庭を望むことができます。
コージーホーム (9)
引き戸を閉めれば、完全な「離れ」となり、客人を迎える最適な空間になりますね。

採光もエアコン効率もバッチリ。なワケ

リビングルーム

リビングルームについて語る前に、このシンプルモダンの素敵な外観を見て、なにかお気づきになりませんか?
コージーホーム (11)
そう!「窓が少ない」のです!つまり「プライバシーが確保されている」のです。
でも、家の中が暗くなったりしないんでしょうか..大丈夫、ご安心ください!
どうですか、この明るいリビングルーム!
コージーホーム (13)
2Fの大きな窓から吹き抜けを介して届く光と、リビングのスリット窓からの光でこの明るさ。
照明は右上に見えるダウンライトのみなので、採光の良さが伝わります。

おすすめの「ピットリビング」でくつろぎを体感

ここでまた、気になるところが..
リビングルーム、床面より一段低くなったところがありますけど…これは?

これこそ、まさにコージーホームさんイチオシの「ピットリビング」。
実際にそこに座ってみると..
コージーホーム (7)
まるで露天風呂にでも入っているかのような独特の「囲まれた」感じがよりくつろぎを増します。
そして一段低くなることで、天井が少し高くなり、開放感が広がることもメリット。
ここに来た時に、実際に座って体感してほしいポイントのひとつです☆

 

エアコン効率もしっかりと

また、一般的に吹き抜け構造の場合、心配なのがエアコン効率ですよね。
しかしながら、こちらでは2F部分の窓を閉め切ることできるため、その心配はご無用♪
コージーホーム (3)
吹き抜けは断熱性能の高いガラス戸で仕切られ、光だけを通すため、1Fの温度を保ちやすい構造に。

また、リビングと土間の仕切りは可動式。
季節の良い時期であれば、空けることで明るく広々とした雰囲気に。
反対に、寒い時期や来客の際には、戸を閉めることでエアコンを効率よくしたり、プライバシーをまもることも可能なのです。

↑↑↑
こちらの動画でその開閉をご覧下さい。

中庭を眺めながらお風呂に..
もちろん、外からは見えません。

バスルームと中庭

バスルームからは緑も眩しい中庭が..
コージーホーム (15)
露天風呂とはいかないまでも、工夫次第でこんなに日常のやすらぎが変わるんですね。

ちなみに、中庭からバスルームはこんな感じでつながっています。
コージーホーム (4)
アイデア次第でさまざまな空間になりうる「中庭」もポイントのひとつ。

 

2Fにも、さまざまな工夫が

プラスワンリビング

コージーホーム (1)
2階には同社が得意とする「プラスワンリビング(屋上庭園)」も設置。
開放的でありながら、外からの視線を感じない空間は、読書やバーベキュー、家庭菜園など日々の暮らしにやすらぎを添えます。
聞けば、同社で家を建てた人のなかでは、この屋上庭園に湯沸かし器と家庭用プールを設置して、露天風呂を楽しんでいる人もいるとのこと!
自宅で星空を眺めながら露天風呂なんて..なんて素晴らしんでしょうか!

遊び心あふれる空間で、毎日がもっと楽しくなる

寝室 ~メゾネットで空間を有効に~

さて、ここで問題です。
この写真はいったいどこからの眺めでしょうか??

コージーホーム (17)
屋根裏部屋?屋上庭園?

いえ、寝室です!
_MG_0996-2
寝室にはロフトを設置、ロフトといっても単に寝るだけではもったいないくらいのちょっとした空間なんです。
趣味の空間として、遊び心あふれる構造ですね。

また、写真でもわかるように部屋の上部に窓枠を設置する「トップライト」により、彩光の効率が通常より30%ほど良くなるとのことで(※実績比)、明るく、プライバシーもバッチリ☆

中庭を隔ててつながる、「個」と「個」の調和

子供部屋

子供部屋は2部屋

DSC_0815
それぞれの部屋には掃き出しの大きな窓があり、2Fの中庭を挟む形で隣り合っています。

「きょうだい」とは言えども、それぞれのプライベートは大切。
でも、つながりは感じたい..
それを具体的に形にしたのがこの構造ではないでしょうか。
窓からの自然光は子どもたちの成長にもきっとよい影響を与えますよね。

コージーホーム (2)
今回取材を担当していただいた、トータルハウジングアドバイザー 瀧本啓喜さん

構造面では、国が目指す低炭素社会(CO2削減)の実現に向け、建物全体でエネルギーの消費量を減らす同社独自の基準「未来基準の省エネ住宅MIRAI」を採用。 省エネ、耐震、耐火、低炭素住宅、シックハウス対策、遮熱・気密、地盤調査、かし担保責任保険などが標準装備されています。

制限のある区画でも、最大限に楽しむ。それが家づくりにおいて大切なところ。
キッチン、玄関、寝室の大容量収納や防犯面を考慮した採光の取り方、空間の使い方など、参考になるアイデアが盛りだくさん。これから家づくりをと検討している人は、同社の知恵と技術が結集されたモデルハウスに一度足を運んでみて。
もちろん、見学は無料です。
【問い合わせは下記より】

コージーホーム モデルハウス KTV和歌山総合住宅展示場

心地よく、豊かな暮らしを叶える住まいのカタチ、4人家族にちょうどいい間取りと大き…

住所:
和歌山県和歌山市小雑賀781 KTVハウジング 和歌山総合住宅展示場内
営業時間:
10:00~18:00

同社の最新情報を知りたい人は、
城善建設株式会社(コージーホーム・ASJスタジオ)公式facebookページにいいね!してね。
↓↓↓下記をクリック
logo-facebook2