【和歌山のすごい人】漫画家、田村由美さん

駿河屋.jp

漫画家は日本にたくさんいるけれど、人気作家となるとごくわずか…。
そんな厳しい世界の第一線で大活躍する、田村由美さんも実は和歌山出身だったのです!

田村 由美(たむら ゆみ、9月5日)は、日本の漫画家。和歌山県出身、東京都在住。女性。おとめ座のO型。
1983年(昭和58年)、『別冊少女コミック』(小学館)9月号増刊に掲載の「オレたちの絶対時間」でデビュー。
主に『別冊少女コミック』(小学館)で執筆していたが、現在は活動の場を同社『月刊フラワーズ』に移し、「7SEEDS」を連載中。
ウィキペディア

 

躍動感あふれるアクションから、サイコホラーまでジャンルは幅広い。
SF的な要素も取り入れ、既存の少女漫画とは一線を画している。
ウィキペディア

地元和歌山でもその実力が認められ、文化功労賞を受賞されました。

田村由美さんのトークショーを拝聴しに和歌山県民文化会館へ行ってきました。
田村由美さんは昨年度の和歌山県文化功労賞を受賞された和歌山出身の漫画家で、大ヒット作『BASARA』や『7SEEDS』などを世に生み出した方。
躍動感のある作品からは想像もつかないくらい物静かな口調の田村さん。内に秘めたるパワーをヒシヒシと感じました。
facebook

田村由美のマンガはハズレなし!
全部面白い!!
ガールズちゃんねる

大ヒットした「BASARA」

1990年より別冊少女コミックで連載を開始した「BASARA」は、荒廃した未来の日本を舞台としたSFを描き、
テレビアニメ、ドラマCD、小説と多数のメディアミックスがなされるヒットを記録した。
同作で第38回小学館漫画賞も受賞している。
コミックナタリー

小学館の漫画賞といえば、『銀の匙 Silver Spoon』や『名探偵コナン』なども受賞している、超スゴイ賞ですよ!

文明崩壊後の日本を舞台にした架空戦記という、従来少年漫画の独擅場と思われていたジャンルで、
少年漫画を超えるスケールのドラマを少女漫画らしいラブストーリーを絡めて描かれている。
また、児童性的虐待の描写が数多く執筆されている。
ウィキペディア

「少女漫画家でありながら、少女漫画の枠を超えている」と、読者からの絶賛の声も多数…。

私は漫画の中で一番BASARAが好きです。何度読み返したかわかりません。つい最近も読み返しました。
泣いたシーンは沢山ありすぎてキリがないです;;好きなシーンもキリがありません。というか全てです(笑)
YAHOO!知恵袋

以下は、鋭いコメントが集まることで評判の、AmazonのBASARAレビューです。

僕は男性で、おまけに学校で国語の教師をしていると言う、・・・そんな人間ですが、・・・。これは、いっぱしの文学作品にも匹敵する名作です。僕がこの作品を知ったのは、何年も前に、当時の教え子でとてもものを見る目が有ると感じていた生徒に、「最近、何か面白い読み物があるかい?」と尋ねたところ、「マンガでもいいですか?」と言うので「マンガかい?」と内心は思いながら、でも、話を聞いてみたのです。
すると、あまりに熱心に「これは間違いなく名作です。」と語るので、こいつがここまで言うのなら信じてみようと、その日の帰りに当時出ていた全26巻を一気買いして帰ったのです。

で、当たりでした。あいつの目は間違ってなかった。それを信じた私も間違ってなかった。僕はこれ以上の優れた大河ロマンのマンガを知りません。初めはモロに少女マンガの絵面を見て、「うわぁ〜、これは外したか」とも思いましたが、侮る無かれ少女漫画。

まあ、生徒を信じた私を信じて、読んでみて下さい。うちの家内は、3年に一度くらい、「久しぶりにBASARA読み直そう。」と言って全巻を読み直しています。とにかく、・・・泣けちゃうんですから・・・。これは読んでおかなくちゃあ。
Amazon.co.jp

今も連載している「7SEEDS(セブンシーズ)」

近未来SFサバイバルストーリー
巨大隕石が地球に衝突し、人類は滅亡する。この最悪な予測に対し、政府は策を講じた。それが「7SEEDS」計画。
才能ある若い男女を選抜し、7人1組で5つのチームを作り、冷凍保存によって人類の種を残すというものだ。

やがて、未来の世界で目覚めた若者たちは、苛烈な環境にさらされ、仲間との別れや出会いを繰り返しながら、懸命に生きようとしていた———
小学館

またもや、壮大なスケールで描く超大作。さらに…

2007年に、平成18年度(第52回)小学館漫画賞少女向け部門受賞。
ウィキペディア

また、小学館漫画賞とってる!!これホントすごい!!!

「男でも読める少女漫画」として男性ファンも多いのです。

以下のサイトから、1巻が試し読みできますよ。

http://sol-comics.shogakukan.co.jp/solc_dtl?isbn=4091380131

ドキドキの展開に、目が離せなくなるはず・・・!
しかも、まだ連載中の7SEEDS。10月には30巻が発売されるということで、期待大です。

出てくるキャラ全員が主人公のような漫画。
出てる巻は全て読んでますが、ぶっちゃけ重いシーンが多くて号泣しっぱなしです。
でもそれだけじゃなくて笑いどころもあり、みんなの成長、仲間の言葉や行動に救われる(命も心も)シーンもたくさんあります。

少女漫画が苦手な私でも読めるので、同じように苦手な方にもオススメ。
気軽には楽しめない作品ですが、是非読んで頂きたいです!
Amazon.co.jp

この秋は読書の秋として、田村由美さんのマンガに浸るのはいかがでしょうか?
「もしかしてこれ、和歌山がモデルなのかな?」なんて、楽しい想像もできそうですね。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。

関連記事もCHECK!
↓↓↓

【和歌山のすごい人】3Dアーティスト 永井秀幸さん

わっ!本当にその場にあるみたい…。紙とペンだけで立体感のある世界を作り出す …