秋の風物詩、和歌山で楽しむ紅葉の名所6選【和歌山・紀南】

紀伊山地の山々と海や川の美しい景観を楽しむことのできる和歌山県紀南地方の秋の紅葉の名所を紹介します。熊野古道のある田辺市では巨岩の見せる絶景を楽しめる奇絶峡や福定の大銀杏、ツーリングやドライブで楽しめる高野龍神スカイラインの景色。古座川町でも光泉寺の大銀杏や紅葉に色づく一枚岩の景色が広がります。新宮市では和歌山県・奈良県・三重県にまたがる瀞峡で紅葉のクルージングも。紀伊山地の豊かな自然と特異な地形や巨岩の雄大な景色を見に来ませんか?

夕日を浴びて黄金色に輝く大イチョウ

光泉寺(古座川町)

古座川町三尾川(みとがわ)にある光泉寺の境内にある大銀杏。
和歌山県下最大級の大銀杏として知られるこの銀杏の大木には無数のコブが垂れているのが特徴です。
このコブが女性の乳房のように見えることから子授けイチョウと呼ばれ、安産や子宝のご利益があると言われています。
青空に映える黄色いイチョウの葉が晩秋には地面一面を覆い、幻想的な風景を見せてくれます。

◇見頃:11月下旬~12月上旬
◇場所:東牟婁郡古座川町三尾川302
◇お問合せ:古座川町産業振興課(0735-72-0180)

◆詳しい情報はこちら→http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

光泉寺

光泉寺(こうせんじ)に、町の文化財に指定されている大きな銀杏の木があります。…

和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川302

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

 

日本屈指の大渓谷瀞峡の紅葉クルージング

瀞峡(新宮市)

吉野熊野国立公園内の奈良県・三重県・和歌山県にまたがる、国の特別名勝の渓谷。
渓谷の周囲は日本で最も原生林が残り、太古の自然の雄大さを感じることができます。
瀞峡を運航しているウォータージェット船から眺める巨岩・奇石と紅葉の美しい景色は歓声が漏れるほど。
川面からそびえたつ高さ45mの天柱岩や亀岩、こま犬岩など迫力ある景色と、渓谷の間にかかる吊り橋「山彦橋」など見どころが続きます。

◇見頃:11月下旬~12月上旬
◇場所:新宮市熊野川町志古
◇お問合せ:新宮市観光協会(0735-22-2840)
※瀞峡観光ウォータージェット船に関しては熊野交通志古営業所(0735-44-0331)へ

◆詳しい情報はこちら→https://www.shinguu.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

181009momiji_2

 

高野山奥の院から田辺市龍神村をつなぐ国道371号線の絶景

高野龍神スカイライン(田辺市)

紀州の屋根と呼ばれる護摩壇山の中腹や五百原渓谷を通る高野龍神スカイライン。
護摩壇山を頂上とする龍神村の山並みに、原生林の雄大な大樹海を染める紅葉の山々を眺めることができます。
標高1000mにある五百原渓谷はブナやウルシなどの木々が黄色に色づき谷沿いを彩ります。
源平合戦に敗れて落ち延びた平維盛の伝説が残る小森谷渓谷では、紅葉と一緒に楽しめるお万ヶ淵や赤壺、白壺といった見どころも。
ツーリングやドライブの休憩がてら、赤や黄色に染まる山々の眺めに癒されましょう。

◇見頃:10月下旬~11月上旬
◇場所:田辺市龍神村
◇お問合せ:龍神観光協会(0739-78-2222)

◆詳しい情報はこちら→http://www.ryujin-kanko.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

高野龍神スカイライン

和歌山県伊都郡高野町奥の院交差点と田辺市龍神村を結ぶ、延長42.7kmのドライブ…

和歌山県伊都郡高野町奥の院交差点~田辺市龍神村

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

 

数本に分かれる幹にこんもりと色づく黄金色のイチョウ

福定の大銀杏(田辺市)

国道311号線を通ると、目に飛び込んでくる黄色く色づいた銀杏の巨木。
福定の宝泉寺境内にあり樹齢推定400年のこの銀杏は「福定の大銀杏」と呼ばれ親しまれています。
幹の周囲は5.3m、高さは22m、根元から4mの位置で幹が数本に分かれ「千本銀杏」との別名も。
木の下から見上げると黄色の天井に圧倒されます。

◇見頃:11月上旬~11月下旬
◇場所:田辺市中辺路町福定
◇お問合せ:中辺路町観光協会(0739-64-1470)

◆詳しい情報はこちら→http://www.nakahechi.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

宝泉寺

秋、国道311号線を車で走ると、緑の木々の中で、そこだけまるでスポットライトが当…

和歌山県田辺市中辺路町福定

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

 

巨岩に映る季節の移ろいが美しい古座川のシンボル

古座川峡(一枚岩)(古座川町)

国の天然記念物に指定される高さ約150m・幅約800mの一枚の巨岩。
巨岩の作る壮大な風景の中に、春には桜、秋には紅葉が岩を包むように色づきます。
太地の岩を好んで食べた怪物が、一枚岩だけは食べそこね、その時に付いた歯形が岩の凹みになったと伝えられています。
雨が降り続いた時に上の池から水が溢れでて出現する「陰陽の滝」は、魔物の悔し涙に見えるそうです。
古座川ならではの風景を作る、まさに古座川のシンボル。

◇見頃:11月下旬~12月上旬
◇場所:東牟婁郡古座川町相瀬
◇お問合せ:

◆詳しい情報はこちら→http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

一枚岩

古座川町相瀬地内にある国指定の天然記念物は、高さ100メートル、幅500メートル…

東牟婁郡古座川町相瀬

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

 

奇岩と絶壁が見せる紅葉の絶景

奇絶峡(田辺市)

田辺市の会津川上流にある渓谷で、「奇岩と絶壁の峡谷」という名にふさわしい渓谷。
春の新緑や桜、夏の不動滝、秋には紅葉と、朱色の滝見橋から四季折々の渓谷美を楽しむことができます。
大小無数の様々な奇岩がいたるところに点在しており、迫力のある景色の中に眺める紅葉はこの渓谷ならでは。
中でも不動(赤城)滝のはるか上方、一枚岩に刻まれている堂本画伯の原画「磨崖三尊大石仏」も見事です。
◇見頃:11月中旬~11月下旬
◇場所:田辺市秋津川
◇お問合せ:田辺観光協会(0739-26-9929)

◆詳しい情報はこちら→http://www.tanabe-kanko.jp/
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認の上お越しください。

奇絶峡(きぜつきょう)

奇絶峡は田辺市の会津川の上流にある渓谷で、春の新緑や桜、夏の涼しげな不動滝、秋に…

和歌山県田辺市秋津川

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。


今年の秋はどこの紅葉を楽しみますか?
和歌山の秋の観光と一緒に赤や黄色に染まる自然を満喫してくださいね!

 

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

 

関連記事もチェック
↓↓↓

美しい秋の風景、秋の紅葉狩りスポット4選【和歌山・紀中】

和歌山市から足をのばして、和歌山県紀中地方の紅葉を見に行きませんか?手つかずの自…

和歌山の秋の景色を楽しむ、おすすめ紅葉スポット5選【和歌山・紀北】

自然の多い和歌山の紅葉スポットの中から、特にお勧めしたい紀北地方の紅葉の名所を紹…

見頃を逃すな!秋の草花の名所3選【和歌山】

秋と言えば紅葉!ですが、紅葉以外にも自然豊かな和歌山には秋に見ておくべき植物の名…

秋晴れの日に見たい、青空に映えるコスモス畑4選【和歌山】

秋のおでかけにおすすめの和歌山県内のコスモスの名所を紹介します。例年9月下旬~1…

 

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

 

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加