映画「海難1890」の舞台ともなった串本町。大自然を体感しませんか?

出典:串本町観光協会

2015年9月南紀白浜IC~すさみ南ICが開通し、紀南へのアクセスも便利になりました。
今回は串本の魅力を紹介いたします。

串本海中公園

main_map
吉野熊野国立公園内に位置します。
1970年7月に日本で最初の海中公園として、指定されました。
直接的にも間接的にも、公園内のその海を観賞するための施設が何箇所かあります。また公園内の串本ダイビングパークでは、体験ダイビングやシュノ―ケルを体験する事ができます
出典:Find Travel

串本海中公園 水族館

azone_suisou_tenguhagi
サンゴが生い茂る熱帯色豊かな目の前の串本の海を再現!
太陽光が入る水中を泳ぎ回る魚たちと揺らめくサンゴは海の中そのままの臨場感です。

azone_sea_p01
生物は、原始的なものから複雑な体の仕組みをもったものへと進化してきました。その進化の道筋をたどりながら多様性に富んだ串本の海の生き物たちを紹介しています。

bzone_kame_p03
水族館で生まれたかわいい赤ちゃんウミガメから体重100kgを超す親ウミガメまで、たくさんのウミガメたちに出会えます。ウミガメに餌もあげられますよ。
出典:串本海中公園HP

半潜水型海中観光船ステラマリス

img_sub600 (1)
出典:串本海中公園HP
海中観光船「ステラマリス」は、1999年に就航致しました。
旅客定員は59名で、全長16.8m、全幅5.0メートル、総トン数19t、速力9ノットとなっています。
また、水面下にある展望室座席の大型窓からは亜熱帯やテーブルサンゴなど海中の様子を観賞することができます。
出典:Find Travel

img_people800
本州最南端で世界最北限に群生するサンゴの海は、ラムサール条約に登録された美しい海!そんな串本の海を水面下にある展望室座席の大窓からご覧いただけます。
出典:串本海中公園HP

海中展望塔

1971年に海中展望塔は、開業致しました。串本町の沖140m、水深6.3mの海を観賞するための施設となっております。また、ガラス越しには紺碧の海を泳ぐ熱帯・亜熱帯の魚や珊瑚を観ることができます。いつでも魚の姿を見ることが出来ることも、嬉しい限りです。
出典:Find Travel

串本海中公園

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
営業時間:
9:00~16:30
定休日:
年中無休

潮岬観光タワー

17496_0000696282_1
海抜100mからの展望台からは、眼下には黒潮流れる太平洋と、3万坪の芝生ゾーンを見ることができる。水平線もまん丸く、「地球は丸い!」と実感できるスポット。
出典:じゃらん

fls_02
眼前には緩やかな弧をえがいて太平洋が広がり、地球が丸いことが実感できます。また、隣接する潮岬観光タワーの海抜100m、360度見渡せる展望台は、目の前の青々とした芝生、紺碧の海をはじめ、晴れた日には遠く那智山の山並みまでが見えます。
冬のある時期、水平線から昇った太陽が同じ水平線上に沈む光景もご覧いただけます。
出典:熊野交通

P300005
太平洋の大海原が広がり、弧を描く水平線から初日が昇る。潮岬観光タワーは、1月1日6時30分頃から営業している。潮岬行きバス始発7時45分(串本駅発)。また自家用車・バスともに混雑が予想されるので注意。
出典:るるぶ

串本観光タワーレストラン

s_d_kindaimagurodon_nai
近大本マグロ丼1,600円

太平洋を一望できるオーシャンビューのレストランでは、今話題の近大本マグロを使ったメニューや串本ならではの地元名物メニューをお楽しみいただけます。
s_maguro_bg
マグロバーガー300円
レストランでは、この他にも「近大本まぐろにぎり」「近大本まぐろネギトロ丼」「くじら焼肉丼」「イノブタカツ丼」「紀州梅鶏の親子丼」など沢山のメニューをご用意しています。
出典:熊野交通

潮岬観光タワー

本州最南端、海に突き出た潮岬にある展望タワー。本州最南端の地を訪れた証明書がもら…

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706-26
営業時間:
8:00~16:30 (12月~2月 8:30~16:00)

潮岬灯台

caption
本州の最南端に位置する潮岬燈台。駐車場から約2分ほど歩くと、思っていたよりこじんまりと佇む燈台に会える。最南端というだけではなく、地球が丸いということが実感できるロケーションが最高だ。
出典:トリップアドバイザー

o0800060013429462120
狭い螺旋階段を68段登って
o0800060013429462216
絶景です!
出典:アメブロ

橋杭岩

500_32143067
串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。
出典:南紀串本観光ガイド

橋杭岩ライトアップ

f0125483_2218637

本州最南端串本町 国指定天然記念物である名勝「橋杭岩」のライトアップです。
暗闇に浮かび上がる橋杭岩は、とても幻想的でした。
出典:エキサイトブログ

道の駅 くしもと橋杭岩

2521221
地元産のポンカンジュースを使ったソフトクリームが好評を得ている。
材料は重畳山果樹生産加工組合が生産しているポンカンジュースを使用。
しっかりとポンカンの味がしながら、口当たりと後味が爽やかなソフトクリーム
出典:紀伊民報

道の駅 くしもと橋杭岩

本州最南端に位置する道の駅。串本の観光名所、橋杭岩の前にあり、その奇岩を目の当た…

住所:
東牟婁郡串本町くじの川1549-8
営業時間:
9:00~18:00 ※10月~3月は17:00まで。トイレ・駐車場は24時間利用可
定休日:
無休

潮岬望楼の芝

 本州最南端の火祭り

himaturi_02
本州最南端、望楼の芝焼きとして行われてきたものを、2001年より「本州最南端の火祭り」 風・音・炎の祭典と題して、名物「しょらさん鍋」「串本節保存会・岬節保存会・トルコ民俗舞踊団の表演」「餅つき・芋餅販売」「芝焼き」と、一日楽しいイベントが組まれています。毎年1月最後の土曜日に行われます。

himaturi_05
平成12年から始めた「火矢による点火」では、地元高校弓道部員有志により次々と矢が放たれ、芝に火が付けられていきます。
他の地方の芝焼き、山焼きなどと違い、平地で行われるため、見物客は炎のすぐそばまで近づいて見ることができます。
misaki_tw05
アッと言う間に広がる炎は、勇壮な太鼓の演奏の中、しばし現実を忘れさせる幻想的な世界へと変わります。
3万坪の芝生も、わずか1時間足らずで炎に包まれ、春の新芽の発育に一役買います。

2016年1月30日(土)
■場所:串本町潮岬 望楼に芝一帯
実施時間:午後1時~
※当日、帰りの臨時バスが運行されます。
出典:串本町観光協会HP

潮岬キャンプ場

wakayama27
JR串本駅から車で14分程、潮岬の先端にある「潮岬キャンプ場」。GW、夏季期間を除いて基本的に無料で利用できるキャンプ場です。無料といっても、トイレや洗い場は整備され、町にも近く不便を感じません。また、南側からは太平洋の大海原が望めて自然の大きさを感じる事ができます。
GWや夏季期間のみ、有料で綺麗な芝生エリアでキャンプが可能となります。ペットをお供に、満天の夜空に煌く星を楽しんではいかがでしょうか。
出典:Find Travel

DSCF1846-320x240
湯上り後、キャンプ場に戻ってから星空をもう一枚撮影。
こちらは結構星の様子が見えてます。
出典:ONOSATO SHEPERS

串本町潮岬 望楼の芝

【交通アクセス】JR紀勢本線串本駅より車で15分、駅前から「潮岬行き」で17分…

住所:
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬望楼の芝

大自然を体感!古座川でカヌー体験

canoe_img03
紀伊半島南部を流れる清流古座川は、巨岩や奇岩が多く、雄大で美しい景観を誇る熊野を代表する川のひとつです。川底までくっきり見通せるほど透明度が高く、流れも穏やかなので初心者でも安心してカヌーを楽しむ事ができます。
canoe_img06
カヌーは、年間を通して小さいお子様から年配の方まで、だれもが楽しむ事ができるアウト ドアスポーツです。普段とはまったく違った目線で大自然を体感してください。 また、季節によって色々な楽しみ方ができます。
出典:古座観光協会

古座駅前にある古座 観光協会は小さなブースですが、扱っている内容は濃いです。 観光宿泊案内の他、カヌー、サイクリング、スノーケリングなどあり、レンタルもしています。
出典:トリップアドバイザー

海金剛

caption
海からダイヤモンドが突き出たような海金剛。 近くでトルコ軍艦が遭難したそうです。 今でも荒い波が打ち寄せる景色は変わりません。 静かなところです。

海の中に切り立った槍ヶ岳のような岩が突き出ています。 激しい波に侵食された岩はとても神秘的なムードがあります。 これだけ波があれば、海が荒れるときはば舟も座礁してしまうのでエルトゥールル号の遭難のイメージが湧いてきます
出典:トリップアドバイザー

トルコ軍艦遭難慰霊碑

500_10663247
見えているのは、トルコ軍艦遭難慰霊碑です。
明治23年9月、日本との修好の使命を果たして帰途についたトルコの軍艦エルトゥールル号が、大島の樫野埼灯台下の岩礁で難破、580余名の殉職者を出す大惨事となったのですが、これはその犠牲者の鎮魂碑です。
ここでは明治24年以来5年ごとに、盛大な慰霊祭が執り行われています。
出典:4Travel

映画「海難1890」の舞台ともなり今話題の串本町。
是非一度休日に出かけてみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちらをチェック!!

魅力いっぱいすさみ町!旬を迎える伊勢海老と日帰り温泉を楽しみませんか?

2015年9月、道の駅のOPENやエビとカニの水族館の移転など話題のすさみ町。こ…