石絵・漆・陶芸・ビーズ フォルテで4人展

作品を楽しむ来場者

石絵・漆工芸・陶芸・ビーズ工芸の4人の作家による作品展「和・4人展」(実行委員会=矢倉甚兵衛委員長主催)が20日まで、和歌山市本町のフォルテワジマ4階で開かれている。

出品者は、本紙にコラムを連載中のミステリー作家、石絵作家の前田朋子さん(56)、県文化功労賞、県名匠表彰を受けた漆芸家の橋爪靖雄さん (80)、高野山大学の壁画制作などで知られる陶芸家の目黒威徳さん(78)、パリのギャラリーでグループ展を開催するなどの経歴があるビーズ工芸の田中 真理子さん(72)の県内出身または在住の4人。合わせて約160点が並んでいる。

初日の14日にはテープカットが行われ、出品者と和島興産㈱の梅田千景代表取締役ら関係者が開催を喜び合った。

会場には、古座川の自然石にアクリル絵の具でスイカ割りの光景が描かれた石絵、蒔絵でカラスウリなどの植物を描いた作品、ビーズで作られた華やかなネックレスやブローチ、高野山の土で焼き上げた皿や茶わんなどが並び、来場者は4人の個性あふれる作品を楽しんでいる。

前田さんは「一度にたくさんの分野の作品を楽しめる機会です。ぜひお越しください」と来場を呼び掛けている。

午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。問い合わせはフォルテワジマ(℡073・488・1900)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。