高校軽音コンサート 20日和歌山市民会館で

過去にアート・キューブで行われた高校生演奏会で

音楽を愛する熱い思いを届けたい――。高校生による軽音楽の演奏会が20日午後4時から、和歌山市民会館小ホールで開かれる。星林高校軽音楽部が中心となって企画。同部は9年前に同好会でスタートし、クラブへ昇格した経緯があり、メンバーは「さまざまな方にご支援をいただき、演奏会が実現しました。9年間の思いを込め、精いっぱいの演奏をお届けします」と意気込んでいる。

主催は同市文化スポーツ振興財団(和歌の浦アート・キューブ)。同市など後援。

同部の立ち上げは、今から9年前、星林高校の一人の女子生徒が「軽音楽部を作りたい」と、仲間と一緒に同好会をスタートさせたことに始まる。保護者や周囲の協力を得て、5年後にクラブに昇格することができた。

生徒たちは9年間の部活動の中で、さまざまな場所で演奏会を重ね、東日本大震災後には、宮城県でのボランティア演奏にも参加。音楽の力を再認識したという。

活動当初からサポートしてきたアート・キューブの後押しもあり、市民会館という大舞台での演奏会が実現した。今回は、これまでの活動の成果として「夢は叶う」をテーマに開催。共に演奏会を開くなど、学校を越えてつながった仲間も出演する。

ステージは3部構成。出演は星林高校軽音楽部の他、ゲストに和歌山工業高校軽音楽同好会、軽音楽部のない和歌山商業で、軽音楽部を作ろうと活動したせきぐちこうすけ君、和歌山高校に総合音楽部軽音楽班を立ち上げ、現在も関西を中心に活動する、中口勇樹君率いるshule And christmasを迎える。オリジナル曲の披露やコラボレーションのステージもある。
チケット代500円。問い合わせは星林高校軽音楽部の高橋顧問(℡073・444・4181)まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。