東北大震災を忘れない チャリティー音楽祭

楽しい演奏を響かせる夢ココBAND

東日本大震災の被災地を支援しようと、年末恒例になった「東北女川震災チャリティー駅地下音楽祭」が20日、和歌山市のJR和歌山駅地下の「わ かちか広場」で開かれ、約100人が音楽を楽しみながら募金に協力した。

震災以来、被災地支援を続けている同市のジャズドラマー瀧益生さんが音楽仲間らに呼び掛け、ことしで4回目。下津第二中学校、白川ひろみ BAND、夢ココBAND、粉河高校KLBの4組が出演し、それぞれジャズの名曲やおなじみのCMソング、クリスマスソングなどを軽やかに奏でた。

来場者は手拍子を合わせながら楽しみ、募金箱にはお札も目立った。集まった義援金は宮城県女川町に届ける。

瀧さんは「募金を届けるのが目的じゃなく、『東北を忘れたらあかん』というのが一番の思い。次は自分たちが被災するかもしれず、これからも続け ていきたい」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。