申の絵馬奉納 大成校舎生が野上八幡宮に

奉納された絵馬と生徒ら

紀美野町の県立海南高校大成校舎(垣正儀校長)の生徒は24日、地元の野上八幡宮(薮洋平宮司)に来年のえと「申(さる)」にちなんだ大絵馬(縦180㌢×横270㌢)を奉納した。

同宮では約20年間、地域の生徒らが絵馬を奉納。新しい絵馬には、背中に子どもを乗せた仲の良い親子のサルが描かれている他、春はサクラ、夏は青空、秋は紅葉、冬は温泉といった四季折々の風景も。「開運招福」の書が添えられた。

3年生の美術部長、今野夏美さん(18)は「親子のサルには、家族の健康や仲良しに日々を過ごせるよう願いを込めています。一年を通して見てもらえたら」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね