わんだーらんど委嘱 和歌山市観光発信人

まちの情報発信を誓った2人

和歌山市観光協会(会長=尾花正啓市長)は24日、市在住の吉本興業和歌山県住みます芸人「わんだーらんど」に市観光発信人を委嘱した。

委嘱されたのは、東岸誠さん(30)と谷坂俊輔さん(30)のコンビ。2人は、平成23年5月から住みます芸人として、県内で暮らしながら活動を続けている。

委嘱式では、尾花会長が「市内に住み頑張ってくれているのに、遅すぎる委嘱になりましたが、期待しています」と述べ、委嘱状と観光発信人の名刺を贈った。

委嘱を受けたボケ担当の東岸さんは「自分は釣りが好きなので、オール阪神師匠などに釣り場を伝えていきたい」と、今回の趣旨とあまり関係ない自身の趣味の話を織り交ぜ笑いを誘うと、ツッコミ担当の谷坂さんが、「和歌山城や忍者、徳川吉宗など市の魅力を、SNSなどを通じて多くの人に知ってもらえるように情報発信します」と、その場の空気をしっかりと締めた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。