「大トロみたい」県の養殖スマ初販売

握りずしを受け取る買い物客

県内で養殖されたスマが初めて出荷され、16日、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティ「黒潮市場」などで販売された。

県水産試験場などでつくる研究チームが人工産卵・ふ化させ、串本町沖の海上で出荷サイズになるまで育てた。

15日に同市場をはじめ、阪急うめだ本店内「まぐろ寺本」(大阪)、日本橋三越本店内「吉川水産」(東京)に向けてスマ約40本を出荷。同市場には11本が届き、握りずし(6貫)とスマの切り身がふんだんにのった丼が各20食限定で販売された。

開店前から客が店前に列をつくり、スタッフが整理券で対応し、握りずしは販売開始から5分後には売り切れのチラシが張り出された。

日高川町から夫婦で訪れ、握りずしを食べた西由紀男さん(64)は「脂がすごい。大トロみたいや」と舌鼓を打っていた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね