春告げる「こも外し」 和歌山城の風物詩

こもを外す和歌山城管理事務所の職員

冬ごもりをしていた虫が出てくるころとされる二十四節気の「啓蟄」の5日、和歌山市の和歌山公園で270本の松の木の「こも外し」が行われた。

外されたこもは、わらでできており、昨年の立冬(11月8日)の日に松の木に巻かれたもの。

春の訪れを告げるこの風物詩は、松くい虫などの害虫を温かいわらの中で越冬させ、春先に外して焼却する昔ながらの害虫駆除の方法となっている。

市和歌山城整備企画課史跡整備班の吉村隆良班長(52)は「桜祭りのぼんぼりの準備も始めています。ことしの開花予想は3月28日。たくさんの人に来場してほしいです」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね