元西武・西口文也さん 引退特別展

西口さんが獲得した数々のタイトルの一つ、ゴールデングラブ賞

和歌山市出身で、昨年秋に西武ライオンズを引退した西口文也さん(43)の功績をたたえる「西口文也引退特別展」が4月11日まで、本町の複合商業施設フォルテワジマ3階「わかやまスポーツ伝承館」(江川哲二館長)で開かれている。

西口さんは県立和歌山商業高校から立正大を経て平成6年、ドラフト3位で西武に入団。以降21年間、引退まで西武一筋の選手生活を送り、ゴールデングラブ賞や沢村賞など数々のタイトルを獲得した。通算182勝を挙げた和歌山が生んだ球界の大エースの一人。

展示物は地元ならではの幼少期の学用品や、引退までの写真と年表、少年野球・中学校当時のユニホーム、大学時代、プロ野球選手時代に獲得したトロフィーなど約230点。西口さんへのメッセージを書き込める団旗は展示終了後、西口さんに渡される。

同館の畔取由佳事務局長は「展示数が多く見応えがあるので、ファンをはじめ西口さんを知らなかった方、次代のアスリートを目指す人たちに来場してほしい」と呼び掛けている。

入館無料。午前10時から午後7時(最終入館は6時半)まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね