カンテレに「まごりん」登場 11~15日

まごりんが和歌山市の各地を案内

和歌山市の市民団体「孫市の会」(森下幸生会長)のキャラクター「まごりん」が11日から15日までの5日間、関西テレビの午前11時23分からの2分間の番組「キャラぱら!」に登場し、市内を紹介する。

まごりんは、戦国時代に同市周辺を拠点に活躍した鉄砲大将・雑賀孫市をモチーフにしたキャラ。同番組は関西各地のご当地キャラが案内人となり、地元グルメや名所、イベント情報などを発信するもの。

撮影は先日、和歌山市駅前や桜の咲く和歌山城など、市内5カ所で行われた。市立博物館では、火縄銃や雑賀鉢(ばち)などの展示物を紹介し、孫市まつりの会場となる鷺森別院では、同会メンバーも勇ましい甲冑(かっちゅう)姿でPRしている。

森下会長は「特に、普段大きくクローズアップされることの少ない市立博物館など、まちのPRになったと思う。ぜひ和歌山の皆さんにも見ていただきたい」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね