39歳長女の首絞め殺害 容疑の父親を逮捕

長女(39)を殺害したとして和歌山東署は12日、和歌山市太田の会社員の男(67)を殺人容疑で緊急逮捕した。「ロープで首を絞めて娘を殺した」と容疑を認めているという。

同署によると、男は同日午前2時30分ごろ、同市西の長女宅前に駐車中の自動車の中で、長さ約165㌢、太さ5㍉のロープを長女の首に巻き付けて殺害した疑い。

午前4時ごろ、男の妻から「夫が娘を自宅に送りにいったまま、まだ家に帰らない」と届け出があった。駆け付けた署員が長女の自宅のチャイムを鳴らすと、男が鍵を開け、玄関に入ったところ、2階への室内階段に仰向けになり、首から下に布団がかけられた遺体を発見したという。車内で殺害後に遺体を室内に移したとみられる。

殺害される直前まで長女は実家を訪問しており、午前2時ごろに出発したという。同署が殺害の動機などを追及している。

記事元:わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。